試合会場レポート

試合番号102

開催日2019/10/26

V.LEAGUE DIVISION1 MEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : 武田テバオーシャンアリーナ

観客数:2400 開始時間:13:05 終了時間:14:34 試合時間:1:29 主審:村中 伸 副審:原 啓之

ウルフドッグス名古屋

監督 ティリカイネン トミー
コーチ 深津 貴之
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0
0 23 第1セット
【0:26】
25 3
19 第2セット
【0:27】
25
24 第3セット
【0:30】
26
第4セット
【】
第5セット
【】

サントリーサンバーズ

監督 荻野 正二
コーチ 山村 宏太
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 3

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 サントリーにつきましては、勝利おめでとうございます。
 また、多くの方のサポートに感謝します。
 今日の試合は色々なことを学んで、将来に向けて前を向いていきます。
 たくさんの応援、ありがとうございました。

23
  • 内山
     
  • 傳田
    (永露)
  • 高松
    (劉)
  • 白岩
    (椿山)

  •  
  • ガスパリーニ
     

1


  • 星谷
    (秦)
  • 藤中
     
  • ムセルスキー
     
  • 大宅
    (加藤)

  •  
  • 塩田
     
25

リベロ:

古賀(幸)

リベロ:

鶴田

19
  • 傳田
    (山近)
  • 白岩
     
  • 内山
    (椿山)
  • ガスパリーニ
    (永露)
  • 高松
     

  • (劉)

2


  • 星谷
    (小野)
  • 藤中
     
  • ムセルスキー
    (栗山)
  • 大宅
     

  • (秦)
  • 塩田
     
25

リベロ:

古賀(幸)

リベロ:

鶴田

24
  • 高梨
     
  • ガスパリーニ
     

  •  
  • 山近
    (傳田)
  • 内山
     
  • 高松
    (永露)

3


  • 星谷
     
  • 藤中
     
  • ムセルスキー
     
  • 大宅
    (加藤)

  • (喜入)
  • 塩田
     
26

リベロ:

古賀(幸)

リベロ:

鶴田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 開幕戦の難しい試合を勝利することができ、まずは選手の頑張りに感謝します。
 まだまだ課題は残りますが、成長の途中段階なのでリーグファイナルに向け、チームを強化していきます。
 また、WD名古屋のホームゲームで、温かいファンの皆様の声援をいただけたことにも、重ねて感謝します。

<要約レポート>

 ウルフドッグス名古屋とサントリーサンバーズの対戦は幅広く攻撃を組み立て、的を絞らせなかったサントリーが開幕戦を勝利で飾った。
 第1セット、サントリー塩田のブロックで始まったこのセットは、ミドルブロッカー星谷のブロックが要所で決まり、ムセルスキーの高さのあるスパイクもチームを勢いに乗せ、サントリーがこのセットを先取する。WD名古屋は高松や、ガスパリーニにボールを集め、反撃を試みたが、一歩及ばなかった。
 第2セット、サントリーはサーブレシーブが安定している中で季、塩田が積極的に攻撃を仕掛け、崩れてもムセルスキーがしっかり決め、セットを連取する。WD名古屋は劉を投入し流れが変わったかと思われたがサントリーがそれを許さなかった。
 第3セット、WD名古屋はスタートのメンバーを代え、高梨、劉が序盤得点を重ねる。ガスパリ―ニのサービスエースなどで7‐3とリードしたが、サントリー藤中のサーブから連続得点で追いつき、逆転すると終盤までサイドアウトを取り合う形でゲームは進んだ。最後まで一進一退でセットが進んだが、最後は藤中のサービスエースが決まりサントリーがストレートで勝利した。