試合会場レポート

試合番号212

開催日2020/02/01

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 小牧市スポーツ公園総合体育館

観客数:2700 開始時間:13:00 終了時間:15:06 試合時間:2:06 主審:浅井 唯由 副審:村中 伸

ウルフドッグス名古屋

監督 ティリカイネン トミー
コーチ 深津 貴之
   
通算 8 勝 14 敗
ポイント 26
1 25 第1セット
【0:27】
20 3
16 第2セット
【0:25】
25
22 第3セット
【0:29】
25
21 第4セット
【0:29】
25
第5セット
【】

JTサンダーズ広島

監督 サトレル ティネ
コーチ 原 秀治
   
通算 19 勝 4 敗
ポイント 56

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 今日も厳しい闘いでした。日に日に選手たちは成長していると思う。
 明日の試合はパナソニック戦。相手は非常に強いチーム。より高い集中力が必要だと思うし、これからは何をすべきか、どのように実現させるのか、しっかりと準備したい。
 本日も応援、ありがとうございました。これからも応援してもらえるように努力しますので、共に闘いましょう。我々のファンの方々は、とても熱く応援してくださいます。とても大好きです。感謝しています。

25
  • ガスパリーニ
     
  • 傳田
     
  • 高梨
     
  • 高松
    (古賀(幸))

  •  
  • 前田
     

1



  • (武智)
  • 深津
     
  • 小野寺
     
  • 中島
    (久原)
  • エドガー
     
  • 山本
     
20

リベロ:

小川

リベロ:

唐川、井上(航)

16
  • ガスパリーニ
     
  • 傳田
     
  • 高梨
     
  • 高松
    (古賀(幸))

  •  
  • 前田
     

2


  • 深津
     
  • 中島
    (久原)

  •  
  • 山本
     
  • 小野寺
     
  • エドガー
     
25

リベロ:

小川

リベロ:

唐川、井上(航)

22
  • ガスパリーニ
     
  • 傳田
    (永露)
  • 高梨
     
  • 高松
    (山田)

  •  
  • 前田
     

3



  •  
  • 深津
    (八子)
  • 小野寺
     
  • 中島
     
  • エドガー
     
  • 山本
     
25

リベロ:

小川

リベロ:

唐川、井上(航)

21
  • ガスパリーニ
    (椿山)
  • 傳田
    (永露)
  • 山田
     
  • 高梨
    (白岩)

  • (近)
  • 前田
     

4



  • (武智)
  • 深津
     
  • 小野寺
     
  • 中島
    (筧本)
  • エドガー
     
  • 山本
     
25

リベロ:

小川

リベロ:

唐川、井上(航)


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 第1セットは、サーブ・ブロックが機能せずリズムを掴む事が出来ず、セットを失ってしまったが、第2セット以降は、修正することが出来、試合をコントロールすることができた事が勝因だ。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

<要約レポート>

 5連勝中のJTサンダーズ広島をホームに迎えたウルフドッグス名古屋の一戦は、JT広島が勝利を飾った。
 第1セット、一点を競り合う展開が中盤まで続くが、WD名古屋はガスパリーニが得点を重ね徐々に点差を広げる。一方、JT広島は小野寺とエドガーが得点をあげるも、大事な場面でミスが出て追いつくことは出来ずセットを落とした。
 第2セット、JT広島はエドガー、山本のアタックやブロックで5連続得点し9-2とリードする。WD名古屋は、前田がアウトサイドヒッター、ミドルブロッカーを使い分け得点し、さらに劉のブロックやアタックで流れをつかもうと奮闘する。しかし、JT広島は深津の速いトスを山本、陳がしっかり決め、WD名古屋を寄せつけずセットを奪い返した。
 第3セットは、WD名古屋は傳田が速攻を決めると、JT広島は小野寺が速攻を決め反撃。その後、両者譲らず終盤までもつれこむが、JT広島のエドガーがアタック10本、ブロック1本決める活躍をしセットを連取した。
 第4セット、JT広島は、小野寺が5本のアタックを決めるなど、深津がミドルブロッカーを積極的に使い、リードを保って勝利した。WD名古屋は椿山がアタックで10得点をあげ、食い下がるも逆転出来なかった。