試合会場レポート

試合番号384

開催日2019/01/26

V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 2018-19   レギュラーラウンド Western Conference

会場 : ジップアリーナ岡山(岡山県総合グラウンド体育館)

観客数:1200 開始時間:15:25 終了時間:17:25 試合時間:2:00 主審:佐々木 伸子 副審:北村 友香

JTマーヴェラス

〔Western Conference〕
監督 吉原 知子
コーチ 丹山 禎昭
   
通算 10 勝 4 敗
ポイント 31
3 25 第1セット
【0:25】
16 1
25 第2セット
【0:30】
19
24 第3セット
【0:30】
26
25 第4セット
【0:26】
22
第5セット
【】

東レアローズ

〔Western Conference〕
監督 菅野 幸一郎
コーチ 越谷 章
   
通算 8 勝 6 敗
ポイント 22

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 レギュラーラウンドも佳境に入り、ウエスタンカンファレンス同士のの重要な試合で勝利し、3ポイントを獲得したことをうれしく思う。
 先週までの連敗からしっかりと気持ちを切り替えて臨んだ試合で、準備してきたことをコートの中で発揮してくれた選手達を褒め称えたい。
 相手の強力なサーブとスパイクに対して、全員がディフェンスの意識を高く持ち、ハードワーク出来たことが、最大の勝因であると思う。
 また、途中出場の目黒や柴田、橘井がしっかりと自分の仕事をしてくれたことが、チーム力の向上に繋がっている。
 本日は寒い中たくさんのご声援ありがとうございました。
 来週はホームゲームですので、皆さんのご声援をより一層力に変えて頑張りたいと思います。

25
  • カムンタラー
    (橘井)
  • ミハイロヴィッチ
     

  • (目黒)
  • 田中(美)
     
  • 田中(瑞)
     
  • 芥川
    (柴田)

1


  • 井上
    (日高)
  • 黒後
     

  • (石川)
  • 堀川
     
  • クラン
     
  • 大野
    (水杉)
16

リベロ:

小幡

リベロ:

中島

25
  • カムンタラー
    (橘井)
  • ミハイロヴィッチ
     

  • (目黒)
  • 田中(美)
     
  • 田中(瑞)
     
  • 芥川
    (柴田)

2


  • 井上
     
  • 黒後
     

  • (石川)
  • 堀川
     
  • クラン
    (水杉)
  • 大野
    (小川)
19

リベロ:

小幡

リベロ:

中島

24
  • カムンタラー
    (橘井)
  • ミハイロヴィッチ
     

  • (目黒)
  • 田中(美)
    (栗原)
  • 田中(瑞)
     
  • 芥川
     

3


  • 井上
    (日高)
  • 黒後
     

  • (小川)
  • 堀川
    (石川)
  • クラン
     
  • 大野
     
26

リベロ:

小幡

リベロ:

中島

25
  • カムンタラー
    (橘井)
  • ミハイロヴィッチ
     

  • (目黒)
  • 田中(美)
     
  • 田中(瑞)
     
  • 芥川
    (柴田)

4


  • 井上
     
  • 黒後
     

  • (堀川)
  • 石川
     
  • クラン
    (水杉)
  • 大野
    (日高)
22

リベロ:

小幡

リベロ:

中島


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今日の試合は最後まで相手のペースでゲームをコントロールされ、こちらのやりたいバレーが出来ずに終わってしまった。
 特にブロックを含めたディフェンス面で課題が出たゲームだった。
 気持ちを切り替えて明日に向けて準備していきたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 連敗を脱したいJTマーヴェラスと勝って順位を上げたい東レアローズの戦い。
第1セット、JT・ミハイロヴィッチと東レ・クランが激しい打ち合いを繰り広げ、両者一歩も譲らない展開となった。中盤、東レ・クランのスパイクをJT・ミハイロヴィッチが連続でブロックし、JTが抜け出す。突き放しにかかりたいJTは林、田中(瑞)らのスパイクで得点を重ね、何とか追いつきたい東レは堀川、黒後らのスパイクで応戦する。再び突き放しにかかるJTは柴田のサーブで攻め、最後は堀川のスパイクをミハイロヴィッチがブロックし、JTが第1セットを先取した。
 第1セットを先取し、勢いに乗るJTは第2セット序盤、田中(美)からの多彩な攻撃で得点を重ね、林、カムンタラーの連続ブロックでリードを広げる。流れを変えたい東レは堀川、小川らのスパイクでポイントを上げるが、JTは田中(瑞)の強烈なバックアタックで流れを渡さず、リードを守りセットを連取した。
 第3セットもJTの勢いは止まらず、田中(瑞)、芥川のサービスエースでリードする。これ以上セットを落とせない東レは、クランがブロックを決める。その後もクランの強烈なスパイクで点差を詰める。追いついた東レはクラン、黒後らのスパイクで、JTは田中(瑞)、ミハイロヴィッチのスパイクで得点し、一進一退の展開に。後がない東レはクランのスパイクで逆転し、最後もクランのフェイントが決まり、このセットを取り返す。
 第4セットはJT・ミハイロヴィッチが連続でスパイクを決め、勢いに乗るかと思われたが、その後は両者譲らず、JTは田中(瑞)、ミハイロヴィッチ、東レはクラン、黒後、石川がポイントを重ね、終盤まで互いに点を取り合う。最後はJT・田中(瑞)のサービスエースが決まり、このセットを取り、JTが3-1で勝利した。