試合会場レポート

試合番号505

開催日2019/11/03

V.LEAGUE DIVISION2 MEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : 旭川市リアルター夢りんご体育館

観客数:537 開始時間:10:00 終了時間:12:09 試合時間:2:09 主審:小瀧 健二 副審:川島 秀夫

警視庁フォートファイターズ

監督 井上 人哉
コーチ 平林 康裕
   
通算 1 勝 1 敗
ポイント 4
2 23 第1セット
【0:28】
25 3
25 第2セット
【0:25】
22
25 第3セット
【0:24】
19
16 第4セット
【0:22】
25
16 第5セット
【0:18】
18

きんでんトリニティーブリッツ

監督 今田 善仁
コーチ 山原 健太
   
通算 1 勝 1 敗
ポイント 2

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 良い所、悪いところが極端に出たことで、リズムを作りづらい展開になってしまったのが敗因です。単純なミスを減らし、試合展開をしっかり作れるよう、次の試合までにしっかり修正したいと思います。
 スタメンの選手、選手交代で出た選手とも良い面があり、全員で戦うことができたことはプラス材料として伸ばしていきたいです。
 旭川の皆様、二日間大きな声援を送っていただき、ありがとうございました。
 3月にまた成長して北海道に帰ってきます。

23
  • 豊田
    (神谷)
  • 河西
     
  • 大野
     
  • 加藤
    (小川)
  • 伊藤
     
  • 中村
     

1


  • 岡本
     
  • 毛利
     
  • 和治
    (内園)
  • 黒木
    (尾松)
  • 小林
     
  • 新谷
    (田畑)
25

リベロ:

吉澤

リベロ:

長濱

25
  • 河西
     
  • 加藤
     
  • 豊田
    (神谷)
  • 中村
     
  • 阿部
     
  • 伊藤
     

2


  • 岡本
     
  • 毛利
     
  • 和治
    (平田)
  • 黒木
    (尾松)
  • 小林
     
  • 新谷
     
22

リベロ:

吉澤

リベロ:

長濱

25
  • 豊田
    (神谷)
  • 河西
     
  • 阿部
     
  • 加藤
    (中道)
  • 伊藤
     
  • 中村
     

3


  • 岡本
     
  • 毛利
     
  • 和治
     
  • 黒木
     
  • 小林
     
  • 新谷
    (内園)
19

リベロ:

吉澤

リベロ:

長濱

16
  • 河西
     
  • 加藤
    (小川)
  • 豊田
    (松本)
  • 中村
     
  • 阿部
     
  • 伊藤
    (中道)

4


  • 岡本
     
  • 毛利
     
  • 和治
    (内園)
  • 黒木
    (尾松)
  • 小林
     
  • 新谷
    (田畑)
25

リベロ:

吉澤

リベロ:

長濱

16
  • 河西
     
  • 加藤
    (小川)
  • 松本
     
  • 中村
     
  • 阿部
     
  • 中道
     

5


  • 岡本
     
  • 毛利
     
  • 和治
    (内園)
  • 黒木
    (尾松)
  • 小林
     
  • 新谷
    (田畑)
18

リベロ:

吉澤

リベロ:

長濱

<監督コメント>

 試合の序盤は、きんでんのリズムでバレーができたが、徐々に相手のペースになり苦戦を強いられた。
 第4セット、第5セットは粘り強さが戻ってきて、きんでんらしいバレーができた。
 まずは、今シーズンの初勝利を喜びたい。
 旭川のみなさま、ありがとうございました。

<要約レポート>

 開幕2連勝を目指す警視庁フォートファイターズと今季初勝利を目指すきんでんトリニティーブリッツの対戦。
 第1セット、きんでんは序盤から警視庁に少しずつ離されるが、速い攻撃とブロックが決まり17-16と逆転する。終盤まで一進一退の攻防が続いたが、きんでんが逃げ切り25-23とセットを先取する。
 第2セット、きんでんが勢いをそのままに6-0とリードするが、警視庁はタイムアウトから流れを掴み12-11と逆転する。きんでんはセッター毛利の速いトスワークとオポジット小林のスパイクで逆転を試みるが、終盤のミスが目立ち25-22で警視庁がセットを取る。
 第3セット、中盤まで互いに譲らない攻防を繰り広げたが警視庁・河西のスパイク、阿部のブロックが要所で決まり25-19で警視庁がこのセットも取る。
 第4セット、序盤から積極的に攻撃を仕掛けるきんでん。最後まで攻守がかみ合い、25-16でセットを取る。
 ファイナルセットは互いに譲らない展開。終盤まで接戦になったが最後はきんでんの小林がブロックを決め、18-16できんでんが勝利した。