試合会場レポート

試合番号400

開催日2019/02/10

V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 2018-19   レギュラーラウンド 交流戦

会場 : 黒部市総合体育センター

観客数:2170 開始時間:16:05 終了時間:17:33 試合時間:1:28 主審:山本 和良 副審:佐々木 伸子

KUROBEアクアフェアリーズ

〔Eastern Conference〕
監督 丸山 貴也
コーチ 武田 義也
   
通算 2 勝 16 敗
ポイント 7
0 21 第1セット
【0:30】
25 3
13 第2セット
【0:22】
25
19 第3セット
【0:23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

JTマーヴェラス

〔Western Conference〕
監督 吉原 知子
コーチ 丹山 禎昭
   
通算 13 勝 5 敗
ポイント 41

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 ホーム最終週、最終戦となり連敗脱出を目標に臨んだ試合でした。JTマーヴェラスは、粘り強いディフェンスとパワーのある攻撃が特徴のチームですので、対応すべくゲームに入りましたが、1セット目スタートから、サーブレシーブが乱れ、自分達のリズムが作れませんでした。その後も中途半端な攻撃を粘り強くブレイクされ、0-3の完敗となりました。
 レギュラーラウンドもあと2試合を残すのみとなりましたが、最後まで粘り強く戦いたいと思います。
 今後ともご声援よろしくお願い致します。

21
  • アールブレヒト
    (星加)
  • 平谷
    (白岩)
  • 白崎
     
  • 丸山
     
  • 和才
     
  • 雪丸
    (舛田)

1


  • 芥川
     
  • 田中(瑞)
     
  • 柴田
     

  • (目黒)
  • 栗原
     
  • カムンタラー
    (橘井)
25

リベロ:

馬場

リベロ:

小幡

13
  • アールブレヒト
     
  • 平谷
    (白岩)
  • 白崎
     
  • 丸山
     
  • 和才
     
  • 雪丸
    (倉見)

2


  • 田中(瑞)
     

  • (目黒)
  • 芥川
     
  • カムンタラー
    (橘井)
  • 柴田
     
  • 栗原
    (ヒックマン)
25

リベロ:

馬場

リベロ:

小幡

19
  • アールブレヒト
    (星加)
  • 平谷
     
  • 白崎
     
  • 丸山
     
  • 和才
     
  • 雪丸
    (白岩)

3


  • 芥川
     
  • 田中(瑞)
     
  • 柴田
     

  • (目黒)
  • 栗原
    (ヒックマン)
  • カムンタラー
    (橘井)
25

リベロ:

馬場

リベロ:

小幡


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 雪が降り、たいへん寒い中、黒部大会でのたくさんのご声援ありがとうございました。KUROBEアクアフェアリーズのホームゲームということもあり、外の寒さに負けないくらいの熱気の中、試合が出来たことを嬉しく思います。
 本日の試合では、今季初先発の栗原や初出場のジャスティスが、非常にいい働きをしてくれました。出場機会の少ない選手たちもモチベーションを保ち、試合に出場した時にはしっかりと仕事をしてくれることはチーム力が上がっている証だと思います。
 レギュラーラウンドも残り2試合となり、ファイナル8にいい形で繋げられるようしっかりと戦い抜きたいです。

<要約レポート>

 KUROBEアクアフェアリーズのホームゲームの最終戦とあって、地元応援団が多数駆けつけ、試合開始前から会場は熱く盛り上がった。その熱い声援に何とか勝利で応えたい現在イースタンカンファレンス5位のKUROBEと、混戦のウエスタンカンファレンスで2位のJTマーヴェラスとの対戦。JTはサーブ効果率で全体の2位、KUROBEはサーブレシーブ成功率で全体の1位に付けており、この攻防も見所である。
 第1セット、立ち上がりJT・芥川の鋭いサーブがKUROBEのレシーブを崩して4連続得点し流れに乗り、その後、栗原、田中(瑞)を軸に得点を重ね徐々にリードを広げる。KUROBEは平谷、和才のスパイクで応戦し、13-19から和才のスパイク、サービスエースなどで追いすがり19-22とするも、JT・栗原がスパイク3本を決めてこのセットを先取した。
 第2セット、7-6からJTが芥川のブロック、田中(瑞)のスパイクなどで5連続得点するとリズムをつかみ、その後もリベロ小幡を中心とした粘り強いレシーブから栗原、田中(瑞)がスパイクを決めてリードを広げ、大差で連取した。
 第3セット、JTの強力な攻撃陣に対し、KUROBEは雪丸、アールブレヒトのスパイクなどで応戦し中盤まで接戦となる。JTが15-13から田中(瑞)のスパイクなどで3連続得点しKUROBEを突き放すと、終盤にはKUROBEにスパイクミスが重なり、最後はJT・林がスパイクを相手コートに突き刺し、このセットを取って勝利した。
 この試合、JTはレシーブでも粘り強く、スパイク、レシーブ共にKUROBEを圧倒した試合であった。