試合会場レポート

試合番号121

開催日2019/11/09

V.LEAGUE DIVISION1 MEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : 墨田区総合体育館

観客数:1423 開始時間:16:00 終了時間:17:22 試合時間:1:22 主審:高橋 宏明 副審:森口 豊

サントリーサンバーズ

監督 荻野 正二
コーチ レオナルド カルバリョ
   
通算 3 勝 2 敗
ポイント 9
3 25 第1セット
【0:27】
20 0
25 第2セット
【0:25】
20
25 第3セット
【0:24】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

VC長野トライデンツ

監督 アーマツ マサジェディ
コーチ 宮澤 武吉
   
通算 0 勝 4 敗
ポイント 0

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 今日はスタート良く、選手全員が自分の役割を全うし、リズム良く試合運びができた。
 明日のパナソニックとの戦いに向け、しっかりと準備しチャレンジャーとして戦います。
 本日も応援ありがとうございます 

25

  •  
  • ムセルスキー
     
  • 塩田
    (加藤)
  • 小野
     
  • 大宅
     
  • 藤中
    (秦)

1


  • 池田
     
  • 椿
     
  • 矢貫
    (高澤)
  • 森﨑
     
  • パトリック
     
  • 栗木
     
20

リベロ:

鶴田

リベロ:

山本

25
  • 加藤
     

  •  
  • 大宅
    (松林)
  • ムセルスキー
    (山本)

  •  
  • 小野
    (星谷)

2


  • 矢貫
    (高澤)
  • 池田
     
  • パトリック
     
  • 椿
     
  • 栗木
     
  • 森﨑
     
20

リベロ:

鶴田、喜入

リベロ:

山本

25

  •  
  • ムセルスキー
     
  • 加藤
     
  • 星谷
     
  • 大宅
     
  • 栗山
    (藤中)

3


  • 池田
     
  • 椿
     
  • 矢貫
    (高澤)
  • 森﨑
     
  • パトリック
     
  • 栗木
     
21

リベロ:

鶴田、喜入

リベロ:

山本


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 今日の試合は、いつもの力が出せなかったものの、パフォーマンスはしっかりと出せた。
 しかし、試合するごとにチームは成長しているので、今後の戦いが楽しみです。
 本日も沢山の応援ありがとうございました。
 明日も宜しくお願いします。

<要約レポート>

 連敗は避けたいサントリーサンバーズと、初勝利を手にしたいVC長野トライデンツの対戦。
 第1セット、VC長野は池田のブロックで幸先よく得点をあげるも、身長218cmのムセルスキーの高打点からの角度あるスパイク、圧倒的高さのブロックによりサントリーがリードする。至近距離からのスパイクをレシーブし、粘り強くラリーを続けるVC長野であったが、サントリーがじりじりとリードを広げセットを先取した。
 第2セット、サントリーはこのセットから加藤や秦と、若手メンバー主体でスタートした。高い決定力を保つサントリーのムセルスキーを、VC長野のパトリックがブロックで捕まえる。3ー0とスタートダッシュに成功するも、サントリーは2年目のセッター大宅が上手くトスを散らし、相手のブロックの的を絞らせず、リードを奪い若い力を爆発させる。VC長野・森崎のサービスエースや栗木の技ありなスパイクなど見所もあったが、サントリーは寄せ付けずセットを連取した。
 第3セット、最大4点差にリードを広げてられていたVC長野は、パトリックの攻守にわたる活躍でゲーム中盤に追いつく。パトリックは204cmのオポジットでありながらサーブレシーブもそつなくこなし、ボールを最後まで追う執念もみせた。サントリー荻野監督はセットの中でも積極的にメンバーチェンジを行い最後までVC長野に有意な流れを渡さず勝利した。見事に選手を全て出場させ、チームのモチベーションを切らせない試合運びだった。