試合会場レポート

試合番号519

開催日2019/11/17

V.LEAGUE DIVISION2 MEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : 西脇市総合市民センター

観客数:280 開始時間:12:00 終了時間:13:55 試合時間:1:55 主審:本間 明 副審:清水 弘也

兵庫デルフィーノ

監督 岩本 正吾
コーチ 白川 佑樹
   
通算 1 勝 3 敗
ポイント 4
3 36 第1セット
【0:33】
34 1
20 第2セット
【0:22】
25
25 第3セット
【0:25】
23
26 第4セット
【0:26】
24
第5セット
【】

長野GaRons

監督 篠崎 寛
コーチ 山崎 幸一郎
   
通算 0 勝 4 敗
ポイント 0

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 ホームゲームで勝利でき良かったです。
 ゲームを通じてリズムに乗れず、精神的に厳しい試合となりましたが、長野GRより少しこちらに運があったのだと思います。
 選手たちは本当に頑張って楽しんでくれました。来週以降に向け、サーブと繋ぎを修正していきたいです。
 多くのご声援ありがとうございました。これからも「デルフィーノ」を応援してください。DIVISION2 MENの各会場に足を運んでいただけたら嬉しいです。

36
  • 山本
    (白川)
  • 西澤
     
  • 田中(寛)
    (林)
  • 納庄
     
  • 中野
    (仲村)

  •  

1


  • 石坂
     
  • 清水
     
  • 高瀬
    (松橋)
  • 坂口
    (渡部)
  • 酒井
     
  • 鰐川
     
34

リベロ:

猪岡、玉嶋

リベロ:

山田

20
  • 山本
     
  • 西澤
     
  • 田中(寛)
    (田中(佑))
  • 納庄
     
  • 中野
    (仲村)

  • (白川)

2


  • 石坂
     
  • 清水
     
  • 高瀬
    (松橋)
  • 渡部
     
  • 酒井
     
  • 鰐川
    (横瀬)
25

リベロ:

猪岡、玉嶋

リベロ:

山田

25
  • 山本
     
  • 西澤
     
  • 田中(寛)
     
  • 納庄
     
  • 中野
    (林)

  •  

3


  • 石坂
     
  • 清水
     
  • 高瀬
    (松橋)
  • 渡部
     
  • 酒井
    (浅田)
  • 鰐川
    (赤澤)
23

リベロ:

猪岡、玉嶋

リベロ:

山田

26
  • 山本
    (仲村)
  • 西澤
     
  • 田中(寛)
     
  • 納庄
     
  • 中野
    (林)

  •  

4


  • 石坂
     
  • 清水
     
  • 高瀬
    (松橋)
  • 渡部
    (坂口)
  • 酒井
     
  • 鰐川
    (青木)
24

リベロ:

猪岡、玉嶋

リベロ:

山田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 ホームチームとの対戦、第1セットを取りきれなかったことが敗因です。
 次回はホームゲームとなります。チームが前向きなプレーをし、それが結果に繋がるように次に向かいます。
 西脇市の皆さんの元気な声援に完敗です。アウェイチームへの温かい声援もありがとうございました。

<要約レポート>

 今期、初勝利を狙う兵庫デルフィーノと長野GaRonsの一戦。
 第1セットからもつれる展開となる。終盤、デルフィーノは秦や西澤のスパイクで連続得点し、デュースに持ち込んだ。30点を超える戦いとなったが、最後は田中(寛)のブロックポイントでデルフィーノがセットを先取した。
 第2セットも序盤から1点を取り合う展開となった。中盤、長野GRは高瀬のスパイクで得点を重ねリードし、そのまま25‐20でセットを取り返した。
 第3セット、中盤まで接戦の攻防となったが、デルフィーノは秦、納庄のスパイクやブロックポイントでリードを奪う。終盤、長野GRも粘りを見せたが、デルフィーノが押し切り25‐23でこのセットを取った。
 第4セット、互いに気迫のこもったスパイクの打ち合いとなった。中盤、長野GRは選手交代で入った松橋の活躍でリードする。終盤、デルフィーノは西澤のブロックポイントでリズムに乗り、セットカウント3‐1で今季初勝利を飾った。