試合会場レポート

試合番号589

開催日2020/02/02

2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 武蔵野総合体育館

観客数:210 開始時間:13:00 終了時間:14:57 試合時間:1:57 主審:木内 誠二 副審:関野 智史

大同特殊鋼レッドスター

監督 東岡 昇
コーチ 宮原 博明
   
通算 8 勝 7 敗
ポイント 25
2 22 第1セット
【0:23】
25 3
20 第2セット
【0:22】
25
25 第3セット
【0:25】
19
25 第4セット
【0:21】
17
11 第5セット
【0:14】
15

ヴォレアス北海道

監督 エド クライン
コーチ
   
通算 15 勝 1 敗
ポイント 43

ポイント

1

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

2

<監督コメント>

 昨日の敗戦を引きずらず、良く集中してプレーができたと感じていますが、あと1点が遠く感じました。
 自分たちのミスを最小限にして残り6試合頑張ります。
 応援ありがとうございました。

22
  • 後藤
     
  • 二五田
     
  • 舩倉
     
  • 寺尾
     
  • 津田
     
  • 平野
    (渡邊)

1


  • 田城(貴)
     
  • 佐々木
     
  • 古田
     
  • 辰巳
     
  • 戸田
     
  • 田城(広)
     
25

リベロ:

、嶋田

リベロ:

白石

20
  • 後藤
    (田中)
  • 二五田
     
  • 舩倉
    (長谷川)
  • 寺尾
    (木村)
  • 津田
     
  • 平野
    (渡邊)

2


  • 古田
     
  • 田城(貴)
    (関根)
  • 戸田
     
  • 佐々木
     
  • 田城(広)
     
  • 辰巳
     
25

リベロ:

、嶋田

リベロ:

白石

25
  • 田中
     
  • 二五田
     
  • 長谷川
     
  • 寺尾
     
  • 津田
     
  • 平野
    (舩倉)

3


  • 関根
     
  • 佐々木
    (本澤)
  • 古田
    (山口)
  • 辰巳
    (張)
  • 戸田
     
  • 田城(広)
     
19

リベロ:

、嶋田

リベロ:

白石

25
  • 田中
     
  • 二五田
     
  • 長谷川
     
  • 寺尾
     
  • 津田
     
  • 平野
    (舩倉)

4


  • 古田
     
  • 関根
     
  • 戸田
     
  • 佐々木
    (家近)
  • 田城(広)
     
  • 辰巳
    (山口)
17

リベロ:

、嶋田

リベロ:

白石

11
  • 田中
     
  • 二五田
     
  • 長谷川
     
  • 寺尾
     
  • 津田
     
  • 平野
    (舩倉)

5


  • 佐々木
     
  • 辰巳
     
  • 田城(貴)
     
  • 田城(広)
     
  • 古田
     
  • 戸田
     
15

リベロ:

、嶋田

リベロ:

白石

<監督コメント>

 今日はいつも通りのプレーができず苦しい展開になりました。特にサーブミスが23本と多く、連続得点も一部でしか取れませんでした。
 第1、2セットは連続で得点し優位にすすめられましたが、第3、4セットは相手にしっかり対応されてしまいました。
 サーブが機能しない時、いかに点数を取っていくことが、今後の課題とし取り組んでいきたいと思います。
 本日も応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 勝って上位を狙いたい大同特殊鋼対優勝を争うヴォレアス北海道の試合。
 第1セット、序盤からヴォレアスのセッター辰巳は上手いトスワークで古田、田城(広)、戸田を使いリードする。一方、大同特殊鋼は寺尾、津田、平野のアタックで猛追する。終盤、ヴォレアスは古田のサービスポイントで突き放し、最後も古田の切れの良いアタックでセットを先取する。
 第2セットは中盤にヴォレアスが田城(広)、戸田のアタックで得点しリードする。大同特殊鋼も二五田、平野のアタックで応戦するも、終盤にヴォレアスは古田、関根がアタックを決め、セットを連取する。
 第3セット、ヴァレアスは古田、戸田、佐々木のアタックで得点すると、大同特殊鋼も田中、寺尾、二五田のアタックで得点する一進一退の攻防となる。中盤、大同特殊鋼は津田の連続サービスポイントで抜け出すと、最後は二五田の鋭いアタックでこのセットを取り返す。
 第4セット、大同特殊鋼は序盤より田中のアタック、平野のブロックポイントでリードする。勢いに乗った大同特殊鋼は、寺尾、二五田、田中のアタックでリードをさらに広げる。ヴォレアスは佐々木のアタック、田城(広)のブロックで追いかけるも、大同特殊鋼は寺尾、二五田のアタックで更に得点を重ねセットを連取した。
 第5セット、ヴァレアスは序盤からトスを古田に集めリードする。大同特殊鋼も平野、田中のアタックで攻撃するも、ヴォレアスは田城(貴)のブロック、佐々木のサービスエースやアタックで得点を重ね、この試合に勝利した。