ssh websocket sshaxor ssh ssh premium ssh sshaxor sshaxor vmess ssh ws create ssh server ssh ssh server ssh gratis Rest Api

試合会場レポート

試合番号373

開催日2019/11/30

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   レギュラーラウンド 交流戦

会場 : 五所川原市民体育館

観客数:1300 開始時刻:12:02 終了時刻:13:24 試合時間:1:22 主審:浅井 唯由 副審:高橋 宏明

東レアローズ

〔スターカンファレンス〕
監督 菅野 幸一郎
コーチ 越谷 章
   
通算 8 勝 4 敗
ポイント 24
0 27 第1セット
【0:30】
29 3
10 第2セット
【0:21】
25
15 第3セット
【0:25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

日立リヴァーレ

〔プレミアカンファレンス〕
監督 多治見 麻子
コーチ 達川 和彦
   
通算 4 勝 9 敗
ポイント 14

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 第1セットは何とかサイドアウトを取りながらリードして終盤へと持ち込むことができましたが、最後の大事な1点を取れないことが最近の課題です。
 第2セット、第3セットもミスの多い試合をしてしまい、寒い中会場まで来ていただいた観客の方々に情けない試合を見せてしまいました。
 しっかり気持ちを切り替え明日の試合に臨みます。本日も温かいご声援をいただき、誠にありがとうございました。

27
  • 井上
    (中島)
  • クラン
     
  • 黒後
     

  •  
  • 石川
    (野呂)
  • 小川
    (大野)

1


  • 長内
     
  • 佐藤
     
  • 入澤
     
  • タップ
    (土井)
  • 窪田
    (オクム大庭)
  • 上坂
    (堀井)
29

リベロ:

水杉

リベロ:

齋藤、小池

10
  • 大野
     
  • クラン
    (野呂)
  • 黒後
    (堀川)

  • (白井)
  • 石川
     
  • 小川
    (井上)

2


  • 入澤
     
  • 長内
     
  • 窪田
     
  • 佐藤
     
  • 上坂
     
  • タップ
     
25

リベロ:

水杉

リベロ:

齋藤

15
  • 大野
    (中島)
  • クラン
     
  • 黒後
     

  •  
  • 石川
    (野呂)
  • 井上
     

3


  • 長内
     
  • 佐藤
     
  • 入澤
     
  • タップ
    (土井)
  • 窪田
     
  • 上坂
    (堀井)
25

リベロ:

水杉

リベロ:

齋藤


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日は寒い中、会場まで足を運んでいただきありがとうございます。
 連敗が続いていた中、今日このような形で勝利できたことをとても嬉しく思います。
 序盤から自分たちの流れをつかみ、失点も少なく日立リヴァーレ本来の力を発揮できた試合でした。
 ラリー中も落ち着いた守備から、しっかりとコースに打ち合分けて決め切ることができていたと思います。
 この1勝を無駄にしないよう、明日のPFU戦に備えます。たくさんの温かいご声援、本当にありがとうございました。

<要約レポート>

 東レアローズと日立リヴァーレの対戦。
 第1セット、序盤から1点を争う攻防が繰り広げられた。東レのクラン、黒後がスパイクを決めると、日立の上坂、長内も得点し応戦。最後までもつれ込み、デュースとなった。最後は上坂がフェイントで相手コートにボールを落とし、29‐27で日立が先取した。
 第2セット、前半は日立が上坂のスパイクなどでリードしたが、中盤で東レが大野の速攻などで追いつく。しかし終盤に、日立はタップ、長内のスパイクなどから連続ポイントを重ね、25‐10でセットを連取した。
 第3セット、前半はどちらが流れをつかむか分からない展開となったが、中盤以降、日立はタップのブロックやフェイント、スパイクが決まり、試合を優位に進めた。最後は窪田がバックアタックを決め、日立がストレートで勝利した。