試合会場レポート

試合番号123

開催日2019/11/09

V.LEAGUE DIVISION1 MEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : 北九州市立総合体育館

観客数:3816 開始時間:15:10 終了時間:17:01 試合時間:1:51 主審:原 啓之 副審:山本 晋五

JTサンダーズ広島

監督 サトレル ティネ
コーチ 原 秀治
   
通算 4 勝 1 敗
ポイント 12
1 18 第1セット
【0:22】
25 3
25 第2セット
【0:26】
23
23 第3セット
【0:28】
25
23 第4セット
【0:26】
25
第5セット
【】

ジェイテクトSTINGS

監督 高橋 慎治
コーチ 若山 智昭
   
通算 4 勝 0 敗
ポイント 12

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 今シーズン初めての敗北だったが、チームとしての良さも見せることができたと思う。
 相手の強いサーブに苦労しながらも、試合を組み立てることができていた。勝敗を分けたのはわずかな差だった。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

18
  • エドガー
     
  • 小野寺
     
  • 山本
     
  • 武智
    (八子)
  • 安永
    (合田)
  • 深津
     

1


  • 伏見
     
  • 浅野
     
  • 西田
     
  • 小林
     
  • カジースキ
     

  •  
25

リベロ:

唐川

リベロ:

本間

25
  • 山本
     
  • エドガー
     
  • 安永
     
  • 小野寺
     
  • 深津
     
  • 武智
     

2


  • 伏見
    (藤中)
  • 浅野
     
  • 西田
     
  • 小林
    (金丸)
  • カジースキ
     

  •  
23

リベロ:

唐川

リベロ:

本間

23
  • エドガー
     
  • 小野寺
     
  • 山本
     
  • 武智
     
  • 安永
    (合田)
  • 深津
     

3


  • 伏見
    (藤中)
  • 浅野
     
  • 西田
     
  • 小林
    (中根)
  • カジースキ
     

  •  
25

リベロ:

唐川、井上(航)

リベロ:

本間

23
  • 山本
     
  • エドガー
     
  • 安永
    (合田)
  • 小野寺
     
  • 深津
     
  • 武智
     

4


  • 伏見
    (袴谷)
  • 浅野
     
  • 西田
     
  • 中根
    (金丸)
  • カジースキ
     

  •  
25

リベロ:

唐川

リベロ:

本間


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 お互いにとても質の高い内容の試合となりました。
 どちらが勝ってもおかしくない展開でしたが、この接戦を勝ち切ることができたのは、チームにとって成長に繋がると思います。
 明日も良いプレーをお見せできるよう、準備してまいりますので、引き続き応援をお願いします。

<要約レポート>

 首位のJTサンダーズ広島と2位ジェイテクトSTINGSの全勝対決となった一戦。
 小野寺の速攻が決まりJT広島の得点で始まった第1セット。すぐに西田の攻撃と饒の速攻でブレイクを重ねたジェイテクトが一気にリードを広げる展開となり、そのままセットを先取した。
 続く第2セットは、第1セットの勢いのままジェイテクトが序盤一気にリードする。JT広島はエドガーがサービスエースを決めると、その後もエドガーにボールを集めて終盤追いつき、そのまま逆転してセットを奪い返した。
 第3セット、流れを掴んだJT広島は、ジェイテクトのブロックに的を絞らせない攻撃でブレイクを許さず、リードしたまま終盤を迎える。しかし、ジェイテクトは西田のサービスエースで追いつくと、カジースキのサービスエースで一気に逆転し、そのままセットを奪った。
 第4セット、後の無くなったJT広島は、エドガーにボールを集めながら武智と山本の速い攻撃を織り交ぜて応戦し、終盤までもつれた展開となったが、最後は西田とカジースキの攻撃が連続して決まり、ジェイテクトが勝利した。
 両チームの戦力が拮抗した手に汗握る好ゲームであったが、僅かに攻撃力で上回ったジェイテクトが開幕4連勝を飾った。