試合会場レポート

試合番号566

開催日2020/01/18

2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 東村山市民スポーツセンター

観客数:350 開始時間:16:15 終了時間:18:01 試合時間:1:46 主審:杉村 友雄 副審:明石 直樹

警視庁フォートファイターズ

監督 井上 人哉
コーチ 平林 康裕
   
通算 5 勝 6 敗
ポイント 16
3 26 第1セット
【0:26】
24 1
25 第2セット
【0:24】
17
20 第3セット
【0:25】
25
25 第4セット
【0:22】
16
第5セット
【】

東京ヴェルディ

監督 瀧澤 利一
コーチ 檜森 輝尚
   
通算 2 勝 9 敗
ポイント 6

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 2020年のスタートの試合で良いパフォーマンスが発揮できました。年明けから良く選手同士が話し合いを重ね、勝つことに対して良く考えることが出来ました。一人一人のプレーの精度も向上し、修正と向上を繰り返し成長していきたいと思います。
 ホームでの沢山の応援ありがとうございました。

26
  • 中道
     
  • 河西
     
  • 大野
     
  • 阿部
    (豊田)
  • 伊藤
     
  • 中村
     

1


  • 渡辺
    (山本)
  • 増田
     
  • 田中
     
  • 蔵田
     
  • 與崎
     
  • 山下
     
24

リベロ:

吉澤、神谷

リベロ:

宮田

25
  • 中道
     
  • 河西
     
  • 大野
    (小川)
  • 阿部
     
  • 伊藤
     
  • 中村
     

2


  • 渡辺
     
  • 山本
     
  • 田中
     
  • 蔵田
     
  • 與崎
     
  • 山下
     
17

リベロ:

吉澤、神谷

リベロ:

宮田、浅岡

20
  • 大野
    (松本)
  • 中道
     
  • 伊藤
     
  • 河西
     
  • 中村
     
  • 阿部
    (豊田)

3


  • 中村
     
  • 蔵田
     
  • 熊谷
     
  • 渡辺
     
  • 與崎
    (山本)
  • 山下
     
25

リベロ:

吉澤、神谷

リベロ:

浅岡

25
  • 中道
     
  • 河西
     
  • 大野
    (豊田)
  • 阿部
     
  • 伊藤
    (加藤)
  • 中村
     

4


  • 中村
     
  • 蔵田
     
  • 熊谷
     
  • 渡辺
    (増田)
  • 與崎
    (山本)
  • 山下
     
16

リベロ:

吉澤、神谷

リベロ:

宮田、浅岡


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 サーブレシーブは先週より良くなりましたが、攻撃が単調になってしまい相手のブロックと強いサーブに崩されてしまいました。来週からのゲームにもう一度調整して挑みたいと思います。
 本日も沢山の応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 互いに勝って上位を狙いたい警視庁フォートファイターズ対東京ヴェルディの一戦。
 第1セット、互いに流れを掴もうと一歩も譲らない一進一退が終盤まで続く。終盤、警視庁は大野のアタックで連続得点し23-20に持ち込む。一方、東京Vも渡辺の連続ブロックでデュースに持ち込んだが、警視庁が大野のアタック、阿部のブロックで追いすがる東京Vを振り払いセットを先取した。
 第2セット、勢いに乗った警視庁は序盤から終始リードする。東京Vは流れを呼び込もうと蔵田、與崎のアタックや渡辺のブロックで応戦するも、警視庁の勢いは止まらず、河西、阿部のアタック、中道のブロックで連続得点し、最後は河西のアタックでセットを連取した。
 第3セット、後がない東京Vは序盤より中村、渡辺、與崎のアタックでリードし士気を上げる。他方、警視庁も河西、阿部、中村のアタックで応戦する。終盤、流れを掴んだ東京Vは熊谷のブロック、中村のサービスエース、與崎のアタックで追いすがる警視庁を振り払いこのセットを取り返した。
 第4セット、警視庁は序盤よりセッター伊藤の巧みなトス回しで強弱のある攻撃を展開し、6連続得点を見せる。東京Vも負けじと渡辺、與崎、蔵田のアタック、熊谷、山下のブロックで警視庁を追い詰めるも、警視庁は勢いを離さず、最後は中村のアタックで勝利した。