試合会場レポート

試合番号705

開催日2018/11/10

V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN   レギュラーラウンド

会場 : 中央区スポーツセンター

観客数:950 開始時間:13:22 終了時間:15:09 試合時間:1:47 主審:根岸 怜子 副審:江藤 幸恵

GSS東京サンビームズ

監督 笛木 彰
コーチ 山口 弥緒
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0
1 25 第1セット
【0:25】
23 3
19 第2セット
【0:26】
25
19 第3セット
【0:24】
25
14 第4セット
【0:23】
25
第5セット
【】

ヴィクトリーナ姫路

監督 竹下 佳江
コーチ 高橋 駿
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 3

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 姫路は予想していた通り、非常にバランスのとれたチームでした。
 第2セット以降、相手チームのサーブに苦しめられて思い通りの攻撃が出来ず、流れを変えることが出来ませんでした。
 開幕戦をホームで勝利することが出来ず、口惜しい結果となりましたが、次週からのゲームに向けて備えていきたいと思います。
 今日はたくさんの地元の皆様の応援を受けて、試合が出来たことを大変嬉しく思います。ありがとうございました。

25
  • 天澤
    (勝見)
  • 鬼塚
     
  • 百瀬
     

  •  
  • 色摩
    (大原)
  • 松浦
     

1


  • 吉岡
    (筒井)
  • スエレ
     
  • 金杉
    (浅津)
  • 河合
     
  • 高橋
     
  • 高木
     
23

リベロ:

三浦

リベロ:

片下

19
  • 天澤
    (勝見)
  • 鬼塚
     
  • 百瀬
     

  • (重松)
  • 色摩
    (大原)
  • 松浦
     

2


  • 浅津
     
  • 吉岡
     
  • 高橋
     
  • スエレ
     
  • 高木
    (中本)
  • 河合
     
25

リベロ:

三浦

リベロ:

片下

19
  • 天澤
    (勝見)
  • 鬼塚
     
  • 百瀬
     

  • (大原)
  • 色摩
     
  • 松浦
     

3


  • 吉岡
     
  • スエレ
     
  • 浅津
     
  • 河合
     
  • 高橋
     
  • 中本
     
25

リベロ:

三浦、平岩

リベロ:

片下

14
  • 天澤
     
  • 鬼塚
    (有川)
  • 百瀬
     

  •  
  • 色摩
    (大原)
  • 松浦
     

4


  • 浅津
     
  • 吉岡
    (筒井)
  • 高橋
     
  • スエレ
     
  • 中本
    (高木)
  • 河合
     
25

リベロ:

平岩

リベロ:

片下


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 開幕戦ならではの緊張感の中、第1セットは自分達のプレーができず、流れを引き寄せることができませんでしたが、第2セット以降はサーブで相手を崩し、試合を優位に進めることが出来ました。
 初参戦のリーグの初戦で勝利を飾る事が出来てほっとしています。
 本日はたくさんのご声援ありがとうございました。

<要約レポート>

  2018-19V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN レギュラーラウンド開幕戦。ホームゲームで勝って勢いに乗りたいGSS東京サンビームズと、初参戦のヴィクトリーナ姫路の一戦。
 第1セット、GSS東京の張・天澤・色摩が点を重ねると、姫路もスエレのブロック、吉岡・金杉・高木のアタックで応戦する一進一退の攻防が中盤まで続く。GSS東京はリベロ三浦の好レシーブから張のアタック、鬼塚のサービスエースと点を重ね流れを引き込みリードする。姫路はメンバーチェンジやタイムアウトを使い流れを変えようとするが、最後は色摩のアタックでGSS東京がセットを先取した。
 第2セット、姫路はセッター河合の巧みなトス回しで浅津・大田・高橋のアタック、高木のサービスエースで終始リードする。GSS東京も張・色魔・鬼塚のアタックで応戦するも、最後は姫路がGSS東京を突き放しセットを取り返した。
 第3セット、流れを掴んだ姫路は、スエレ・浅津のブロック、吉岡・高橋のアタックで確実に点を重ねる。流れを変えようとGSS東京はメンバーチェンジやタイムアウトを取るも、勢いに乗った姫路はそのままセットを連取した。
 第4セット、後がないGSS東京は張のブロック、鬼塚・張・色摩のアタック、鬼塚のサービスエースで応戦するも、バリエーション豊かに攻撃する姫路が連取し初勝利した。