試合会場レポート

試合番号106

開催日2019/10/27

V.LEAGUE DIVISION1 MEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : 武田テバオーシャンアリーナ

観客数:2150 開始時間:12:00 終了時間:13:20 試合時間:1:20 主審:城 智人 副審:澤 達大

ウルフドッグス名古屋

監督 ティリカイネン トミー
コーチ 深津 貴之
   
通算 1 勝 1 敗
ポイント 3
3 25 第1セット
【0:22】
20 0
25 第2セット
【0:27】
19
25 第3セット
【0:25】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

FC東京

監督 真保 綱一郎
コーチ 吉田 清司
   
通算 0 勝 2 敗
ポイント 0

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 長いプレシーズンの後に開幕があり嬉しかった。
 今日は昨日からの修正ができてよかったが、来週に向けても修正してコートに戻ります。
 応援ありがとうございました。

25
  • 傳田
     
  • 白岩
     
  • 内山
    (永露)
  • ガスパリーニ
     
  • 高松
     

  •  

1


  • プレモビッチ
     
  • 栗山
     
  • 手塚
    (宮原)
  • 迫田
     
  • 小田嶋
     
  • 手原
     
20

リベロ:

古賀(幸)

リベロ:

25
  • 傳田
     
  • 白岩
    (永露)
  • 内山
     
  • ガスパリーニ
     
  • 高松
     

  •  

2


  • 手塚
    (宮原)
  • プレモビッチ
     
  • 小田嶋
     
  • 栗山
     
  • 手原
     
  • 迫田
    (谷口)
19

リベロ:

古賀(幸)

リベロ:

25
  • 傳田
     
  • 白岩
     
  • 内山
     
  • ガスパリーニ
     
  • 高松
     

  •  

3


  • プレモビッチ
     
  • 井上
     
  • 手塚
    (宮原)
  • 迫田
    (谷口)
  • 小田嶋
     
  • 手原
     
19

リベロ:

古賀(幸)

リベロ:


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今日も素晴らしい応援を誠にありがとうございました。
 今週出た課題を、来週末の試合に向けてひとつひとつ克服し、試合ごとにチームとして成長し、勝利を届けるためにチーム一同全力を尽くします。
 今後とも応援の程よろしくお願いします。

<要約レポート>

 ウルフドッグス名古屋とFC東京の対戦は終始集中力を保ち、きっちりとエースが決め切ったWD名古屋がホーム初勝利を挙げた。
 第1セット、WD名古屋はガスパリーニ、高松を中心に得点を重ね、近が大事なところで決め切っているのが印象的だった。FC東京はプレモビッチ、手塚がチームを引っ張るも、サーブミスが痛かった。
 第2セット、FC東京はセッター手原がプレモビッチにボールを集めながらも要所でミドルブロッカーの栗山にトスを上げるなど良い雰囲気で試合を運んでいった。だが、WD名古屋もミドルブロッカー傳田を積極的に使い、中盤で抜け出すとじりじりと点差を広げ、このセットを連取する。
 第3セット、FC東京は第2セット途中から投入された井上のサーブで相手を崩すと、迫田の粘りのレシーブ、手塚、プレモビッチのスパイクで得点を重ねて7-2とリードした。だが、WD名古屋は我慢してFC東京についていき相手のミスにも助けられ逆転に成功した。そのままの勢いで高松のスパイク、近のブロックなどで最後まで押し切った。