試合会場レポート

試合番号702

開催日2018/11/10

V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN   レギュラーラウンド

会場 : トヨタスポーツセンター

観客数:548 開始時間:16:10 終了時間:17:20 試合時間:1:10 主審:岩井 好恵 副審:重岡 紀彦

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督 金子 健一郎
コーチ 太田 有紀
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0
0 18 第1セット
【0:21】
25 3
12 第2セット
【0:21】
25
13 第3セット
【0:22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

群馬銀行グリーンウイングス

監督 石原 昭久
コーチ 須崎 杏
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 3

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 レセプションは悪くなかったが、スパイクが中々決まらず、最後までペースがつかむことが出来なかった。今日の課題を明日の試合につなげたい。
 本日は応援ありがとうございました。

18
  • 梅木
     
  • 浅野
    (石山)
  • 松尾
     
  • 権藤
     
  • 吉田
     
  • 鈴木
     

1


  • 田中
    (新井)
  • 斉藤
    (古市)
  • 安福
     
  • 鈴木
     
  • 栗田
    (寺坂)
  • 愛宕
     
25

リベロ:

田戸

リベロ:

吉岡、上地

12
  • 浅野
     
  • 廣田
     
  • 梅木
     
  • 鈴木
     
  • 松尾
    (一森)
  • 権藤
     

2


  • 安福
     
  • 田中
     
  • 栗田
    (寺坂)
  • 斉藤
    (古市)
  • 愛宕
    (新井)
  • 鈴木
     
25

リベロ:

田戸

リベロ:

吉岡、上地

13
  • 梅木
     
  • 浅野
     
  • 松尾
     
  • 権藤
     
  • 吉田
    (石山)
  • 鈴木
     

3


  • 田中
     
  • 斉藤
    (古市)
  • 安福
     
  • 鈴木
     
  • 栗田
    (寺坂)
  • 愛宕
    (新井)
25

リベロ:

田戸

リベロ:

吉岡、上地


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 いよいよ新生Vリーグがスタートした。その大事な初戦となった今日の試合、出足こそ相手の正確なサーブによってサーブレシーブが崩されサイドからの攻撃に偏ったオフェンスになってしまったが、1セット目中盤からパスが返りはじめ、ミドルエリアからの攻撃が機能し始めた。またサーブによって相手の攻撃を限定させることに成功し、ブロックがよく機能したことが今日の勝利のポイントだと振り返る。明日はディフェンス力の高い相手チームと対戦となる。タフなゲームが予想されるが、連勝目指して全力で頑張りたい。
 本日もたくさんの応援、ありがとうございました。

<要約レポート>

  開幕戦をホームで迎え、勝利を収めたいトヨタ自動車ヴァルキューレと初戦を白星で飾りたい群馬銀行グリーンウイングスとの一戦。
 第1セット、群馬銀行は田中、安福、鈴木のアタックで得点を重ねる。トヨタ自動車は権藤のアタックで応戦するも、終始リードを保った群馬銀行が先取した。
 第2セット、群馬銀行は組織的なブロックから簡単に得点を許さず攻撃につなげ、連続得点のチャンスをものにしていく。効果的なサーブと栗田から繰り出されるトスを安福、斉藤、愛宕が打ち切り、群馬銀行がセットを連取した。
 第3セット、一矢報いたいトヨタ自動車は、権藤が気を吐き得点するものの、堅実な守備力と着実な得点力、そして交代選手である古市、寺坂らの活躍も光った群馬銀行が勝利を収めた。
 この試合、ボールを落とすまいと気迫あふれるプレーを見せた両チーム共に、これから続くリーグ戦での戦いが楽しみとなる一戦であった。