試合会場レポート

試合番号572

開催日2020/01/19

2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 須坂市市民体育館

観客数:277 開始時間:15:10 終了時間:17:01 試合時間:1:51 主審:赤川 孝義 副審:待井 広光

長野GaRons

監督 篠崎 寛
コーチ 山崎 幸一郎
   
通算 2 勝 10 敗
ポイント 5
3 25 第1セット
【0:19】
15 2
19 第2セット
【0:19】
25
22 第3セット
【0:25】
25
25 第4セット
【0:21】
16
15 第5セット
【0:11】
8

兵庫デルフィーノ

監督 岩本 正吾
コーチ 長谷川 匡
   
通算 2 勝 10 敗
ポイント 7

ポイント

2

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

1

<監督コメント>

 ホームゲーム2戦目、どうしても勝ちたい試合でした。
1セット目をホームの声援の中取りましたが、2、3セット目をデルフィーノのブロックで取られ、4セット目も同じ流れになりましたが、ここを取り返したのが大きかったです。
ホームの声援は強いと感じました。
ここから連戦が続きますが、はずみをつけて戦っていきます。
2日間の応援ありがとうございました。

25
  • 鰐川
    (赤澤)
  • 酒井
     
  • 渡部
    (松橋)
  • 清水
    (坂口)
  • 浅田
     
  • 石坂
     

1



  •  
  • 浅草
     
  • 白川
    (奥田)
  • 中野
     
  • 澁谷
     
  • 西澤
     
15

リベロ:

山田、三角

リベロ:

猪岡

19
  • 鰐川
     
  • 酒井
     
  • 渡部
     
  • 清水
     
  • 浅田
    (松下)
  • 石坂
     

2



  •  
  • 澁谷
     
  • 奥田
     
  • 中野
     
  • 浅草
     
  • 西澤
     
25

リベロ:

山田、三角

リベロ:

猪岡

22
  • 鰐川
     
  • 酒井
     
  • 渡部
     
  • 清水
    (松橋)
  • 浅田
    (松下)
  • 石坂
     

3



  •  
  • 澁谷
     
  • 奥田
     
  • 中野
    (仲村)
  • 浅草
     
  • 西澤
     
25

リベロ:

山田、三角

リベロ:

猪岡

25
  • 鰐川
     
  • 酒井
     
  • 渡部
    (坂口)
  • 清水
     
  • 浅田
     
  • 石坂
     

4



  •  
  • 澁谷
     
  • 奥田
    (仲村)
  • 中野
     
  • 浅草
     
  • 西澤
     
16

リベロ:

山田、三角

リベロ:

猪岡

15
  • 鰐川
     
  • 酒井
     
  • 渡部
     
  • 清水
     
  • 浅田
     
  • 石坂
     

5



  •  
  • 澁谷
     
  • 奥田
     
  • 中野
     
  • 浅草
     
  • 西澤
     
8

リベロ:

山田、三角

リベロ:

猪岡

<監督コメント>

 残念です。1セット目の入りから良くなく、2セット目以降も調子が上がらず、4セット目を取り切れなかった事で5セット目まで切り替えができなかった。
来週はホームゲームです。ぜひ会場での応援をよろしくお願いします。

<要約レポート>

 第1セット長野GaRonsは、浅田と鰐川の活躍で8-3とリードを奪う。清水のブロック、渡部のサーブポイントも飛び出し12-4。たまらず兵庫デルフィーノはタイムアウトをとるが、長野GRの勢いは止まらず16-5となった。なかなか調子の上がらないデルフィーノに対し、長野GRはサーブもブロックも機能して全員が躍動、そのままの勢いで25-15と第1セットを勝利した。
 第2セット、デルフィーノはセッターを奥田に交代して打開を図る。長野GRも石坂と鰐川のミドルアタッカーが好調で競り合いとなるが、デルフィーノ西澤が3本のブロックを決めて、16-13とリードを奪う展開に。その後もデルフィーノは、浅草の強打やブロックが効果的に決まり25-19としてセットカウント1-1となった。
 第3セットもスタートから両チームは、小刻みに得点を挙げていく。長野GRが松橋や鰐川のサーブでデルフィーノの守備を崩して得点すれば、デルフィーノは浅草に加えて澁谷も得点して両者譲らないまま終盤へ。20点から4連続ポイントをあげたデルフィーノが最後も浅草がブロックを決めて25-21としセットカウント2-1とリードした。
 第4セットに入ってもデルフィーノの浅草はシャープな強打とブロックでチームを牽引する。長野GRもセッターを坂口に交代するが、デルフィーノはブロックが好調で連続得点などで11-2とリードを広げてゆく。ここで長野GRの酒井が奮起し、強打とブロックで3連続得点すると流れが代わり、一気に9得点し同点となる。勢いに乗った長野GRは19-14と逆に5点のリードを奪う。そのままデルフィーノの反撃を2点にとどめ25-16とし、勝敗は最終セットに委ねられることとなった。
 運命の最終第5セット、両チームの激しい主導権争いとなったが、8-5と長野GRリードでコートチェンジ。10点目を鰐川のサーブで奪うと石坂は速攻を2本決めて優位に立つとその勢いのまま押し切り、長野GRはホームゲーム初勝利を収めた。