試合会場レポート

試合番号530

開催日2018/12/09

V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 三好公園総合体育館

観客数:260 開始時間:12:00 終了時間:13:12 試合時間:1:12 主審:中島 俊昌 副審:重岡 紀彦

トヨタ自動車サンホークス

監督 近藤 浩
コーチ 大保 亮太朗
   
通算 8 勝 0 敗
ポイント 21
3 25 第1セット
【0:22】
22 0
25 第2セット
【0:20】
14
25 第3セット
【0:24】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

つくばユナイテッドSunGAIA

監督 都澤 みどり
コーチ 五十嵐 元
   
通算 2 勝 6 敗
ポイント 6

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 トヨタ自動車ホームゲームで年内最後の試合をストレートで勝利することが出来て大変嬉しく思います。
 つくばのサーブに苦しめられた場面が多くありましたが、ミドルブロッカーのブロックが効果的にポイントを重ねてくれました。
 ホームゲームへの多くの応援ありがとうございました。
 来年の再スタートの為にしっかりと準備をしたいと思います。

25
  • 渕江(陵)
    (浅川)
  • 松下
     
  • 皆川
     
  • 森本
    (神代)
  • 東野
     
  • 吉岡
     

1


  • 瀧澤
    (内海)
  • 勝本
    (曹)
  • 奥村
     
  • 奥田
     
  • 浜崎
    (阿部)
  • 小針
     
22

リベロ:

福島

リベロ:

桝谷、野島

25
  • 渕江(陵)
     
  • 松下
     
  • 皆川
    (石黒)
  • 森本
    (上坂)
  • 東野
     
  • 吉岡
     

2


  • 瀧澤
     
  • 勝本
    (曹)
  • 奥村
     
  • 奥田
     
  • 浜崎
    (須藤)
  • 小針
    (内海)
14

リベロ:

福島

リベロ:

桝谷、野島

25
  • 渕江(陵)
    (坂本)
  • 松下
     
  • 皆川
    (渕江(祥))
  • 森本
    (水口)
  • 東野
     
  • 吉岡
     

3


  • 内海
    (関谷)
  • 勝本
    (須藤)
  • 奥村
     
  • 奥田
     
  • 浜崎
    (曹)
  • 瀧澤
     
22

リベロ:

福島

リベロ:

桝谷、野島


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 年内最後の試合、どうにか勝ち星をあげようと臨みましたが、安定したチーム力のトヨタ自動車に力及びませんでした。
 年明けのリーグ再開に向けて、勝つためにやらなくてはいけない事をしっかり追究していきたいと思います。
 本日も遠方まで応援に来て頂きありがとうございました。

<要約レポート>

 ここまで首位を独走中のトヨタ自動車サンホークスが、つくばユナイテッドSunGAIAをストレートで破り、連勝を8に伸ばした。
 第1セットは出だしから両チームの良さが随所に見られた。好レシーブから力強い攻撃を繰り広げ、それを好レシーブでつなぐなど、激しいラリーの応酬となった。トヨタ自動車は12-13で相手レフトをブロックした皆川のポイントがチームに勢いをつけ、その後相手のミスで逆転に成功した。最後は森本の速攻とブロックによる連続得点でセットを先取した。
 第2セットはそれまでと雰囲気が一変し、中盤まで両チームとも連続得点の奪い合いとなった。抜け出したのはトヨタ自動車で、13-12からの7連続得点で勝負あり。この7点のうち相手のミス以外の5得点はすべて森本の速攻・ブロックによるもので、フロントローでの森本の勝負強さが光った。
 第3セットはつくばがスタートの時点で選手を代えて臨んだが、トヨタ自動車は出だしからその新しく入った選手にサーブを打ち込み、4-1までに東野と吉岡の2本のサービスエースを奪った。中盤は吉岡の力強く決定力の高いスパイクと、森本の高さのある攻撃・ブロックでトヨタ自動車が優位にゲームを進めた。つくばも内海の連続アタックポイントで13-16と迫ったが、結局この差は縮まらぬままであった。最後は、このセット途中から入った坂本にトスを回し、レフトから相手ブロックに当てながらも得点に結び付けた。