試合会場レポート

試合番号704

開催日2019/11/09

V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : 猫田記念体育館

観客数:900 開始時間:15:30 終了時間:17:12 試合時間:1:42 主審:橋本 賀津郎 副審:熊本 結

大野石油広島オイラーズ

監督 鈴木 輝
コーチ 内田 役子
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0
1 18 第1セット
【0:26】
25 3
10 第2セット
【0:18】
25
25 第3セット
【0:25】
22
23 第4セット
【0:24】
25
第5セット
【】

ブレス浜松

監督 濱田 義弘
コーチ 三島 静香
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 3

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 本日は、ご声援ありがとうございました。
 相手のサーブにやられて、自分達のリズムを作ることができず、ミスでの失点も多かった。
 明日のアランマーレ戦も、精一杯頑張るので応援よろしくお願いします。

18
  • 中田
     
  • 佐藤
    (吉本)
  • 北川
     
  • 西田
     
  • 長谷川
     
  • 斉藤
     

1


  • 菅原
     
  • 熊本
     
  • 加藤
    (和田)
  • 播磨
     
  • 水上
     
  • 藤原
     
25

リベロ:

土岡

リベロ:

松川

10
  • 中田
    (吉本)
  • 佐藤
    (山内)
  • 北川
     
  • 西田
     
  • 長谷川
     
  • 斉藤
     

2


  • 菅原
     
  • 熊本
     
  • 加藤
     
  • 播磨
    (金田)
  • 水上
     
  • 藤原
     
25

リベロ:

土岡

リベロ:

松川

25
  • 中田
     
  • 佐藤
     
  • 北川
     
  • 西田
    (伊藤)
  • 長谷川
     
  • 斉藤
     

3


  • 菅原
     
  • 熊本
     
  • 加藤
     
  • 播磨
     
  • 水上
    (多田)
  • 藤原
     
22

リベロ:

土岡

リベロ:

松川

23
  • 中田
     
  • 佐藤
     
  • 北川
     
  • 西田
    (吉本)
  • 長谷川
     
  • 斉藤
     

4


  • 菅原
     
  • 熊本
     
  • 加藤
     
  • 播磨
    (金田)
  • 水上
     
  • 藤原
     
25

リベロ:

土岡

リベロ:

松川


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 開幕戦を勝利で終えたことは評価したいと思います。たくさんの応援に来ていただきましてありがとうございました。
 最後にチームとしては、ムラが出てしまったので、そこをしっかりと修正して明日の柏戦に挑みたいと思います。
 たくさんのご声援ありがとうございました。 
 

<要約レポート>

 開幕戦を地元で迎え、大声援に迎えられた大野石油広島オイラーズ。
第1セット、ブレス浜松は序盤から熊本の巧みなサーブで4-0と突き放した。しかし、大野石油は佐藤がアタック、ブロックを決めて、6-6と追いついた。ここから浜松は熊本、菅原がアタックで突き放せば、大野石油も斉藤、佐藤のアタックで追いすがった。終盤に浜松が水上のサーブで大野石油のサーブレシーブを崩し、熊本がアタックを決めて一気に突き放し、セットを先取した。
 第2セット、第1セットの流れのまま浜松が徐々にリードを広げていく。堅さの取れない大野石油は流れを変えようと吉本、山内を投入するが、浜松は加藤が効果的なサーブで9連続得点をあげて、セットを連取した。
 第3セット、大野石油は応援団の大声援で徐々に堅さが取れていく。両チームともリベロを中心とした粘り強いレシーブで長いラリーが続き、大野石油は北川、斎藤のアタック、浜松は熊本、藤原のアタックなどで、一歩も引かない展開となった。終盤に大野石油は佐藤がブロック、アタックを連続で決めて抜け出すと、最後は中田がアタックを決めて、大野石油がセットをもぎ取った。
 第4セットも一進一退の攻防を繰り広げた。中盤、大野石油はセッター長谷川の巧みなトスワークが冴えると、長谷川のサービスエース、西田のブロックで抜け出した。しかし、浜松も粘りを見せて、加藤、水上のアタックで追いついた。ここからお互いに譲らず23-23と大接戦となったが、最後は浜松の水上、熊本がアタックを決めて、開幕戦を勝利で飾った。