試合会場レポート

試合番号127

開催日2019/11/10

V.LEAGUE DIVISION1 MEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : 北九州市立総合体育館

観客数:3075 開始時間:15:00 終了時間:17:05 試合時間:2:05 主審:山本 晋五 副審:服部 篤史

JTサンダーズ広島

監督 サトレル ティネ
コーチ 原 秀治
   
通算 5 勝 1 敗
ポイント 15
3 25 第1セット
【0:30】
23 1
27 第2セット
【0:29】
25
21 第3セット
【0:26】
25
25 第4セット
【0:31】
22
第5セット
【】

ウルフドッグス名古屋

監督 ティリカイネン トミー
コーチ 深津 貴之
   
通算 2 勝 3 敗
ポイント 6

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 難しい試合だった。昨日の敗戦から、少なからず精神的なショックはあったと思うが、勝者のメンタリティーを見せ、勝つことができた。
 追いかける展開も多かったが、粘れたことが勝因だ。また、相手の厳しいサーブに対しても、しっかり対応できていたと思う。特に武智選手は60本近くサーブレシーブをしたが、良い働きを見せた。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

25
  • 山本
    (八子)
  • エドガー
     
  • 安永
     
  • 小野寺
     
  • 深津
     
  • 武智
     

1


  • 永露
     
  • 傳田
     
  • 高松
    (小川)
  • 高梨
    (白岩)

  •  
  • ガスパリーニ
     
23

リベロ:

唐川

リベロ:

古賀(幸)

27
  • エドガー
     
  • 小野寺
     
  • 山本
    (八子)
  • 武智
     
  • 安永
    (合田)
  • 深津
     

2


  • 高松
    (小川)
  • 永露
    (内山)

  •  
  • 傳田
    (前田)
  • ガスパリーニ
     
  • 高梨
    (白岩)
25

リベロ:

唐川

リベロ:

古賀(幸)

21
  • 山本
    (八子)
  • エドガー
     
  • 安永
    (合田)
  • 小野寺
     
  • 深津
     
  • 武智
    (久原)

3


  • 高松
    (小川)
  • 内山
     

  •  
  • 傳田
    (前田)
  • ガスパリーニ
     
  • 白岩
     
25

リベロ:

唐川

リベロ:

古賀(幸)

25
  • エドガー
     
  • 小野寺
     
  • 山本
     
  • 武智
     
  • 安永
     
  • 深津
     

4


  • 高松
    (小川)
  • 内山
    (椿山)

  •  
  • 傳田
     
  • ガスパリーニ
    (永露)
  • 白岩
     
22

リベロ:

唐川

リベロ:

古賀(幸)


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 昨日からの良い流れを続けたと思いますが、JTサンダーズ広島の方が重要な得点を取りました。それが私たちとの違いでした。
 サポーターの皆様、北九州まで来ていただきありがとうございました。また来週、もっと強くなって戻って来ますので、これからも熱い応援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 3位JTサンダーズ広島と7位ウルフドッグス名古屋との一戦。
 WD名古屋・高松の得点で幕を開けた第1セット。劉の速攻とブロックでWD名古屋が先行するが、JT広島はエドガーのバックアタックと山本の攻撃で追いつき、その後一進一退の攻防が続く。終盤、エドガーのサービスエースで抜け出したJT広島がそのまま逃げ切ってセットを先取した。
 第2セット、小野寺のサービスエースでJT広島がリードする展開となるが、中盤、劉の強力なサーブと高松のバックアタック、白岩の攻撃でWD名古屋が逆転する。JT広島は小野寺のブロックとエドガーの連続得点で追いつき、山本のサービスエースでリードを奪い返すと、セットを連取した。
 第3セット、後がなくなったWD名古屋は、高松とガスパリーニにボールを集めて得点を重ねる。JT広島のサーブミスも重なり、WD名古屋リードのまま終盤まで進むと、白岩のアタックとサービスエース、高松のアタックでWD名古屋が逃げ切り、セットを奪い返した。
 第4セット、安永の連続ブロックと速攻が決まりJT広島がリードする。WD名古屋も高松、椿山のサイド攻撃と傳田の速攻で終盤追いつくが、山本の攻撃とエドガーのバックアタックで一気にリードを広げたJT広島が、そのまま逃げ切って勝利した。
 両チームとも強力な攻撃と堅固な守備で手に汗握る好ゲームであったが、僅かに攻撃力の上回ったJT広島が勝利して5勝目を飾った。