試合会場レポート

試合番号349

開催日2019/11/10

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   レギュラーラウンド スターカンファレンス

会場 : サンエイワーク住吉スポーツセンター

観客数:824 開始時間:12:00 終了時間:13:57 試合時間:1:57 主審:城 智人 副審:中山 健

JTマーヴェラス

〔スターカンファレンス〕
監督 吉原 知子
コーチ 丹山 禎昭
   
通算 7 勝 2 敗
ポイント 19
3 25 第1セット
【0:24】
14 1
22 第2セット
【0:30】
25
25 第3セット
【0:28】
18
25 第4セット
【0:26】
18
第5セット
【】

トヨタ車体クインシーズ

〔スターカンファレンス〕
監督 印東 玄弥
コーチ 木村 泰輔
   
通算 7 勝 1 敗
ポイント 19

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 JTマーヴェラスホームゲーム2日目、対戦相手はここまで全勝のトヨタ車体との試合。トヨタ車体のオフェンスを機能させない為に、サーブとブロックの確認をして臨みました。
 サーブで相手を崩し、自分達のブロックとディフェンスで、決定率を下げる事で試合を有利に進める事ができました。
 試合を重ねるごとにチームが成長し、良い時もそうでない時も心で繋がるバレーボールを、応援して下さる皆様と戦っていきます。
 2日間、ホームゲームでのご声援ありがとうございました。

25
  • ヒックマン
    (林)
  • ドルーズ
    (柴田)
  • 芥川
     
  • 小川
     
  • 籾井
    (橘井)
  • 田中
     

1


  • 鴫原
     
  • 山上
     
  • 荒木
     
  • 渡邊
     
  • ネリマン
     
  • 内瀬戸
     
14

リベロ:

小幡

リベロ:

榊原

22

  •  
  • ドルーズ
    (柴田)
  • 芥川
    (目黒)
  • 小川
     
  • 籾井
    (橘井)
  • 田中
     

2


  • 山上
     
  • 渡邊
     
  • 藪田
     
  • 内瀬戸
    (高橋)
  • 荒木
     
  • ネリマン
     
25

リベロ:

小幡

リベロ:

榊原

25
  • 芥川
    (目黒)

  •  
  • 籾井
    (橘井)
  • ドルーズ
    (柴田)
  • 田中
     
  • 小川
     

3


  • 藪田
     
  • 山上
     
  • 荒木
     
  • 渡邊
    (志智)
  • ネリマン
     
  • 高橋
    (内瀬戸)
18

リベロ:

小幡

リベロ:

榊原

25
  • 芥川
    (目黒)

  •  
  • 籾井
    (橘井)
  • ドルーズ
    (柴田)
  • 田中
     
  • 小川
     

4


  • 荒木
     
  • 藪田
     
  • ネリマン
     
  • 山上
     
  • 内瀬戸
    (金本)
  • 渡邊
     
18

リベロ:

小幡

リベロ:

榊原


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 まずはホームゲームで素晴らしい内容で2連勝を飾ったJTマーヴェラスに、おめでとうを申し上げます。
 JTとの試合はいつもタフな展開になることが多く、今回も厳しい状況が何度も訪れました。
 その度に全員で立ち向かおうと目を合わせました。さらに強くなる為の糧とし、成長したクインシーズをお見せ出来るよう、また1週間気持ちを新たに頑張りたいと思います。
 いつも応援して下さるファンの方々の声援がいつも力になっております。来週は豊田でのホームゲームです。皆様に楽しんで頂けるようなイベントも準備しておりますので、是非会場までいらして下さい。

<要約レポート>

 スターカンファレンス上位2チームの直接対決となったトヨタ車体クインシーズとJTマーヴェラスの一戦。
 第1セット、トヨタ車体は序盤からネリマンのパワーあふれるスパイクで波に乗り得点を重ね、トヨタ車体のペースでゲームが進むも、JTは途中出場の林、橘井が、期待に応える活躍を見せ、大差をつけて第1セットを奪った。
 第2セットは、トヨタ車体のセッター山上の見事なトスワークでJTのブロッカーの的を絞らせない。そのままトヨタ車体のペースで試合は進み、このセットを奪い返した。
 セットカウント1-1で迎えた第3セット、JTは田中(瑞)、林の活躍で再び流れを引き戻すと、その勢いは止まらず第4セットも連取した。JTはホームゲーム2連勝で、1位のトヨタ車体とのポイント差を1とした。