試合会場レポート

試合番号590

開催日2020/02/02

2019-20 V.LEAGUE DIVISION2 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 武蔵野総合体育館

観客数:350 開始時間:15:45 終了時間:17:28 試合時間:1:43 主審:新田 浩幸 副審:山下 亮

警視庁フォートファイターズ

監督 井上 人哉
コーチ 平林 康裕
   
通算 8 勝 8 敗
ポイント 25
3 25 第1セット
【0:27】
23 1
18 第2セット
【0:23】
25
25 第3セット
【0:23】
19
25 第4セット
【0:21】
17
第5セット
【】

つくばユナイテッドSunGAIA

監督 都澤 みどり
コーチ 五十嵐 元
   
通算 7 勝 9 敗
ポイント 24

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 今シーズン初の連勝が出来たのは非常に良かったです。つくばのサーブに攻め込まれる場面も多かったですが、終盤からのラリーを多く取りきれたのが良かったです。
 ディフェンス面の精度も向上してきているので、もう一つチームとして力をつけて、残りの試合を戦えるよう来週のホームゲームに臨みたいと思います。
 最後までたくさんの応援ありがとうございます。

25
  • 大野
    (小川)
  • 中道
     
  • 伊藤
     
  • 河西
     
  • 中村
     
  • 阿部
    (松本)

1


  • 小針
     
  • 土井
    (鈴木)
  • 阿部
    (佐藤)
  • 廣瀬
     
  • 奥村
    (浜崎)
  • 森田
     
23

リベロ:

吉澤、神谷

リベロ:

桝谷、野島

18
  • 中道
     
  • 河西
     
  • 大野
    (小川)
  • 阿部
     
  • 伊藤
     
  • 中村
     

2


  • 小針
     
  • 土井
    (鈴木)
  • 阿部
     
  • 廣瀬
     
  • 奥村
    (浜崎)
  • 森田
     
25

リベロ:

吉澤、神谷

リベロ:

桝谷、野島

25
  • 大野
    (松本)
  • 中道
     
  • 伊藤
     
  • 河西
     
  • 中村
     
  • 阿部
     

3


  • 小針
     
  • 土井
    (鈴木)
  • 阿部
     
  • 廣瀬
     
  • 奥村
    (浜崎)
  • 森田
     
19

リベロ:

吉澤、神谷

リベロ:

桝谷、野島

25
  • 中道
     
  • 河西
     
  • 大野
     
  • 阿部
    (平原)
  • 伊藤
     
  • 中村
     

4


  • 小針
    (関谷)
  • 土井
    (鈴木)
  • 阿部
     
  • 廣瀬
     
  • 奥村
    (浜崎)
  • 森田
     
17

リベロ:

吉澤、神谷

リベロ:

桝谷、野島


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 第1・2セットは自分達の流れでゲームを運ぶことができましたが、第1セット終盤と第3・4セットは要所で警視庁のサーブとブロックに崩され連続失点をしてしまい、苦しい試合展開でした。苦しい場面でも勝ちきれるよう、この敗戦を次に繋げたいと思います。
 本日も沢山のご声援をありがとうございました。

<要約レポート>

 互いに勝利し上位を目指す警視庁フォートファイターズと、つくばユナイテッドSunGAIAの対戦。
 第1セット、スタート直後に、警視庁は中村が強烈なサービスエースを決め、その後もサーブでレシーブを崩しプレッシャーをかける。つくばは森田・小針がサーブで攻め、奥村・阿部がブロックを決めリードする。終盤、警視庁は松本をサーブで投入すると起用に応え点差を縮めると、中道のサーブで逆転し、最後もサービスエースでセットを先取する。
 第2セット、つくばは小針の連続ブロックでリードすると、浜崎・森田のサーブで崩し、鈴木・廣瀬がブロックを決め、リードを広げる。しかし、警視庁は伊藤・中村がサーブで攻め追いかけるが、つくばは小針のサーブで崩し、阿部・奥村のブロックでセットを取り返す。
 第3セット、互いに警視庁は河西・大野、つくばは小針のサーブをきっかけに大量得点をあげ、同点で中盤を迎える。警視庁は中道の強烈なサーブで抜け出すと、そのままセットを取る。
 第4セット、警視庁は阿部のサーブで相手を崩し、大野のブロック・アタックで連続得点をあげると、その後も阿部のサービスエースでリードを広げ、そのまま勝利をあげて、ホームゲームで今シーズン初の連勝をあげた。