ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号382

開催日2019/01/26

2018-19 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   レギュラーラウンド 交流戦

会場 : ジップアリーナ岡山(岡山県総合グラウンド体育館)

観客数:1000 開始時刻:10:00 終了時刻:11:28 試合時間:1:28 主審:國頭 亮太 副審:吉岡 奈々

トヨタ車体クインシーズ

〔Western Conference〕
監督 多治見 麻子
コーチ 内田 役子
   
通算 10 勝 5 敗
ポイント 30
3 29 第1セット
【0:32】
27 0
26 第2セット
【0:27】
24
25 第3セット
【0:23】
15
第4セット
【】
第5セット
【】

PFUブルーキャッツ石川かほく

〔Eastern Conference〕
監督 加藤 陽一
コーチ 金子 健太郎
   
通算 0 勝 15 敗
ポイント 2

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 試合序盤からサーブが機能し、自分達の流れに持っていくことが出来た。
 全員が役割を理解し、コートの中、外で全員一つになって戦えたと思う。
 特に1年目の藪田・杉・安井・志智・辻・山形たちのチームに勢いを与えてくれた。
 今日の勝利を明日の試合につなげたい。
 本日は寒い中、応援ありがとうございました。

29
  • 比金
     

  • (志智)
  • 内瀬戸
     
  • 小田
     
  • 荒木
     
  • 藪田
     

1


  • チャッチュオン
     
  • 山下
    (島畑)
  • 清水
    (宇田)
  • ドリス
     
  • 江畑
    (吉安)
  • 秋山
     
27

リベロ:

榊原

リベロ:

26
  • 藪田
     
  • 荒木
     
  • 小田
    (安井)
  • 内瀬戸
    (山形)

  •  
  • 比金
     

2


  • チャッチュオン
     
  • 島畑
     
  • 清水
    (村上)
  • ドリス
    (宇田)
  • 江畑
     
  • 秋山
     
24

リベロ:

榊原

リベロ:

25
  • 小田
     
  • 藪田
    (山形)

  •  
  • 荒木
     
  • 比金
    (辻)
  • 内瀬戸
     

3


  • 村上
     
  • チャッチュオン
    (堀口)
  • 江畑
    (吉安)
  • 島畑
    (山下)
  • 秋山
     
  • ドリス
     
15

リベロ:

榊原

リベロ:


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 前半、リードする場面もあったが、ラリーで点を取り急いだ結果、後半は自分達の攻撃が出来ず、セットを取ることが出来なかった。
 サーブレシーブからの攻撃やチャンスボールからどう得点していくかが課題なので、コンビ練習をして精度を高めていきたい。
 本日も応援、ありがとうございました。

<要約レポート>

 上位進出を狙い勝ち点を積み重ねたいトヨタ車体クインシーズと、今シーズン初勝利を目指すPFUブルーキャッツとの交流戦。
 第1セット、序盤からトヨタ車体のサーブが効果的に決まりリードしたが、PFUも江畑、チャッチュオンのアタックや粘り強い守備で終盤追いつき、デュースとなるが、トヨタ車体が荒木のサービスエース、薮田のアタックで接戦を制した。
 第2セット、序盤から接戦となるが、トヨタ車体は内瀬戸、杉のアタックで徐々に点差を広げた。中盤、PFUも粘り、チャッチュオン、ジェニファーのアタックで追い上げ、第1セット同様にデュースにもつれ込む展開となったが、トヨタ車体は小田がアタックを決め、第2セットも連取した。
 第3セット、PFUは守備の乱れやミスが重なり、リードを許してしまう。トヨタ車体は、サーブで攻め、さらに点差を広げてセットを奪い、3-0で勝利した。