試合会場レポート

試合番号606

開催日2019/03/17

V.LEAGUE DIVISION2 MEN 2018-19   レギュラーラウンド

会場 : 東村山市民スポーツセンター

観客数:634 開始時間:11:00 終了時間:12:39 試合時間:1:39 主審:中西 幸治 副審:勝又 禎蔵

大同特殊鋼レッドスター

監督 東岡 昇
コーチ 辰巳 佳靖
   
通算 15 勝 9 敗
ポイント 47
3 25 第1セット
【0:19】
14 1
25 第2セット
【0:25】
22
22 第3セット
【0:25】
25
25 第4セット
【0:21】
17
第5セット
【】

つくばユナイテッドSunGAIA

監督 都澤 みどり
コーチ 五十嵐 元
   
通算 9 勝 15 敗
ポイント 26

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 最終戦を勝利できたことをうれしく思います。
 全員で勝ち取ったと思える勝利でした。
 長いリーグ戦、たくさんの応援ありがとうございました。

25
  • 田中
     
  • 久保田
     
  • 長谷川
    (嶋津)
  • 木村
     
  • 伊澤
     
  • 平野
     

1


  • 小針
    (野島)
  • 浜崎
    (勝本)
  • 奥田
     
  • 奥村
     
  • 鈴木
    (土井)
  • 満生
     
14

リベロ:

嶋田

リベロ:

桝谷、関谷

25
  • 田中
    (森田)
  • 久保田
     
  • 嶋津
    (寺尾)
  • 木村
     
  • 伊澤
     
  • 平野
     

2


  • 小針
     
  • 浜崎
     
  • 奥田
    (阿部)
  • 奥村
    (勝本)
  • 鈴木
    (曹)
  • 満生
    (瀧澤)
22

リベロ:

嶋田

リベロ:

桝谷、関谷

22
  • 森田
     
  • 久保田
     
  • 嶋津
    (木村)
  • 寺尾
    (舩倉)
  • 伊澤
    (二五田)
  • 平野
    (川口)

3


  • 小針
    (野島)
  • 浜崎
     
  • 阿部
    (鈴木)

  •  
  • 勝本
     
  • 満生
    (瀧澤)
25

リベロ:

嶋田

リベロ:

桝谷、関谷

25
  • 田中
     
  • 久保田
     
  • 嶋津
     
  • 木村
     
  • 伊澤
    (二五田)
  • 平野
    (川口)

4


  • 小針
    (野島)
  • 浜崎
     
  • 阿部
     

  •  
  • 勝本
    (鈴木)
  • 満生
    (瀧澤)
17

リベロ:

嶋田

リベロ:

桝谷、関谷


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今シーズンの最終戦、総力戦で戦いましたが、大同特殊鋼のサーブと堅実な守備の前に力及びませんでした。
 本日もたくさんのご声援をありがとうございました。
 また、今シーズンも皆様の温かいご支援ご声援に何度も力をいただきました。誠にありがとうございました。

<要約レポート>

 今シーズン共に最終戦となった大同特殊鋼レッドスターとつくばユナイテッドSunGAIAの一戦
 第1セット、序盤は点の取り合いとなるが、中盤、伊澤のサービスエースなどで大同特殊鋼がリードする。つくばは桝谷の安定したレシーブから攻撃を仕掛け追撃するも及ばず、大同特殊鋼がセットを先取した。
 第2セット、大同特殊鋼の久保田がアタック、ブロックで連続得点し、大きくリードする。つくばは奥村のブロックなどで同点にまで追いついたが、大同特殊鋼も3連続ブロックが決まり、終盤まで一進一退の攻防となる。森田のサービスエースで抜け出した大同特殊鋼がセットを連取した。
 第3セット、後のないつくばは浜崎、勝本のアタックとリベロ桝谷の好レシーブで相手に主導権を渡さない。中盤、大同特殊鋼は粘りのレシーブで勢いを取り戻し、寺尾と途中出場の二五田のアタックで同点まで追い上げる。終盤、つくばは勝本のアタックと曹のブロックで再びリードし、最後は小針が渾身のアタックを決め、セットを取り返した。
 第4セット、大同特殊鋼は伊澤、田中のアタックやブロックで序盤から大きくリードする。つくばは流れを取り戻そうと小針、満生の攻撃で得点を重ねたが、大同特殊鋼も平野、久保田のアタックが決まり流れを渡さない。終盤、大同特殊鋼は二五田のサーブで相手守備陣を崩し、リードを保ったまま最終戦を勝利で飾った。