試合会場レポート

試合番号463

開催日2019/04/13

V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 2018-19   ファイナル<ゴールデンセット>

会場 : 武蔵野の森総合スポーツプラザ

観客数:4050 開始時間:16:47 終了時間:17:09 試合時間: 主審:北村 友香 副審:種元 桂子

久光製薬スプリングス

監督 酒井 新悟
コーチ 大久保 茂和
   
1 25 第1セット
【0:22】
18 0
第2セット
【】
第3セット
【】
第4セット
【】
第5セット
【】

東レアローズ

監督 菅野 幸一郎
コーチ 越谷 章
   

    

【 】内はセット時間

()内は交代選手

<監督コメント>

 V.LEAGUE初代女王を決めるにふさわしい決戦となった。まずは両チームの選手たちをたたえたい。
 たくさんのファンの方々が見守って下さる中でこのような戦いができたことに感謝したい。この日を迎えるにあたって、選手スタッフが本当に大変な思いで迎えた日であったと思う。
 最高の舞台で、最高の試合ができたことに感謝するとともに激闘を制した選手たちを誇りに思う。
 新生V.LEAGUEの初代チャンピオンとして、歴史に名を刻めたことはとても光栄である。
 久光製薬スプリングスは、これからも益々バレー界を牽引するチームになれるように精進していきます。たくさんのご声援ありがとうございました。

25
  • 古藤
    (森谷)
  • アキンラデウォ
     
  • 野本
    (筒井)
  • 石井
     
  • 岩坂
    (加藤)
  • 新鍋
     

1


  • 井上
    (白井)
  • 黒後
    (中島)

  •  
  • 中田
     
  • クラン
     
  • 大野
     
18

リベロ:

戸江

リベロ:

水杉


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

2



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

3



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今シーズンたくさんの応援をありがとうございました。
 今日のファイナルは全員バレーで粘ることができ、フルセットを勝ちきることができたが、続くゴールデンセットでは、お互い苦しみながらも、こちらが先にミスを連続してしまい勝ちきることができなかった。
 課題を明確にし、来シーズンに繋げていきたいと思う。

<要約レポート>

 新生Vリーグの初代女王の行方はゴールデンセットに持ち込まれた。
 久光製薬スプリングスはアキンラデウォのサーブで相手を崩し、野本のアタック、岩坂のブロックでリードする。東レアローズもクランのアタックで追いかけるが、連続得点がなかなかできず点差を縮められない。逆に久光製薬はアキンラデウォのアタック、ブロック、新鍋のサービスエースで点差を広げ、最後は野本のアタックが突き刺さり初代女王に輝いた。