試合会場レポート

試合番号176

開催日2019/12/21

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 武田テバオーシャンアリーナ

観客数:1500 開始時間:13:00 終了時間:14:32 試合時間:1:32 主審:浅井 唯由 副審:村中 伸

ウルフドッグス名古屋

監督 ティリカイネン トミー
コーチ 深津 貴之
   
通算 6 勝 9 敗
ポイント 19
3 25 第1セット
【0:27】
22 0
25 第2セット
【0:30】
23
25 第3セット
【0:24】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

VC長野トライデンツ

監督 アーマツ マサジェディ
コーチ 宮澤 武吉
   
通算 2 勝 13 敗
ポイント 6

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 応援、ありがとうございました。
 まだまだ我々の挑戦は続きます。良い形で2020年を迎えられるよう、明日に向けて良い準備をしたいと思います。
 本日は足を運んでいただき、ありがとうございました。

25
  • 高松
    (白岩)
  • ガスパリーニ
    (内山)

  •  
  • 傳田
     
  • 永露
    (椿山)
  • 高梨
     

1


  • 森﨑
     
  • 池田
    (高澤)
  • パトリック
     
  • 椿
     
  • 栗木
     
  • 矢貫
     
22

リベロ:

古賀(幸)、小川

リベロ:

山本

25

  •  
  • 高梨
     
  • 内山
     
  • 椿山
     
  • 高松
    (白岩)
  • 傳田
     

2


  • 池田
    (高澤)
  • 椿
     
  • 森﨑
     
  • 矢貫
     
  • パトリック
     
  • 笠利
     
23

リベロ:

古賀(幸)、小川

リベロ:

山本

25
  • 高梨
     
  • 椿山
     

  •  
  • 傳田
     
  • 内山
    (前田)
  • 高松
    (白岩)

3


  • 池田
    (高澤)
  • 椿
     
  • 森﨑
     
  • 矢貫
     
  • パトリック
     
  • 笠利
     
21

リベロ:

古賀(幸)、小川

リベロ:

山本


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 大事な場面で細かいミスが出てしまいました。0-3という結果は非常に悔しいですが、明日は年内最後の試合なので修正をし、この気持ちをぶつけたいと思います。
 遠いところから来てくださったファンのためにも、良い試合をしていきたいです。

<要約レポート>

 現在6位のウルフドッグス名古屋が10位VC長野トライデンツをホームに迎えての一戦。どちらのチームも相手の強打を粘り強く繋ぐ場面がみられ、会場が沸いた試合は、ストレートでWD名古屋が勝利した。
 第1セット、序盤WD名古屋はガスパリーニ、劉、高松が連続でアタックを決める。その後も、高松がサーブで攻め、3連続ポイントでテクニカルタイムアウトに入る。対するVC長野はパトリックにトスを集めて得点を重ねる。WD名古屋は16-15の場面で椿山を投入。椿山は交代後すぐにライトから力強いアタックを決め、流れを引き寄せた。最後は高梨のアタックが決まり、WD名古屋が先取した。
 第2セット、序盤にVC長野の池田や笠利のアタックがコートに刺さる場面が幾度となく見られたが、WD名古屋は10-10から傳田のサーブ時に6連続得点を叩き出し抜け出した。終盤、追いつきたいVC長野は、森崎、矢貫のクイックで攻め、粘ったもののWD名古屋がこのセットも連取した。このセット、WD名古屋の傳田は、3本のブロック、1本のサービスエースを奪うなど活躍が光った。
 第3セット、後の無いVC長野は中盤、池田がアタック・ブロックで5得点の活躍。VC長野が優位に試合を進めるが、ここからという場面で得点が奪えず苦しんだ。終盤はWD名古屋が高梨、傳田、椿山のアタックで得点を重ね試合を締めくくった。