試合会場レポート

試合番号191

開催日2020/01/18

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : ディアドラアリーナ

観客数:2100 開始時間:14:00 終了時間:16:05 試合時間:2:05 主審:小野 将人 副審:中山 健

ウルフドッグス名古屋

監督 ティリカイネン トミー
コーチ 深津 貴之
   
通算 7 勝 12 敗
ポイント 22
1 25 第1セット
【0:28】
21 3
18 第2セット
【0:27】
25
20 第3セット
【0:29】
25
24 第4セット
【0:32】
26
第5セット
【】

サントリーサンバーズ

監督 荻野 正二
コーチ レオナルド カルバリョ
   
通算 14 勝 5 敗
ポイント 43

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 まずは我々のホームゲームに来ていただいた皆さんに感謝申し上げます。
 今日は非常にタフな試合でした。この様な状況下でチームの力を成長させなければなりません。来週に向けてやるべき事はわかっているので、しっかりとした準備をしていきます。
 これからもウルフドッグス名古屋の応援をよろしくお願いします。

25
  • 傳田
    (ガスパリーニ)
  • 白岩
    (永露)
  • 前田
     
  • 椿山
     
  • 高梨
     

  •  

1


  • 塩田
    (西田)

  • (季)
  • 大宅
     
  • ムセルスキー
     
  • 藤中
     
  • 小野
    (佐藤)
21

リベロ:

小川

リベロ:

鶴田

18
  • 前田
     
  • 傳田
     
  • 高梨
     
  • 白岩
    (ガスパリーニ)

  •  
  • 椿山
     

2



  •  
  • ムセルスキー
     
  • 塩田
    (星谷)
  • 小野
     
  • 大宅
    (秦)
  • 藤中
     
25

リベロ:

小川

リベロ:

鶴田

20

  •  
  • 高梨
     
  • 椿山
    (内山)
  • 前田
    (ガスパリーニ)
  • 白岩
    (山田)
  • 傳田
     

3


  • 藤中
     
  • 大宅
    (栗山)
  • 星谷
     
  • 小野
    (佐藤)
  • ムセルスキー
     

  •  
25

リベロ:

小川

リベロ:

鶴田

24
  • 前田
     
  • 傳田
    (劉)
  • 高梨
     
  • 白岩
    (椿山)

  •  
  • 山田
    (ガスパリーニ)

4


  • 大宅
    (秦)
  • 小野
    (佐藤)
  • 藤中
    (西田)

  •  
  • 星谷
     
  • ムセルスキー
     
26

リベロ:

小川

リベロ:

鶴田、喜入


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 3レグスタートのゲームで、自チームの良さが出ず相手の勢いで1セット目を失ったが、2セット目以降はサーブに集中し、自チームのコンビ精度も上がった。相手のコンビ、粘りのあるプレーは本当に素晴らしいと思う。来週に向けてしっかりと準備したいと思います。
 本日応援ありがとうございました。本年もよろしくお願いします。

<要約レポート>

 サントリーサンバーズがウルフドックス名古屋を抑え、今季の対戦成績を3勝0敗とし強さを見せた。
 第1セット、WD名古屋は、現在得点ランキング1位のムセルスキーのスパイクに対し、ブロックタッチをとるなど粘り強い守備を見せた。さらに、椿山、高梨が両サイドから攻撃を決め、16-10とサントリーを引き離し、そのままの流れでこのセットを先取した。
 第2セット、序盤は両チームが得点を奪い合う接戦であったが、サントリー・鶴田が粘り強くボールをつなぎ、ムセルスキーが連続でバックアタックを決め、12-9と点差をつけ流れに乗った。さらに終盤には5連続ブレイクを取り、サントリーがこのセットを取り返した。
 第3セット、中盤に小野のブロックでWD名古屋の攻撃を封じ、ムセルスキーの強烈なスパイクでサントリーが点差を広げた。さらに終盤、リリーフサーバーとしてコートに立った佐藤がWD名古屋のレシーブを崩し、星谷、藤中がブロックを決め、4連続得点を奪うなど、このセットを連取した。
 第4セット、序盤から山田のスパイクで9-6とリードしていたWD名古屋であったが、大宅のサービスエースでサントリーが逆転する。その後接戦が続くが、このセットもサントリー・佐藤がリリーフサーバーとしてサービスエースを決め、WD名古屋のレシーブを翻弄し、点差を広げた。苦しい状況のWD名古屋は、メンバーチェンジでコートに立った劉が、クイックやブロックで得点を決めるなど同点に追いつく。その後、デュースにもつれこんだが、大宅のブロックでサントリーがゲームを制した。