試合会場レポート

試合番号386

開催日2019/12/07

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   レギュラーラウンド 交流戦

会場 : 金沢市総合体育館

観客数:1950 開始時刻:15:00 終了時刻:17:19 試合時間:2:19 主審:吉岡 奈々 副審:森口 豊

デンソーエアリービーズ

〔プレミアカンファレンス〕
監督 川北 元
コーチ ゴンザレス アンドレ・クリストファー
   
通算 11 勝 2 敗
ポイント 31
3 25 第1セット
【0:30】
23 2
23 第2セット
【0:31】
25
11 第3セット
【0:21】
25
25 第4セット
【0:25】
14
15 第5セット
【0:20】
13

PFUブルーキャッツ

〔スターカンファレンス〕
監督 坂本 将康
コーチ 舟越 悠二
   
通算 3 勝 12 敗
ポイント 11

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 今日もたくさんの方々にご来場頂けたことに深く感謝致します。ありがとうございました。
 試合の序盤は、テンポ良く攻撃を仕掛けることが出来ましたが、相手のサーブに押されて自分達のリズムを崩されました。途中から入った選手の活躍がチームを盛り立てて、逆転することが出来ました。
 気持ちを切り替えて、また明日もスタートから攻める準備をしていきます。
 ご声援を力に明日も頑張ります。

25
  • 田代
     
  • シニアード
    (兵頭)
  • 中元
     
  • 鍋谷
     
  • 森谷
    (奥村)
  • 工藤
     

1


  • 村上
     
  • 和才
     
  • 津賀
    (山下)
  • 島畑
    (合屋)
  • 堀口
     
  • ドリス
    (宇田)
23

リベロ:

井上

リベロ:

筒井

23
  • 田代
     
  • シニアード
    (兵頭)
  • 中元
     
  • 鍋谷
    (朝日)
  • 奥村
     
  • 工藤
    (東谷)

2


  • 村上
     
  • 和才
     
  • 津賀
    (山下)
  • 島畑
    (合屋)
  • 堀口
     
  • ドリス
     
25

リベロ:

井上

リベロ:

筒井

11
  • 中元
     
  • 田代
    (早坂)
  • 奥村
     
  • シニアード
    (森谷)
  • 東谷
    (工藤)
  • 鍋谷
    (朝日)

3


  • 村上
     
  • 和才
     
  • 津賀
     
  • 島畑
     
  • 堀口
     
  • ドリス
     
25

リベロ:

井上

リベロ:

筒井

25
  • 田代
     
  • シニアード
     
  • 中元
    (兵頭)
  • 鍋谷
     
  • 奥村
     
  • 工藤
     

4


  • 村上
     
  • 和才
     
  • 津賀
    (山下)
  • 島畑
    (合屋)
  • 堀口
    (高相)
  • ドリス
     
14

リベロ:

井上

リベロ:

筒井、和田

15
  • 田代
     
  • シニアード
     
  • 中元
    (兵頭)
  • 鍋谷
     
  • 奥村
     
  • 工藤
     

5


  • 津賀
    (山下)
  • 村上
     
  • 堀口
     
  • 和才
     
  • ドリス
     
  • 島畑
    (合屋)
13

リベロ:

井上

リベロ:

筒井

<監督コメント>

 今日は試合を楽しむことが出来た。点数の取り方も良くなってきているが、勝ち切れなかったことがとても残念。こちらからミスを出すことなく、全ての時間帯で点数を取れるように、明日以降も頑張りたい。
 本日も沢山の応援を頂き、ありがとうございました。

<要約レポート>

 先週に続く勝利を目指すPFUブルーキャッツが、フルセットの激闘の末、惜しくもデンソーエアリービーズに敗れた。
 第1セット、デンソーは鍋谷、工藤、シニアードの強打で得点を重ねる。PFUは堀口、和才を中心に攻撃するが、最後はデンソーが奥村のブロックでセットポイントを奪い、セットを先取した。
 第2セットはお互いに勢いに乗れず、もつれた展開となる。PFUは津賀と和才のライトからの攻撃が効果的に決まり、4連続得点を奪うとセットを取り返した。
 第3セット、PFUのサーブが冴え、堀口の3本のサービスエースを含む7連続得点を挙げ大きくリードすると、津賀、堀口のスパイクやドリスのブロックで着実に得点を重ね、セットを連取した。
 第4セット、デンソーは鍋谷と兵頭のスパイクで少しずつ点差を広げると、そのままセットを奪った。
 第5セット、デンソーは鍋谷、シニアードのスパイクでリードするが、PFUも踏ん張り、和才がスパイクを決め8-7で折り返す。終盤まで勝負が分からない中、デンソーが兵頭のスパイクで一歩抜け出し、勝利を決めた。