試合会場レポート

試合番号511

開催日2019/11/16

V.LEAGUE DIVISION2 MEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : 川越町総合体育館

観客数:773 開始時間:12:00 終了時間:13:55 試合時間:1:55 主審:岡谷 仁 副審:渡邉 正則

ヴィアティン三重

監督 亀田 吉彦
コーチ 岸本 健
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0
1 25 第1セット
【0:25】
20 3
21 第2セット
【0:27】
25
18 第3セット
【0:23】
25
17 第4セット
【0:26】
25
第5セット
【】

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督 山本 道彦
コーチ 廣本 遥
   
通算 3 勝 0 敗
ポイント 9

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 ヴィアティン三重のV2初戦はホームゲームとなりました。
 第1セット、サーブレシーブが返り、テンポ良く攻撃ができました。ブロックもワンタッチを取って切り返す事ができ、セットを先取することができました。
 第2セット、一進一退の展開でしたが、富士通の途中交代選手の活躍もあり、セットを失いました。その後、富士通の多彩な攻撃にブロックが機能せず、悔しい敗戦となりました。
 ホームゲームでたくさんの声援を頂いたのに申し訳ないですが、三重魂を見せることが出来たと思います。長いシーズンはこれからですので、下を向かずに次で頑張ります。
 応援ありがとうございました。

25
  • 長谷川
    (落合)
  • 中村
     
  • 野垣
     
  • 北田
     
  • 田中
     
  • 茶屋道
     

1


  • 米澤
    (田中)
  • 長谷山
     
  • 加藤
    (後藤)
  • 岡村
    (志波)
  • 柳田
     
  • 浅野
     
20

リベロ:

大浦坂

リベロ:

小林

21
  • 長谷川
    (落合)
  • 中村
     
  • 野垣
     
  • 北田
     
  • 田中
     
  • 茶屋道
     

2


  • 浅野
     
  • 長谷山
    (志波)
  • 加藤
     
  • 岡村
    (後藤)
  • 柳田
     
  • 田中
    (角)
25

リベロ:

大浦坂

リベロ:

小林

18
  • 長谷川
    (井口)
  • 中村
     
  • 野垣
    (石川)
  • 前川
     
  • 田中
     
  • 茶屋道
    (上出)

3


  • 浅野
     
  • 志波
     
  • 加藤
    (後藤)
  • 岡村
     
  • 柳田
     

  •  
25

リベロ:

大浦坂

リベロ:

小林

17
  • 長谷川
     
  • 前川
    (米村)
  • 石川
     
  • 北田
    (落合)
  • 田中
     
  • 上出
     

4


  • 浅野
     
  • 志波
     
  • 加藤
    (松坂)
  • 岡村
     
  • 柳田
     

  •  
25

リベロ:

大浦坂

リベロ:

小林


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 地元ヴィアティン三重の大声援にのまれ、第1セットは自分達のバレーをさせてもらえませんでした。
 追い込まれた所から志波、角がよく頑張り、いつものバレーを取り戻してくれたのが勝因ではないかと思います。
 メンバーを固定せず、ここまでやってきたことを成果として証明することが出来ました。
 明日も自分達のバレーが展開できるように頑張りますので、ご声援よろしくお願いいたします。

<要約レポート>

 ヴィアティン三重の開幕戦は、昨シーズンのV2覇者である富士通カワサキレッドスピリッツを迎えてのゲームとなった。
 第1セット序盤、一進一退の攻防の中、三重は長谷川のブロックポイントなどで4点を連取してリードをし、終盤を迎えた。富士通は柳田のブロックポイントで追い上げるが、田中が連続でスパイクを決めるなど、三重が第1セットを先取した。
 第2セットに入ると、富士通は岡村のブロックポイントや浅野のスパイクでリードをするが、三重は茶屋道のセンター攻撃とサービスエースで一度は逆転した。しかし、浅野と角のスパイクで逆転した富士通が2セット目を奪った。
 第3セットは、開始早々から富士通は角の連続ブロックポイント等で大きくリードする展開となった。セット途中で三重の茶屋道が負傷交代したことも影響し、富士通がセットを奪った。三重は終盤、前川の連続ブロックポイントで追い上げたが、追いつけなかった。
 第4セットは第3セットから好調の富士通のブロックが序盤から炸裂した。中でも富士通は、センターからの岡村の攻撃や、終盤の浅野と柳田の活躍もあり、そのままセットを取り、富士通が3対1で勝利した。