試合会場レポート

試合番号200

開催日2019/02/02

V.LEAGUE DIVISION1 MEN 2018-19   レギュラーラウンド

会場 : 熊本県立総合体育館

観客数:1205 開始時間:11:00 終了時間:12:12 試合時間:1:12 主審:山本 晋吾 副審:千代延 靖夫

JTサンダーズ

監督 ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ 菅 直哉
   
通算 15 勝 6 敗
ポイント 47
3 25 第1セット
【0:21】
10 0
25 第2セット
【0:21】
14
25 第3セット
【0:24】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

VC長野トライデンツ

監督 笹川 星哉
コーチ アーマツ マサジェディ
   
通算 1 勝 20 敗
ポイント 3

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 良いプレーをして勝ち点3を確実に積み重ねることが最も重要だったが、選手たちは理解して理想通りのプレーが展開できたことに感謝している。
 ファンの皆様ご声援ありがとうございました。

25
  • エドガー
     
  • 小野寺
     
  • 山本
     

  •  
  • 安永
     
  • 深津
     

1


  • 椿
    (長田)
  • 矢貫
     
  • 笠利
    (松村)
  • 栗木
     
  • 田中
     
  • 森﨑
    (池田)
10

リベロ:

井上(航)

リベロ:

山本

25
  • 山本
     
  • エドガー
     
  • 安永
     
  • 小野寺
     
  • 深津
     

  • (唐川)

2


  • 笠利
     
  • 椿
     
  • 田中
    (森﨑)
  • 矢貫
     
  • 池田
     
  • 栗木
     
14

リベロ:

井上(航)

リベロ:

山本

25
  • エドガー
     
  • 小野寺
     
  • 山本
    (吉岡)

  • (唐川)
  • 安永
     
  • 深津
    (金子)

3


  • 笠利
    (松村)
  • 椿
    (長田)
  • 森﨑
     
  • 矢貫
     
  • 池田
     
  • 栗木
     
18

リベロ:

井上(航)

リベロ:

山本


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 レセプションが返せず、全くゲームメイクすることができずに終わってしまいました。
 この経験を必ずクラブの成長へとつながるようにしたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 今シーズン7連勝で現在リーグ2位のJTサンダーズと2勝目を目指すVC長野トライデンツの試合は、圧倒的な攻撃力のJTがストレートで勝利した。
 第1セット、VC長野はJTの高いブロックの前に点数を取ることができず、途中でセッターを椿から長田に変えたが、JTはエドガーや小野寺が連続してスパイクポイントを重ねた。
 第2セットに入ってもJTは攻撃の勢いを緩めることなかった。VC長野はセッター椿のツースパイクや池田(幸)のスパイクで一時は4点差と詰め寄ったが、JTはエース・エドガー、新加入の劉が強烈なスパイクで着々と点数を重ね、JTが勝利した。
 後のないVC長野は、粘り強いレシーブから池田(幸)にボールを集め、また、セッター長田はミドルブロッカー矢貫とのコンビでJTの守備を崩すことに成功した。
 しかし、JTは深津の正確なトスからウイングスパイカーが確実に得点を重ね、連勝を8に伸ばした。