試合会場レポート

試合番号271

開催日2019/04/07

V.LEAGUE DIVISION1 MEN 2018-19   ファイナル

会場 : 武田テバオーシャンアリーナ

観客数:2035 開始時間:13:10 終了時間:15:40 試合時間:2:30 主審:村中 伸 副審:浅井 唯由

パナソニックパンサーズ

監督 川村 慎二
コーチ 古田 博幸
   
通算 1 勝 0 敗
3 25 第1セット
【0:27】
22 2
17 第2セット
【0:25】
25
23 第3セット
【0:26】
25
33 第4セット
【0:38】
31
16 第5セット
【0:22】
14

JTサンダーズ

監督 ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ サトレル ティネ
   
通算 0 勝 1 敗

    

【 】内はセット時間

()内は交代選手

<監督コメント>

 厳しい戦いになったが、最後まで諦めずに戦い抜き、勝利できたことは本当に良かった。選手全員におめでとうと言いたい。
 JTのサーブ、ブロックに苦しめられたので、来週に向けて修正していきたい。
 来週も良い形で終われるよう、最後まで全員で、全力で戦い抜きたい。
 本日もたくさんのご声援、ありがとうございました。来週もよろしくお願いします。

25
  • 白澤
     
  • クビアク
     
  • 大竹
     
  • 深津
    (陳)
  • 久原
     
  • 山内
     

1


  • 安永
    (久原)
  • 山本
     
  • 深津
     
  • エドガー
     

  • (武智)
  • 小野寺
     
22

リベロ:

永野

リベロ:

井上(航)

17
  • 大竹
    (新)
  • 白澤
     
  • 久原
     
  • クビアク
    (陳)
  • 山内
     
  • 深津
    (清水)

2



  •  
  • 深津
     
  • 小野寺
     
  • 安永
     
  • エドガー
     
  • 山本
     
25

リベロ:

永野

リベロ:

井上(航)

23
  • 山内
     
  • 久原
     
  • 深津
    (清水)
  • 大竹
    (新)
  • クビアク
     
  • 白澤
     

3


  • 深津
     
  • 安永
     

  • (武智)
  • 山本
     
  • 小野寺
     
  • エドガー
     
25

リベロ:

永野

リベロ:

井上(航)

33
  • 深津
    (陳)
  • 山内
     
  • クビアク
     
  • 久原
     
  • 白澤
     
  • 大竹
     

4



  • (武智)
  • 深津
     
  • 小野寺
     
  • 安永
    (久原)
  • エドガー
     
  • 山本
     
31

リベロ:

永野

リベロ:

井上(航)、唐川

16
  • 深津
    (陳)
  • 山内
     
  • クビアク
     
  • 久原
     
  • 白澤
     
  • 大竹
     

5



  • (武智)
  • 深津
     
  • 小野寺
     
  • 安永
    (久原)
  • エドガー
     
  • 山本
     
14

リベロ:

永野

リベロ:

井上(航)、唐川

<監督コメント>

 勝利したパナソニックにはおめでとうと言いたい。
 第4セット、第5セットと勝てるチャンスがあったにも関わらず、サーブミスなどで取り切れなかったことは残念だ。
 しかし、全体的には良いプレーができていたと思うので、もう一度良い準備をして第2戦を取りにいきたい。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

<要約レポート>

 パナソニックパンサーズがビハインドの展開から粘り強いバレーを展開し、JTサンダーズから勝利をもぎ取った。
 第1セットは中盤までリードを許したパナソニックだったが、徐々に追いつき17-17からの3連続得点で逆転する。相手のネットインサーブをフロアギリギリでレシーブし、二段トスを大竹が強打で決めた18点目、コート外から後ろ向きのアンダーでセットアップされたボールを果敢にバックアタックで決めたクビアクの20点目が、この試合にかけるパナソニックの諦めない気持ちを象徴していた。
 第2セットはJTが7本のブロックポイントを決めて空中戦を制した。特に3本のブロックを決めた小野寺が、アタックやサーブでも活躍を見せた。
 第3セットは18-18まで一進一退だったが、エドガーの2本のアタックポイントを含む3連続得点で21-18としたJTが、パナソニックの追従を許さなかった。
 第4セット、パナソニックはクビアク、JTはエドガーの激しい得点の取り合いとなった。サーブでもアタックでもチームの軸として大車輪の活躍を見せ、チームの連続得点に貢献した。互いに譲らぬ力強いバレーだったが、最後はJTのサーブミスとコンビミスにより、パナソニックが8度目のセットポイントでものにした。JTはサーブミスが7本と、流れをつかみきれなかった。
 第5セットは4-8と苦しい流れでコートチェンジを迎えたパナソニックだったが、久原と大竹のアタックや相手のミスで1点差とすると息を吹き返した。そこから大竹、久原、山内のブロックポイントでリズムを取り戻すと、クビアクの軟攻でマッチポイントを奪った。JTに追いつかれデュースにもつれ込んだが、最後はクビアクのブロックでパナソニックが死闘を制した。