試合会場レポート

試合番号357

開催日2019/11/17

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   レギュラーラウンド プレミアカンファレンス

会場 : 日立市市民運動公園総合体育館

観客数:954 開始時間:12:05 終了時間:13:24 試合時間:1:19 主審:明井 寿枝 副審:増岡 三佳子

デンソーエアリービーズ

〔プレミアカンファレンス〕
監督 川北 元
コーチ ゴンザレス アンドレ・クリストファー
   
通算 8 勝 0 敗
ポイント 24
3 25 第1セット
【0:25】
16 0
25 第2セット
【0:24】
17
25 第3セット
【0:24】
16
第4セット
【】
第5セット
【】

NECレッドロケッツ

〔プレミアカンファレンス〕
監督 金子 隆行
コーチ 高橋 悠
   
通算 5 勝 3 敗
ポイント 15

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 今日もたくさんの方々にご来場いただき深く感謝します。ありがとうございました。
 お互いにサーブの攻め合いの展開になりました。その中でもデンソーらしい粘りを出せました。
 終盤はディフェンスからオフェンスに上手く持っていくことができました。
 来週からは交流戦が始まります。先を見すぎずに一戦必勝で戦っていきます。

25
  • 田代
     
  • シニアード
     
  • 中元
     
  • 鍋谷
     
  • 森谷
     
  • 工藤
     

1


  • 山田
     
  • 古賀
     
  • 山内
    (塚田)
  • 澤田
    (曽我)
  • トムシャ
     
  • 上野
     
16

リベロ:

井上

リベロ:

小島

25
  • 田代
     
  • シニアード
     
  • 中元
     
  • 鍋谷
     
  • 森谷
     
  • 工藤
    (ジャン)

2


  • 山田
     
  • 古賀
     
  • 山内
     
  • 澤田
     
  • トムシャ
    (柳田)
  • 上野
     
17

リベロ:

井上

リベロ:

小島

25
  • 田代
    (東谷)
  • シニアード
     
  • 中元
    (兵頭)
  • 鍋谷
     
  • 森谷
     
  • 工藤
    (田原)

3


  • 山田
     
  • 古賀
     
  • 山内
    (曽我)
  • 澤田
    (塚田)
  • 柳田
     
  • 上野
     
16

リベロ:

井上

リベロ:

小島


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 相手が開幕から連勝していることもあり、自分達から色々なことを仕掛けていきました。
 試合全体を通して、デンソーの方が実力があったと感じます。
 来週からの交流戦に向けて、チームとして何を強化し、勝ちにつなげるかをしっかり話し合い、準備していきたいです。
 2日間たくさんの応援ありがとうございました。
 来週はホームでの交流戦ということで、ホームの力を借りて2連勝を狙いにいきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

<要約レポート>

 第1セット序盤、デンソーエアリービーズは鍋谷、森谷のアタックが効果的に決まり、11‐6とリードする。 NECレッドロケッツも古賀、山田のアタックで追いすがるが、サーブやアタックにミスが続き点差を縮めることができない。NECはメンバーチェンジでも流れは変えられず、デンソーがセットを先取した。
 第2セット序盤、NECはミスの少ない粘り強いプレーから、長いラリーを次々と制し4点のリードを奪ったが、デンソーは田代、中元のサービスエース、工藤、シニアードの強烈なアタックなどで追いつく。流れを掴めないNECはサーブレシーブが乱れ始める。その隙を見逃さず、デンソーが次々とアタックを決めてリードを広げる。NECは古賀のアタックで追いすがるが、点差は縮まらずデンソーがセットを連取した。
 第3セット、勢いに乗るデンソーが序盤からリードを広げる。NECはセッターを代えて流れを変えようとする。この交代が功を奏しNECは点差を縮めるが、デンソーは田代の多彩なトス回しからアタッカーが万遍なく得点をあげてリードを守る。攻守にわたって高い集中力を見せたデンソーが勝利を収めた。