試合会場レポート

試合番号953

開催日2019/03/09

V.LEAGUE DIVISION3 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 葛飾区奥戸総合スポーツセンターエイトホール 

観客数:520 開始時間:13:45 終了時間:15:35 試合時間:1:50 主審:虎澤 吉剛 副審:鈴木 美帆

ヴォレアス北海道

監督 エド クライン
コーチ
   
通算 16 勝 1 敗
ポイント 44
3 25 第1セット
【0:27】
23 1
25 第2セット
【0:23】
18
26 第3セット
【0:29】
28
25 第4セット
【0:22】
19
第5セット
【】

奈良ドリーマーズ

監督 山本 雅史
コーチ 丹下 雅行
   
通算 7 勝 12 敗
ポイント 22

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 本日もたくさんの応援ありがとうございます。
まずは勝利出来て嬉しいです。1セット目は奈良の有津選手の攻撃を止めることが出来ず、苦戦しました。3セット目は自分たちの攻撃が決まらずセットを奪われましたが、4セット目は調子を取り戻し勝利することが出来ました。
今日の試合は、ブロックが機能したことで勝つことが出来たと思います。
 明日の試合も引き続き応援よろしくお願いいたします。

25
  • 田城
     
  • 家近
    (藤村)
  • 辰巳
     
  • 古田
     
  • 佐々木
     
  • 関根
     

1


  • 有津
     
  • 後藤
     
  • 下町
    (渡邊)
  • 久堀
    (川村)
  • 清水
     
  • 片野坂
     
23

リベロ:

白石

リベロ:

高橋、足立

25
  • 田城
     
  • 家近
     
  • 辰巳
     
  • 古田
     
  • 佐々木
     
  • 関根
     

2


  • 下町
     
  • 有津
     
  • 清水
    (上)
  • 後藤
    (幸)
  • 片野坂
     
  • 久堀
     
18

リベロ:

白石

リベロ:

高橋、足立

26
  • 家近
    (藤村)
  • 古田
     
  • 田城
    (戸田)
  • 関根
     
  • 辰巳
     
  • 佐々木
     

3


  • 有津
     
  • 後藤
    (幸)
  • 下町
    (碩)
  • 久堀
     
  • 清水
    (上)
  • 片野坂
     
28

リベロ:

白石

リベロ:

高橋、足立

25
  • 田城
    (倉内)
  • 家近
    (藤村)
  • 中村
     
  • 古田
     
  • 佐々木
     
  • 関根
     

4



  •  
  • 有津
     
  • 清水
     
  • 後藤
    (上)
  • 片野坂
     
  • 久堀
    (川村)
19

リベロ:

白石

リベロ:

高橋、足立


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 この試合はスタートから自分たちのミスが多く、ヴォレアス北海道に終始リードされる展開となってしまった。
明日は今リーグ最終戦となるので、今日の3セット目のような粘りのある守備から全員攻撃に繋げ、奈良らしいバレーでチーム全員で勝利を掴みたいと思う。
 本日もご声援ありがとうございました。

<要約レポート>

 現在2位のヴォレアス北海道と、4位の奈良ドリーマーズの対戦。
 第1セット、序盤より北海道はサーブレシーブをセッター辰巳にしっかりと返し、家近・古田のアタック、田城のアタック・ブロックで点数を重ねる。対する奈良も後藤・有津・片野坂がアタックを決め、一進一退の展開となる。終盤、奈良は有津のアタックで点差を広げるが、北海道が古田・佐々木・家近のアタックで追い上げ、最後は関根のブロックで北海道が先取した。
 第2セット、序盤より主導権をつかもうと両チームともに激しく打ち合う展開となる。中盤、主導権をつかんだ北海道は、佐々木のアタック、古田のアタック・ブロックで連続得点すると勢いそのままにこのセットを連取した。
 第3セット、流れをつかみたい奈良は、有津・片野坂・久堀のアタックで点を重ねる。対する北海道は、佐々木の切れの良いアタックや辰巳・田城のブロックが決まり、接戦となる。終盤、奈良は片野坂のブロックで同点とする。互いに一歩も譲らない白熱したアタックの応酬が続くなか、奈良の粘りある守りで、デュースの展開となったこのセットを取り返した。
 第4セット、流れを変えようとセッターを中村に替えた北海道は、佐々木や古田の強弱のあるアタックで奈良を徐々に突き放す。奈良も上・片野坂のアタックで点を重ねるも、北海道は途中交代の倉内がブロックで応戦し、奈良の攻撃を防ぎ勝利した。