試合会場レポート

試合番号402

開催日2019/02/16

V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 2018-19   レギュラーラウンド 交流戦

会場 : 西尾市総合体育館

観客数:1940 開始時間:13:00 終了時間:15:35 試合時間:2:35 主審:中山 健 副審:北村 友香

デンソーエアリービーズ

〔Eastern Conference〕
監督 川北 元
コーチ 亀山 広
   
通算 9 勝 9 敗
ポイント 27
3 25 第1セット
【0:26】
21 2
25 第2セット
【0:33】
21
23 第3セット
【0:32】
25
21 第4セット
【0:28】
25
15 第5セット
【0:17】
11

JTマーヴェラス

〔Western Conference〕
監督 吉原 知子
コーチ 丹山 禎昭
   
通算 13 勝 6 敗
ポイント 42

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 今日はホームゲームということもあり、レギュラーラウンド終盤の締めとして何としても勝ちたい2連戦を、まず勝利できたことは良かったと思う。選手は自分達のやるべきことに徹し、一人一人が1点に集中できたことが勝ちにつながった。また、沢山の声援が力になったと思う。
 本日は寒い中、足を運んでくださり、ありがとうございました。明日も大事な一戦になるので、全力で戦って勝利につなげたい。

25
  • 朝日
    (兵頭)
  • 石田
     
  • シニアード
     
  • 野村
     
  • 田原
     
  • 鍋谷
     

1


  • 芥川
     
  • 田中(瑞)
     
  • 柴田
    (栗原)

  • (田中(美))
  • ミハイロヴィッチ
     
  • カムンタラー
    (橘井)
21

リベロ:

小口、中川

リベロ:

小幡

25
  • シニアード
     
  • 朝日
     
  • 田原
     
  • 石田
     
  • 鍋谷
     
  • 野村
    (兵頭)

2


  • 芥川
    (橘井)
  • 田中(瑞)
     
  • 柴田
     

  • (目黒)
  • ミハイロヴィッチ
     
  • カムンタラー
     
21

リベロ:

小口、中川

リベロ:

小幡

23
  • 朝日
    (兵頭)
  • 石田
     
  • シニアード
     
  • 野村
    (大竹)
  • 田原
     
  • 鍋谷
     

3


  • 田中(瑞)
     

  • (目黒)
  • 芥川
     
  • カムンタラー
    (橘井)
  • 柴田
     
  • 栗原
    (ヒックマン)
25

リベロ:

小口、中川

リベロ:

小幡

21
  • シニアード
    (兵頭)
  • 朝日
     
  • 田原
     
  • 石田
     
  • 鍋谷
     
  • 大竹
    (野村)

4


  • 田中(瑞)
     

  •  
  • 芥川
     
  • カムンタラー
    (橘井)
  • 柴田
     
  • 栗原
    (ヒックマン)
25

リベロ:

小口、中川

リベロ:

小幡

15
  • 田原
     
  • シニアード
     
  • 鍋谷
     
  • 朝日
    (兵頭)
  • 野村
     
  • 石田
     

5


  • 芥川
     
  • 田中(瑞)
     
  • 柴田
     

  • (目黒)
  • 栗原
     
  • カムンタラー
    (橘井)
11

リベロ:

小口、中川

リベロ:

小幡

<監督コメント>

 デンソーのホームゲームということで、たくさんの方々の前で白熱した試合ができたことを、心より感謝いたします。ありがとうございました。レギュラーラウンド残り2試合で順位も確定している中で、モチベーションを保つことが難しい試合だったが、ファイナル8に良い形で繋げられるよう位置づけて臨んだ。試合の前半は相手の効果的なサーブに苦しんだが、3・4セット目は、逆に我々がサーブで相手の速いコンビを封じることができた。
 まだまだ試合が続くので、しっかりと準備をして来週に臨みたいと思う。

<要約レポート>

 デンソーエアリービーズが今季初の地元愛知での大会で勝利を収めた。
 第1セットは、13-13からの4連続得点でリードを奪ったデンソーが、その差をキープしたまま先取した。特にアタックで6点、ブロックで1点を奪った鍋谷がキャプテンにふさわしい活躍を見せた。中盤以後サイドアウトの応酬となったため、両チームともにタイムアウトが一度もない珍しいセットとなった。
 第2セットもサーブで押したデンソーが連取した。特に17-14でサーブに立ったシニアードが連続サービスエースを奪うなど相手を崩し、チームの5連続得点に貢献した。ただ、終盤諦めず差を詰めたJTマーヴェラスの勢いが、次のセットにつながった。
 第3セット、JTは6-5から4連続得点で優位に立つと、このセットから入った栗原のサービスエース、終盤のチャレンジ成功などで相手の追従を許さず、セットを奪い返した。
 第4セットは10-10からJTが5連続得点を奪った。芥川のサーブが走るとフロントローで栗原が強さを発揮し、この5点はすべて2人によるものであった。栗原は途中交代したものの、田中(瑞)と並んでチーム最多の5得点を挙げた。
 第5セットは、それまでと一転してシニアードを軸にトスを展開したデンソーが、序盤に二度の3連続得点を奪って6-1とし、相手に二度目のタイムアウトを取らせた。シニアードは6点すべてをブロード攻撃で決め、鍋谷もレフトからの攻撃で4点を奪った。