試合会場レポート

試合番号171

開催日2019/01/06

V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 広島県立総合体育館

観客数:1350 開始時間:12:00 終了時間:14:15 試合時間:2:15 主審:山本 晋五 副審:千代延 靖夫

ジェイテクトSTINGS

監督 高橋 慎治
コーチ 若山 智昭
   
通算 9 勝 6 敗
ポイント 27
3 25 第1セット
【0:23】
14 2
21 第2セット
【0:27】
25
25 第3セット
【0:23】
14
24 第4セット
【0:28】
26
15 第5セット
【0:22】
13

FC東京

監督 ロディ アレッサンドロ
コーチ 坂本 将康
   
通算 3 勝 12 敗
ポイント 10

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 本日もたくさんの応援ありがとうございました。
 勝利する事はできましたが、課題の残る試合でした。出てきた課題を克服していき、試合を重ねるごとに成長していけるよう、臨んで参ります。
 引き続き、今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。

25

  •  
  • 西田
     
  • 福山
    (松原)
  • 金丸
     
  • 久保山
    (秦)
  • ブラトエフ
     

1


  • 山田
     
  • 栗山
    (玉宅)
  • デロッコ
     
  • 手塚
    (野瀬)
  • 小田嶋
     
  • 小森
    (佐藤)
14

リベロ:

興梠

リベロ:

21
  • 福山
    (松原)

  • (浅野)
  • 久保山
    (廣瀬)
  • 西田
     
  • ブラトエフ
     
  • 金丸
     

2


  • 手塚
     
  • デロッコ
     
  • 栗山
    (玉宅)
  • 小田嶋
     
  • 山田
     
  • 小森
     
25

リベロ:

興梠

リベロ:

25

  •  
  • 西田
     
  • 福山
    (秦)
  • 金丸
     
  • 久保山
     
  • ブラトエフ
    (浅野)

3


  • 手塚
     
  • デロッコ
     
  • 栗山
    (玉宅)
  • 小田嶋
     
  • 山田
     
  • 小森
    (野瀬)
14

リベロ:

興梠

リベロ:

24
  • 福山
     

  •  
  • 久保山
    (廣瀬)
  • 西田
     
  • ブラトエフ
    (浅野)
  • 金丸
     

4


  • 栗山
    (小田嶋)
  • 佐藤
    (手塚)
  • 山田
     
  • 長友
     
  • デロッコ
     
  • 井上
    (玉宅)
26

リベロ:

興梠

リベロ:

15

  •  
  • 西田
     
  • 福山
     
  • 金丸
     
  • 久保山
     
  • ブラトエフ
    (浅野)

5


  • 栗山
    (小田嶋)
  • 手塚
     
  • 山田
     
  • 長友
    (野瀬)
  • デロッコ
     
  • 井上
    (玉宅)
13

リベロ:

興梠

リベロ:

<監督コメント>

 本日はご来場いただき、ありがとうございます。
 できる限りのことはしました。良い試合ではなかったですし、問題点も多かったです。でも、このような試合を戦えるようになることは大切です。
 第5セット、チャンスはあったと思いますが、1点がとても重たかったです。

<要約レポート>

 第1セット、序盤からジェイテクトSTINGSは西田、郡が連続でスパイクを決めて流れを掴んだ。さらに、ブラトエフ、西田のスパイク、西田のサービスエースで一気にFC東京を突き放し、セットを先取した。
 第2セット、競り合った展開からFC東京がデロッコ、手塚、小森の攻撃で、じりじりとリードを広げた。ジェイテクトはリリーフサーバーで松原を投入し流れを変えることができたが、FC東京がデロッコ、手塚のアタックで粘り、セットを奪い返した。
 第3セット、ジェイテクトがブラトエフのサーブから郡、西田のスパイクとブロックなどで、7-0として一気に主導権を握った。その後も、ジェイテクトが久保山のブロック、ブラトエフのサービスエースでさらに突き放し、セットを奪った。
 第4セット、ジェイテクトが郡、西田のスパイクを中心にリードしたが、FC東京もデロッコやこのセットから出場した長友のスパイクで16-16に追いついた。その後ジェイテクトがブラトエフのサービスエースやスパイクで24-22とマッチポイントを握ったが、ここからFC東京は手塚のバックアタック、デロッコのアタックでデュースに持ち込むと、長友のアタック、デロッコのブロックで4連続得点をあげて、勝負を最終セットに持ち込んだ。
 迎えた第5セット、ジェイテクトが西田のスパイクでリードすると、FC東京も長友のスパイクで7-7に追いついた。ジェイテクトは福山がアタック、ブロックを連続で決めて流れを取り戻すと、最後は西田がバックアタックを決めて、勝利を掴み取った。