試合会場レポート

試合番号567

開催日2020/01/18

2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 須坂市市民体育館

観客数:184 開始時間:13:00 終了時間:14:21 試合時間:1:21 主審:赤川 孝義 副審:木下 智宏

ヴィアティン三重

監督 亀田 吉彦
コーチ 岸本 健
   
通算 7 勝 5 敗
ポイント 18
3 25 第1セット
【0:23】
17 0
25 第2セット
【0:22】
20
27 第3セット
【0:30】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

兵庫デルフィーノ

監督 岩本 正吾
コーチ 長谷川 匡
   
通算 2 勝 9 敗
ポイント 6

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 序盤動きが悪い中、声を出しハードワークで何とか雰囲気を作りました。
 デルフィーノより三重の方が少しだけミスが少なかった事で1セット目を先取できました。
 今日の三重は全員個々が良くも悪くもない感じでしたが、メンバーチェンジを多用し、出る選手がしっかりそれぞれの役割をこなし、チーム一丸で掴み取った勝利でした。
 会場の皆さんもヴィアティンコールをして頂き、後押しをして頂きました。本日も応援ありがとうございました。

25
  • 中村
    (松永)
  • 前川
    (石川)
  • 長谷川
    (落合)
  • 茶屋道
     
  • 野垣
    (北田)
  • 田中
     

1


  • 仲村
    (藤原)
  • 浅草
     
  • 西澤
     
  • 中野
     
  • 澁谷
     

  • (田中(佑))
17

リベロ:

大浦坂、米村

リベロ:

猪岡

25
  • 長谷川
    (上出)
  • 中村
    (松永)
  • 石川
    (落合)
  • 北田
    (野垣)
  • 田中
     
  • 茶屋道
     

2


  • 浅草
     
  • 中野
     
  • 仲村
     

  •  
  • 西澤
    (奥田)
  • 澁谷
     
20

リベロ:

大浦坂、米村

リベロ:

猪岡

27
  • 中村
    (松永)
  • 北田
     
  • 上出
     
  • 茶屋道
     
  • 石川
     
  • 田中
    (落合)

3


  • 浅草
     
  • 中野
    (藤原)
  • 西澤
     

  • (竹内)
  • 奥田
     
  • 澁谷
     
25

リベロ:

大浦坂、米村

リベロ:

猪岡


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 2020年最初の試合で、1セット目始めから動きが良くなくリズムを失ってしまった。
 2セット中盤より中野をレシーバーとして活路を見出したかったが届かなかった。
 1レグが終わり、明日から2レグです。巻き返すようチーム全体で頑張ります。本日も応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 第1セット、序盤からリズムに乗りきれない兵庫デルフィーノに対して、ヴィアティン三重はサーブが好調で、茶屋道のブロックも効果的にきまり、主導権を握る。デルフィーノは頻繁にメンバーを入れ替えながら反撃を試みるが、三重も途中交代で入った北田の強打などが決まり、そのまま25-17で押し切った。
 第2セットも、三重のサーブが好調で試合を優位に進めていく。デルフィーノは、主将西澤の強打で反撃を試みるが、三重も北田の強打などで8-2とリードを広げる。デルフィーノはベテランセッター奥田を投入した後、徐々に攻撃に勢いが出てきたものの逆転には至らない。好守に好調を維持した三重が、このセットも25-20で連取した。
 第3セットは、序盤は三重が11-6までリードを広げるが、デルフィーノの浅草が強打とサーブで連続得点に成功して接戦に持ち込む。20点以降は激しい点の取り合いとなりデュースとなった。しかし、セッターの好采配から多彩な攻撃を見せた三重が27-25の激闘を制し、セットカウント3-0のストレート勝ちを収めた。