ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号309

開催日2018/11/10

2018-19 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   レギュラーラウンド Eastern Conference

会場 : 金沢市総合体育館

観客数:700 開始時刻:11:00 終了時刻:12:36 試合時間:1:36 主審:渡部 菜保子 副審:グレッグ ルーオー

デンソーエアリービーズ

〔Eastern Conference〕
監督 川北 元
コーチ 中村 祐介
   
通算 1 勝 1 敗
ポイント 3
3 25 第1セット
【0:27】
21 0
25 第2セット
【0:30】
22
25 第3セット
【0:33】
23
第4セット
【】
第5セット
【】

埼玉上尾メディックス

〔Eastern Conference〕
監督 吉田 敏明
コーチ 有田 沙織
   
通算 2 勝 1 敗
ポイント 6

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 本日は沢山の声援ありがとうございました。
 高さのある埼玉上尾に対して、どう攻めどう守るか、準備していたことを選手がコートの中でしっかり出してくれたと思います。 苦しい場面でも全員で攻める姿勢を出せた事、チームとして徹底する事が出来た事が大きな勝因だと思うので、明日も1つ1つチームの良さが出る試合が展開できるよう頑張ります。

25
  • シニアード
     
  • 工藤
    (山田)
  • 早坂
     
  • 中元
     
  • 鍋谷
     
  • 大竹
     

1


  • シュシュニャル
     
  • 青柳
     
  • 堀江
    (三浦)
  • 吉野
     
  • サンティアゴ
    (大室)
  • 井上
    (山崎)
21

リベロ:

小口、中川

リベロ:

山岸

25
  • シニアード
    (兵頭)
  • 工藤
     
  • 早坂
     
  • 中元
     
  • 鍋谷
     
  • 大竹
     

2


  • 吉野
     
  • 井上
    (山崎)
  • 青柳
    (丸山)
  • サンティアゴ
    (大室)
  • シュシュニャル
     
  • 堀江
     
22

リベロ:

小口、中川

リベロ:

山岸

25
  • シニアード
     
  • 工藤
     
  • 早坂
     
  • 中元
    (東谷)
  • 鍋谷
     
  • 大竹
    (兵頭)

3


  • 青柳
    (丸山)
  • 吉野
     
  • シュシュニャル
     
  • 山崎
    (井上)
  • 荒木
     
  • サンティアゴ
     
23

リベロ:

小口、中川

リベロ:

山岸


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 セットカウント0-3という結果でしたが、チーム全体として「もっとできたのではないか?」という内容だったと思います。
 「力負け」というより、自分たちチームの「力を出し切る力不足」ということが今後の課題として明確になりました。
 第1、第2セットはブレイクしていても相手のミスによるポイントが多く、第3セットはブレイクポイントを取っているが、逆にミスでブレイクポイントを与えているといったゲーム内容でした。
 その部分を見直して、次週のホームゲームにつなげたいと思います。
 本日も多くの声援、本当にありがとうございました。

<要約レポート>

 デンソーエアリービーズと埼玉上尾メディックスの対戦は、第1セット、デンソーはシニアード、埼玉上尾はシュシュニャルを軸に攻撃を繰り広げ、終盤までお互いに点を取り合う展開となる。デンソーは鍋谷の粘りあるレシーブを工藤の攻撃に繋ぎ抜け出すと、シニアードのブロックも決まり第1セットを先取した。
 第2セット、序盤は前セット同様一進一退の攻防を繰り返す。埼玉上尾はシュシュニャルのサイドからの攻撃、ブロックが決まりリードするが、デンソーが工藤、シニアードの活躍により逆転すると、その後も早坂のサービスエース、大竹の速攻が決まり、粘る埼玉上尾を振り切り、セットを連取した。
 第3セット、デンソーは鍋谷を中心に安定したプレーを続け、優位に試合を進めていく。埼玉上尾はサンティアゴのサービスエースで逆転し反撃するが及ばず、デンソーがストレートで勝利を飾った。