試合会場レポート

試合番号166

開催日2019/01/05

V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 広島県立総合体育館

観客数:4460 開始時間:13:00 終了時間:14:59 試合時間:1:59 主審:千代延 靖夫 副審:西中野 健

JTサンダーズ

監督 ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ サトレル ティネ
   
通算 8 勝 6 敗
ポイント 27
3 25 第1セット
【0:23】
18 1
24 第2セット
【0:29】
26
25 第3セット
【0:24】
19
25 第4セット
【0:27】
23
第5セット
【】

FC東京

監督 ロディ アレッサンドロ
コーチ 坂本 将康
   
通算 3 勝 11 敗
ポイント 9

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 天皇杯からの中断期間を経て、一つ目の試合はいつも難しい試合になるが、今日も難しかった。
 なかなかリズムがつかめなかったが、最終的にポイント3を取ることができた事に対して、選手たちにおめでとうと言いたい。
 毎年、グリーンアリーナで行われる試合は、いつも最高の雰囲気の中で試合をすることができている。本日も素晴らしかった。
 チームを代表してファンの皆様へは御礼申し上げます。ありがとうございました。

25
  • 山本
     
  • エドガー
     
  • 安永
     
  • 小野寺
     
  • 深津
     

  •  

1


  • 栗山
    (玉宅)
  • デロッコ
     
  • 山田
     
  • 長友
    (小森)
  • 手塚
    (野瀬)
  • 小田嶋
     
18

リベロ:

井上(航)

リベロ:

24
  • エドガー
     
  • 小野寺
     
  • 山本
     

  • (武智)
  • 安永
    (久原)
  • 深津
     

2


  • 小田嶋
     
  • 手塚
    (野瀬)
  • 小森
    (佐藤)
  • 山田
     
  • デロッコ
     
  • 栗山
    (玉宅)
26

リベロ:

井上(航)

リベロ:

25

  •  
  • 深津
     
  • 小野寺
     
  • 安永
     
  • エドガー
     
  • 山本
     

3


  • 栗山
    (玉宅)
  • デロッコ
     
  • 山田
     
  • 小森
     
  • 手塚
     
  • 小田嶋
     
19

リベロ:

井上(航)

リベロ:

25
  • 深津
     
  • 安永
    (久原)

  •  
  • 山本
     
  • 小野寺
     
  • エドガー
     

4


  • 山田
     
  • 栗山
    (玉宅)
  • 手塚
     
  • デロッコ
     
  • 小田嶋
     
  • 小森
    (佐藤)
23

リベロ:

井上(航)

リベロ:


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日はご来場いただきありがとうございます。
 今日は試合の準備ができているところを見せたかった。
 とても難しい試合になるとことは分かっていました。JTは天皇杯で優勝したので、私たちはあきらめることなく、ベストを尽くせました。
 今日のプレーには満足しております。

<要約レポート>

 第1セット、天皇杯で優勝して勢いに乗るJTサンダーズは序盤から劉、エドガーの高く強烈なアタックでFC東京を一気に突き放した。一方のFC東京はデロッコがアタック、ブロックを連続で決めて流れを取り戻そうとしたが、序盤の差が大きく、JTが第1セットを先取した。
 第2セット、FC東京は出だしからデロッコのサービスエース、山田のブロックが連続で決まり、流れを掴んだ。JTはエドガー、小野寺のアタックで徐々に追い上げると、リベロ井上の粘りのレシーブから小野寺がアタックを決めて12-12として、遂に追いついた。そこからは一進一退の攻防を繰り広げ、デュースにまでもつれたが、ここからFC東京がデロッコにボールを集めて、このセットを奪い返した。
 第3セット、今度はJTがエドガーの連続ブロック、アタックで序盤から突き放していく。FC東京が小田嶋のブロック、デロッコのアタックで追いすがるも、JTは終盤に深津、小野寺がブロックを決めて、逃げ切った。
 第4セット、FC東京は小田嶋が連続でサービスエースを決め、さらにデロッコ、栗山がアタックを決めてリードを奪った。しかしJTは深津がツースパイク、山本、小野寺のアタックで徐々に点差を詰めて、エドガーがアタックを連続で決めて追いついた。さらにJTは劉がアタック、ブロックを連続で決めてリードすると、最後は小野寺がアタックを決めて、会場を緑色に染めた広島のファンに勝利をプレゼントした。