試合会場レポート

試合番号462

開催日2019/04/13

V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   ファイナル

会場 : 武蔵野の森総合スポーツプラザ

観客数:4050 開始時間:14:10 終了時間:16:30 試合時間:2:20 主審:北村 友香 副審:種元 桂子

久光製薬スプリングス

監督 酒井 新悟
コーチ 大久保 茂和
   
通算 1 勝 1 敗
2 31 第1セット
【0:33】
29 3
19 第2セット
【0:24】
25
23 第3セット
【0:27】
25
25 第4セット
【0:24】
23
13 第5セット
【0:18】
15

東レアローズ

監督 菅野 幸一郎
コーチ 越谷 章
   
通算 1 勝 1 敗

    

【 】内はセット時間

()内は交代選手

<監督コメント>

31
  • 古藤
    (森谷)
  • アキンラデウォ
     
  • 野本
    (筒井)
  • 石井
     
  • 岩坂
    (加藤)
  • 新鍋
     

1


  • 井上
    (白井)
  • 黒後
     

  •  
  • 中田
    (中島)
  • クラン
     
  • 大野
    (杉原)
29

リベロ:

戸江

リベロ:

水杉

19
  • 古藤
    (森谷)
  • アキンラデウォ
     
  • 野本
    (筒井)
  • 石井
     
  • 岩坂
    (加藤)
  • 新鍋
     

2


  • 井上
    (白井)
  • 黒後
     

  •  
  • 中田
     
  • クラン
     
  • 大野
     
25

リベロ:

戸江

リベロ:

水杉

23
  • 古藤
     
  • アキンラデウォ
     
  • 野本
    (筒井)
  • 石井
     
  • 岩坂
    (加藤)
  • 新鍋
     

3


  • 井上
    (白井)
  • 黒後
     

  •  
  • 中田
     
  • クラン
    (中島)
  • 大野
    (杉原)
25

リベロ:

戸江

リベロ:

水杉

25
  • 古藤
     
  • アキンラデウォ
    (加藤)
  • 野本
     
  • 石井
    (筒井)
  • 岩坂
     
  • 新鍋
     

4


  • 井上
    (白井)
  • 黒後
    (中島)

  •  
  • 中田
     
  • クラン
     
  • 大野
    (杉原)
23

リベロ:

戸江

リベロ:

水杉

13
  • 古藤
    (森谷)
  • アキンラデウォ
     
  • 野本
    (筒井)
  • 石井
     
  • 岩坂
    (加藤)
  • 新鍋
     

5


  • 井上
    (杉原)
  • 黒後
    (中島)

  •  
  • 中田
     
  • クラン
     
  • 大野
    (白井)
15

リベロ:

戸江

リベロ:

水杉

<監督コメント>

<要約レポート>

 優勝に王手をかけた久光製薬スプリングスと、勝利しゴールデンセットに持ち込みたい東レアローズのファイナル第2戦。
 第1セット、久光製薬は石井、新鍋を中心に安定したサーブレシーブから、ミスの少ないバレーを展開する。東レは関がブロックの的を絞らせないトスワークで得点する。ゲームは両者譲らず、30点を超える熱戦で久光製薬が古藤、戸江のレシーブをつなぎ、石井のアタック、アキンラデウォのブロックで先取する。
 第2セット、久光製薬は岩坂のサーブでリードする。東レはすぐに黒後のサーブ、井上のブロック、クランのアタックで逆転する。その後も水杉、黒後のレシーブを攻撃につなげセットを取り返す。
 第3セット、東レは関のサーブで相手を崩しリードすると、クランのレシーブも光り、全員で守り得点につなげセットを連取する。
 第4セット、久光製薬は石井、野本、東レはクランを中心に得点をする。中盤、久光製薬は野本のサーブで5連続得点をあげて有利にゲームを進め、ファイナルセットに持ち込む。
 第5セット、久光製薬は野本、アキンラデウォのアタックでリードし、コートチェンジを迎える。しかし、東レはレシーブをつなぎ、ボールをクランに託す。クランはそれに応えアタック、ブロックを決めて逆転を果たす。一度は同点に追いつかれたが、クランのアタックで東レがこの試合に勝利し、ゴールデンセットに持ち込んだ。