試合会場レポート

試合番号157

開催日2019/12/07

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場

観客数:1800 開始時間:16:50 終了時間:18:45 試合時間:1:55 主審:江下 毅 副審:冨田 博一

東レアローズ

監督 篠田 歩
コーチ 阿部 裕太
   
通算 5 勝 7 敗
ポイント 15
3 25 第1セット
【0:26】
22 1
25 第2セット
【0:25】
21
20 第3セット
【0:28】
25
25 第4セット
【0:27】
18
第5セット
【】

ウルフドッグス名古屋

監督 ティリカイネン トミー
コーチ 深津 貴之
   
通算 5 勝 7 敗
ポイント 15

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 今日の試合は今後上位を目指すには絶対負けられないと、チーム全体で確認をして臨んだ試合だった。
 第1、第2セットは上手く回っていたが、第3セットは相手の軟攻を拾えずバタバタしてしまった。明日以降しっかり修正していかなくてはいけない。
 明日は首位のパナソニックとの対戦なので、思いっきりぶつかっていきたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

25
  • ルジェ
     
  • 富松
    (鈴木)
  • 戸嵜
    (富田)
  • 星野
     

  •  
  • 藤井
     

1


  • 高梨
     
  • 永露
    (ガスパリーニ)
  • 傳田
     

  •  
  • 椿山
    (内山)
  • 高松
     
22

リベロ:

井手

リベロ:

小川

25
  • ルジェ
     
  • 富松
    (鈴木)
  • 戸嵜
    (富田)
  • 星野
    (峯村)

  •  
  • 藤井
     

2


  • 高梨
    (白岩)
  • 永露
    (内山)
  • 傳田
     

  •  
  • 椿山
    (ガスパリーニ)
  • 高松
     
21

リベロ:

井手

リベロ:

小川

20
  • 戸嵜
    (鈴木)
  • ルジェ
     

  •  
  • 富松
    (峯村)
  • 藤井
     
  • 星野
     

3


  • 高松
     
  • 内山
     
  • 山近
     
  • 傳田
    (永露)
  • ガスパリーニ
    (椿山)
  • 白岩
     
25

リベロ:

井手

リベロ:

小川

25
  • ルジェ
    (落合)
  • 富松
     
  • 戸嵜
    (富田)
  • 星野
    (峯村)

  •  
  • 藤井
     

4


  • 高松
     
  • 内山
     
  • 山近
    (永露)
  • 傳田
    (ガスパリーニ)
  • 椿山
     
  • 白岩
     
18

リベロ:

井手

リベロ:

小川


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 応援ありがとうございました。
 東レアローズにはおめでとうと言いたいです。我々より良いバレーボールをしていました。
 誰も負けることは好きではないですが、敗戦から学ぶことがたくさんあります。
 またお会いできることを楽しみにしています。

<要約レポート>

 勝って上位を狙いたいウルフドッグス名古屋と東レアローズの一戦。
 第1セット、東レはルジェ、戸嵜、李のアタックで得点を重ね、中盤まで終始リードする。WD名古屋は高梨のサービスエースと高松、椿山、傳田のアタックでジリジリと点差を詰める。終盤、WD名古屋は椿山、高梨のアタックで22‐24と東レを追い詰めるも、最後は東レ戸嵜のアタックで25‐22としセットを先取した。
 第2セット、序盤から互いに一歩も譲らない打ち合いが続く。中盤、WD名古屋は高松、高梨のアタック、白岩のアタック、ブロックで点を重ねる。東レも戸嵜、ルジェのアタックで点を重ね、一進一退の攻防が続く。終盤、東レは戸嵜のアタック、富松のブロックで連続得点をあげ、拮抗していた試合が動きセットを連取した。
 第3セット、後がないWD名古屋はセッターの内山が高松、椿山、白岩を巧みに使い得点を重ねる。一方の東レも戸嵜のサービスエース、ルジェ、李のアタックで応戦する。しかし、勢いに乗ったWD名古屋は高松が自らの好レシーブからアタックを決め、最後は椿山がライン際のアタックを決めこのセットを取り返した。
 第4セット、前のセットの勢いで連取したいWD名古屋は、椿山、高松のアタックと傳田のブロックで点を重ねる。東レも富松、ルジェ、戸嵜のアタックで点を取り合う展開が続く。中盤、東レは李、ルジェのアタックや富松のブロックで徐々にリードすると、最後は初出場の富田のアタックが決まり勝利した。