試合会場レポート

試合番号210

開催日2019/02/09

V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 三島市民体育館

観客数:1762 開始時間:13:00 終了時間:14:56 試合時間:1:56 主審:高橋 宏明 副審:浅井 唯由

東レアローズ

監督 小林 敦
コーチ 篠田 歩
   
通算 12 勝 10 敗
ポイント 37
3 21 第1セット
【0:23】
25 1
26 第2セット
【0:28】
24
25 第3セット
【0:23】
17
25 第4セット
【0:33】
22
第5セット
【】

サントリーサンバーズ

監督 荻野 正二
コーチ レオナルド カルバリョ
   
通算 16 勝 7 敗
ポイント 47

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 アローズらしい気迫のこもったバレーを展開する事ができた。途中出場の選手たちもチームに勢いを与えてくれ、劣勢時も粘り強くあきらめない気持ちを持ち続けることができた。今日の勝利を今後の戦いにも活かしていけるよう、気持ちを引き締めて明日のゲームに臨みたいと思う。
 本日も沢山の応援ありがとうございました。

21
  • 富松
     
  • アウン
     
  • ルジェ
     
  • 藤井
     
  • 米山
    (鈴木)

  •  

1


  • 星谷
     
  • 栗山
    (喜入)
  • ムセルスキー
     
  • 大宅
    (鈴木)
  • 藤中
     
  • 塩田
     
25

リベロ:

井手、渡辺

リベロ:

鶴田

26
  • 富松
    (高橋)
  • アウン
     
  • ルジェ
     
  • 藤井
    (伏見)
  • 鈴木
    (米山)

  •  

2


  • 栗山
    (喜入)
  • 大宅
     
  • 星谷
    (米山)
  • 塩田
     
  • ムセルスキー
     
  • 藤中
     
24

リベロ:

渡辺

リベロ:

鶴田

25
  • アウン
     
  • 藤井
     
  • 富松
    (高橋)

  •  
  • ルジェ
     
  • 鈴木
     

3


  • 星谷
     
  • 栗山
     
  • ムセルスキー
    (山本)
  • 大宅
    (松林)
  • 藤中
    (秦)
  • 塩田
    (鈴木)
17

リベロ:

渡辺

リベロ:

鶴田

25
  • 富松
    (高橋)
  • アウン
     
  • ルジェ
     
  • 藤井
    (伏見)
  • 鈴木
    (米山)

  •  

4


  • 大宅
     
  • 星谷
    (米山)
  • 栗山
    (藤中)

  •  
  • 鈴木
     
  • ムセルスキー
     
22

リベロ:

渡辺

リベロ:

鶴田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 2連敗している東レアローズに1セット目は良かったが、2セット目以降、相手のサーブで攻められて敗けてしまった。
 サーブレシーブの強化が必要だと改めて思ったゲームだった。
 本日も応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 ファイナル6進出のためには絶対に勝たなくてはならない東レアローズと、ファイナル6進出を少しでも早く決めたいサントリーサンバーズとの対戦となった。東レにとっては今シーズンレギュラーラウンドで、サントリーに2勝している相性の良い相手ではあるが、気の抜けない1戦である。第1セット、東レが序盤はルジェ、アウンのスパイクでリードするが、次第にサントリーのムセルスキーや栗山のスパイクで徐々にリードを広げた。後半東レはルジェ、富松のスパイクで追いすがるが、そのまま逃げ切りサントリーが先取。
 第2セット、序盤からルジェのスパイクやアウンのサービスエース、スパイクでリードし、東レが優位にゲームを進めた。しかし、中盤からムセルスキーのスパイクなどで追いつかれ、一進一退の攻防が続いた。苦しみながら、セットポイントを東レが掴んだが、サントリーの星谷、米山の活躍でデュースに持ち込んだ。しかし、高橋のスパイクで再びセットポイントを掴み、最後はサントリーのムセルスキーのスパイクミスで東レが2セット奪った。
 第3セット、前セットの勢いのまま攻め込む東レがルジェ、アウンや富松、藤井の活躍で優位にゲームを進めた。終盤には鈴木が連続してスパイクを決めたり好レシーブをしたりと攻守に渡って活躍し、このセットも奪った。
 第4セット、後がなくなったサントリーが先行する。ムセルスキーのスパイクに加えて、秦のブロックポイント、栗山のサービスエースなどで加点した。しかし、中盤から東レが息を吹き返し同点に追いつく。その後、終盤東レの高橋が圧巻の3連続ブロックを決め、最後には強烈なスパイクを叩き込み、東レが勝利した。