試合会場レポート

試合番号133

開催日2019/11/17

V.LEAGUE DIVISION1 MEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : 松本市総合体育館

観客数:1770 開始時間:11:30 終了時間:12:58 試合時間:1:28 主審:村中 伸 副審:赤川 孝義

パナソニックパンサーズ

監督 川村 慎二
コーチ 古田 博幸
   
通算 6 勝 1 敗
ポイント 18
3 25 第1セット
【0:27】
20 0
25 第2セット
【0:26】
19
25 第3セット
【0:29】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

堺ブレイザーズ

監督 ゴーダン メイフォース
コーチ 上杉 徹
   
通算 3 勝 5 敗
ポイント 10

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 第1セット、細かいミスが目立ち、なかなかリズムを掴むことができませんでしたが、後半良いプレーが出てセットを取ることができました。
 第3セットはサーブとブロックで押され厳しい戦いになりましたが、最後まで集中力を切らさずに選手たちが戦い抜いてくれました。
 この良い流れを来週にも繋げたいと思います。本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

25
  • 久原
     
  • 清水
    (新)
  • 山内
     
  • 白澤
     
  • 深津
    (大竹)
  • クビアク
     

1


  • 千々木
     
  • トーレス
     
  • 松本
     
  • 出耒田
    (小池)
  • 関田
    (樋口)
  • 高野
     
20

リベロ:

永野、伊賀

リベロ:

山本

25
  • 清水
     
  • 白澤
     
  • 久原
     
  • クビアク
     
  • 山内
     
  • 深津
     

2


  • トーレス
     
  • 松本
     
  • 樋口
     
  • 高野
     
  • 出耒田
    (小池)
  • 関田
    (宮原)
19

リベロ:

永野、伊賀

リベロ:

山本

25
  • クビアク
     
  • 深津
    (大竹)
  • 白澤
     
  • 山内
    (兒玉)
  • 清水
    (新)
  • 久原
     

3


  • 松本
    (山﨑)
  • 高野
     
  • トーレス
    (佐川)
  • 関田
    (千々木)
  • 樋口
     
  • 出耒田
     
21

リベロ:

永野、伊賀

リベロ:

山本


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 王者たる試合を見せたパナソニックを讃えたいと思います。
 我々のチームは、多くのミスを出してしまい、チャンスを逃がしてしまったと思います。相手のブロックがとてもよかったことでリズムを失ってしまいました。
 松本大会の2日間、遠方へ応援に来てくれたサポーターの皆さん、長野県の皆さん、ありがとうございました。

<要約レポート>

 昨日のゲームで一つずつ順位を上げたパナソニックパンサーズと堺ブレイザーズの対戦。
 第1セット、中盤パナソニック清水、白澤、クビアクの3連続ブロックを含む5連続得点で堺を突き放し、25‐20でセットを先取した。
 第2セット、序盤から一進一退の攻防が続いたが、終盤パナソニックのクビアク、白澤のスパイクや清水のブロックが決まり、パナソニックが25‐19でセットを連取した。
 第3セット、後がなくなった堺は関田のトスワークが冴え、トーレス、松本のスパイクが決まり16‐13とリードした。しかし、中盤からパナソニックは久原のスパイクで逆転し、最後はクビアクのブロックアウトで、粘る堺を25‐21で退けた。
 地力に勝るパナソニックがストレート勝ちを収めた。