ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号155

開催日2019/12/07

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 和歌山ビッグホエール

観客数:3858 開始時刻:13:05 終了時刻:15:34 試合時間:2:29 主審:澤 達大 副審:浅井 唯由

堺ブレイザーズ

監督 ゴーダン メイフォース
コーチ 上杉 徹
   
通算 4 勝 8 敗
ポイント 14
1 25 第1セット
【0:29】
27 3
22 第2セット
【0:29】
25
25 第3セット
【0:28】
23
31 第4セット
【0:44】
33
第5セット
【】

サントリーサンバーズ

監督 荻野 正二
コーチ レオナルド カルバリョ
   
通算 9 勝 3 敗
ポイント 27

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 今日の試合は1点の重さが勝敗を分けてしまった。チャンスはあったし、良いゲームができていたが、応援してくれたファンの期待に応えられず残念でした。
 前を向いて、次の試合に向けて頑張りたい。

25
  • 関田
    (宮原)
  • 出耒田
    (小池)
  • 樋口
     
  • 千々木
     
  • 松本
    (山口)
  • トーレス
     

1


  • 塩田
     

  •  
  • 大宅
    (秦)
  • ムセルスキー
     
  • 藤中(謙)
     
  • 小野
    (佐藤)
27

リベロ:

山本

リベロ:

鶴田、喜入

22
  • 関田
    (宮原)
  • 松本
    (竹元)
  • 樋口
     
  • 千々木
     
  • 出耒田
    (小池)
  • トーレス
     

2


  • 大宅
    (松林)
  • 塩田
     
  • 藤中(謙)
     

  •  
  • 小野
    (佐藤)
  • ムセルスキー
    (山本)
25

リベロ:

山本

リベロ:

鶴田、喜入

25
  • トーレス
     
  • 出耒田
    (小池)
  • 千々木
     
  • 樋口
     
  • 竹元
    (佐川)
  • 関田
     

3


  • 大宅
    (星谷)
  • 塩田
     
  • 藤中(謙)
     

  • (山本)
  • 小野
     
  • ムセルスキー
     
23

リベロ:

山本

リベロ:

鶴田、喜入

31
  • トーレス
     
  • 出耒田
    (小池)
  • 千々木
     
  • 樋口
     
  • 竹元
    (佐川)
  • 関田
    (松本)

4


  • 藤中(謙)
     
  • 大宅
    (秦)
  • 小野
    (山本)
  • 塩田
    (星谷)
  • ムセルスキー
     

  •  
33

リベロ:

山本

リベロ:

鶴田、喜入


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 粘りある堺ブレイザーズのプレーに苦戦を強いられたが、第4セットの競った場面で選手はよく耐え、自分達のペースによく持ち込んでくれた。
 今日の粘りある勝利を来週につなげていきたいと思います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 ホームゲームで前回の雪辱を晴らしたい堺ブレイザーズとサントリーサンバーズの一戦。
 第1セット、立ち上がりからサントリーが3連続ブロックでリードを広げるが、サーブミスが多く流れに乗り切れず、一進一退の攻防が終盤まで続いた。サントリーは小野のクイックで22-20と突き放すが堺も出耒田、トーレスの踏ん張りでデュースに持ち込む。最後はサントリーが藤中、李の連続得点で第1セット先取した。
 第2セット、堺はサーブレシーブが乱れ、サントリーが終始リードしてセットカウント2-0とした。
 後がなくなった堺は、第3セット、トーレス、樋口がポイントを重ね終始リードを保つ。サントリーも後半に追いつく粘りを見せたが、トーレスがサーブ、スパイクで3得点して堺が第3セットを取った。
 続く第4セットも、勢いに乗る堺は、出耒田のクイックや樋口のサービスエースも出て24-22とセットポイントを取る。このとき、誰もがフルセットを予想したが、ここから予想を超える大接戦となる。粘るサントリーは、ムセルスキーのスパイク、星谷のサービスエースでデュースとなる。堺は出耒田、竹元、トーレスらが、サントリーもムセルスキー、藤中、李らがスパイクを決め、互いに全く譲らない攻防は31-31まで続いた。そして、サントリーの大宅、小野がついにブロックでトーレスのスパイクをとらえて、手に汗握る大接戦は、33-31でサントリーの勝利で幕を閉じた。