試合会場レポート

試合番号151

開催日2019/12/01

V.LEAGUE DIVISION1 MEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : 小牧市スポーツ公園総合体育館

観客数:2300 開始時間:12:00 終了時間:13:35 試合時間:1:35 主審:中山 健 副審:村中 伸

ウルフドッグス名古屋

監督 ティリカイネン トミー
コーチ 深津 貴之
   
通算 5 勝 6 敗
ポイント 15
0 23 第1セット
【0:28】
25 3
16 第2セット
【0:27】
25
27 第3セット
【0:34】
29
第4セット
【】
第5セット
【】

サントリーサンバーズ

監督 荻野 正二
コーチ レオナルド カルバリョ
   
通算 8 勝 3 敗
ポイント 24

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 サントリーサンバーズにおめでとうと言いたい。試合の最後は相手と互角に戦えたが、今週末2試合の結果は自分たちの力だと理解しないといけない。来週体育館に戻って、改善できる所は改善して次の試合に臨めるよう、現在のレベルを把握して成長していきます。
 応援ありがとうございました。

23
  • 高梨
    (白岩)
  • ガスパリーニ
     

  •  
  • 傳田
     
  • 永露
    (内山)
  • 高松
    (小川)

1



  •  
  • ムセルスキー
     
  • 塩田
     
  • 小野
    (山本)
  • 大宅
    (秦)
  • 藤中
     
25

リベロ:

古賀(幸)

リベロ:

鶴田

16
  • 高梨
    (白岩)
  • ガスパリーニ
     

  •  
  • 傳田
     
  • 内山
     
  • 高松
    (山田)

2



  • (秦)
  • ムセルスキー
    (栗山)
  • 塩田
     
  • 小野
     
  • 大宅
    (山本)
  • 藤中
     
25

リベロ:

古賀(幸)

リベロ:

鶴田、喜入

27
  • 高松
    (ガスパリーニ)
  • 椿山
     
  • 傳田
     
  • 山近
     
  • 永露
     
  • 高梨
    (劉)

3


  • 藤中
     
  • 大宅
    (星谷)
  • 小野
    (加藤)
  • 塩田
    (山本)
  • ムセルスキー
     

  •  
29

リベロ:

古賀(幸)

リベロ:

鶴田、喜入


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 昨日の敗戦から選手はしっかりと切り替えてプレイをしてくれた。相手の粘りに苦しんだが、チーム全員で最後まで一生懸命プレイした結果だったと思います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 ホームゲームで勝利をあげたい5位ウルフドッグス名古屋と首位を狙う4位サントリーサンバーズの一戦はサントリーが勝利した。
 第1セット、サントリーは序盤にムセルスキーのスパイクとブロックによる3連続得点で試合を優位に進める。WD名古屋は中盤で途中交代した内山のトスワークと小川のレシーブがチームを鼓舞し勢いづけたが、17-17の場面でサントリーリベロの鶴田がコート外のボールを必死に追いかけ攻撃へ繋ぎ、それに応えるようにムセルスキーが豪快な一発を決めサントリーも負けじとくらいつく。試合が動いたのは21-22、ムセルスキーがサーブとスパイクで連続得点を奪い、このセットをものにした。
 第2セット、サントリー藤中がブロック2本、スパイク1本を連続で決め6-2と序盤からWD名古屋を引き離す。サントリーは4連続得点の場面が2回あり、WD名古屋との点差を更に引き離した。WD名古屋もリベロ古賀の粘りのレシーブと山田のスパイクでくらいつき、メンバーチェンジで流れを変えようと試みるがサントリーはブロックアウトで得点を積み重ね、セット連取する。
 第3セット、序盤は打ち合いが続く。WD名古屋は14-19から椿山のダイナミックなサーブとスパイクで17-19、高梨が緩急をつけた攻撃を仕掛け要所で確実に得点を重ねて最大5点差あった点差をつめ、23-22でサントリーを追い抜いた。23-23からはサーブの打ち合いとなるが、27-28で途中交代したサントリー山本がピンチサーバーとして相手を崩しサントリーがこのセットを勝ち取った。WD名古屋は随所で光るプレーもあったがホームゲームで勝利をあげることができなかった。両チームとも気迫のあるプレーで、会場が沸く白熱の試合だった。