試合会場レポート

試合番号176

開催日2019/01/12

V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 大分県立総合体育館

観客数:1320 開始時間:15:00 終了時間:17:10 試合時間:2:10 主審:山本和良 副審:小野将人

大分三好ヴァイセアドラー

監督 小川 貴史
コーチ 小林 尚登
   
通算 2 勝 13 敗
ポイント 4
1 40 第1セット
【0:48】
42 3
19 第2セット
【0:24】
25
25 第3セット
【0:25】
20
21 第4セット
【0:24】
25
第5セット
【】

パナソニックパンサーズ

監督 川村 慎二
コーチ 古田 博幸
   
通算 13 勝 2 敗
ポイント 39

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 第1セットが勝負の分かれ道だったと思います。
 現在首位のパナソニックに対して粘り強い戦いはできましたが、あと一歩が足りなかったと思います。
 本日はホームゲームでの大声援、大変ありがとうございました。
 明日もチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

40
  • エスぺホ
     
  • ヤカン
     
  • 藤田
     
  • 高山
    (濱本)
  • 藤岡
    (林)

  • (辻口(泰))

1


  • 大竹
     
  • 小宮
     
  • 福澤
    (クビアク)
  • 久原
     
  • 山内
     
  • 深津
    (陳)
42

リベロ:

松尾

リベロ:

永野、伊賀

19
  • エスぺホ
     
  • ヤカン
    (濱本)
  • 藤田
    (石橋)
  • 高山
     
  • 藤岡
     

  • (辻口(泰))

2


  • 久原
     
  • 大竹
     
  • 山内
     
  • 小宮
     
  • 深津
    (陳)
  • クビアク
     
25

リベロ:

松尾

リベロ:

永野、伊賀

25
  • エスぺホ
     
  • ヤカン
     

  • (濱本)
  • 高山
     
  • 藤岡
    (藤田)

  • (辻口(泰))

3


  • 大竹
     
  • 小宮
     
  • 久原
     
  • クビアク
     
  • 山内
     
  • 深津
    (陳)
20

リベロ:

松尾、辻口(智)

リベロ:

永野、伊賀

21
  • エスぺホ
     
  • ヤカン
     

  • (濱本)
  • 高山
     
  • 藤岡
    (藤田)

  • (辻口(泰))

4


  • 久原
     
  • 大竹
     
  • 山内
     
  • 白澤
     
  • 深津
    (陳)
  • クビアク
     
25

リベロ:

松尾、辻口(智)

リベロ:

永野、伊賀


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 苦しい試合でしたが、取りきれたことは良かったです。
 自チームのミスが多く、反省点が多い試合でした。
 切り替えるところは切り替え、明日に向けしっかり準備していきます。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。また明日もよろしくお願いします。

<要約レポート>

 連勝を伸ばしたいパナソニックパンサーズとホームゲームで白星を掴みたい大分三好ヴァイセアドラーの対戦。
 第1セット、序盤に大分三好はエスペホ、藤田のブロックでリードする。パナソニックは深津のブロックで流れを掴んで追いかけ、デュースとなる。その後は大分三好はヤカンに、パナソニックは福澤にボールを集めお互い譲らずにデュースは続き、42-40の大接戦をパナソニックが制した。
 第2セット、中盤まで大分三好はエスペホ、パナソニックは久原を中心に攻撃を展開して接戦となる。パナソニックは山内のブロック、久原のサービスエースを含む6連続得点で引き離しリードする。大分三好は濱本、高山のブロックで追いかけるがパナソニックがこのセットも連取した。
 第3セット、大分三好は高山のサービスエースで流れを掴み、エスペホにボールを集めてリードしていく。パナソニックは大竹、久原にボールを集め得点を重ねたが、大分三好はヤカン、エスペホの活躍でこのセットを取り返した。
 第4セット、パナソニックはクビアクにボールを集め得点を重ねる。大分三好はセッター藤岡が多彩な攻撃を仕掛け追いかけたが、パナソニックが逃げ切り、連勝を伸ばした。