試合会場レポート

試合番号728

開催日2019/12/01

V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN 2019-20   レギュラーラウンド

会場 : JAぎふ アグリパーク鈴ヶ坂アリーナ

観客数:644 開始時間:14:30 終了時間:15:56 試合時間:1:26 主審:内藤 聡美 副審:成瀬 修平

JAぎふリオレーナ

監督 椿本 真恵
コーチ 鈴木 智大
   
通算 5 勝 2 敗
ポイント 16
3 27 第1セット
【0:27】
25 0
26 第2セット
【0:28】
24
25 第3セット
【0:25】
16
第4セット
【】
第5セット
【】

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督 北原 勉
コーチ 村上 昴
   
通算 3 勝 4 敗
ポイント 8

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 本日もご声援ありがとうございました。
 第3セットもアランマーレの高さのあるブロックに苦しみましたが、ブロックされた後ですぐに切り替え、点を取ることで流れを奪われずストレートで勝つことが出来ました。
 ホームゲームということで沢山の応援が力になりました。2レグでは全勝できるように頑張ります。

27
  • 宮井
     
  • 山本
     
  • 浜田
     
  • 田代
    (岩永)
  • 唐川
    (本間)
  • 吉井
     

1


  • 木村
     
  • 投野
    (江川)
  • 菅原
     
  • 伊藤
     
  • 宮本
    (田村)
  • 藤原
    (浅川)
25

リベロ:

目加田、岡田

リベロ:

、北村

26
  • 宮井
     
  • 山本
     
  • 浜田
     
  • 田代
    (岩永)
  • 唐川
    (本間)
  • 吉井
     

2


  • 木村
     
  • 投野
    (江川)
  • 菅原
     
  • 伊藤
     
  • 宮本
    (田村)
  • 藤原
     
24

リベロ:

目加田、岡田

リベロ:

、北村

25
  • 宮井
     
  • 山本
     
  • 浜田
    (井上)
  • 田代
    (齊藤)
  • 唐川
     
  • 吉井
     

3


  • 木村
     
  • 投野
    (柳沢)
  • 菅原
     
  • 伊藤
     
  • 宮本
    (田村)
  • 藤原
     
16

リベロ:

目加田、岡田

リベロ:


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 本日、1レグの最終試合、勝越して終えたかった。
 高さのある相手の攻撃をサーブ、ブロックで崩し自チームのペースに持っていきたがったが、サーブレシーブからの攻撃に繋がらず苦しんだが、菅原のブロックから良い展開になった。
 後半は相手の攻撃に押し切られてしまった。あきらめずディフェンスも粘ったが一歩届かず敗戦となった。
 2レグはこの悔しさをバネにしてさらに飛躍していきたい。
 遠いところ応援ありがとうございました。

<要約レポート>

 現在3位のJAぎふリオレーナと4位のプレステージ・インターナショナルアランマーレ。ともに白星を積み重ねておきたい今シーズン初対戦。
 第1セット序盤、JAぎふは山本のライト攻撃に加えサービスエースやバックアタックで8-4とリード。続く宮井の好サーブや緩急をつけた攻撃で優位に進める。対するアランマーレは交代した江川がアタックを決めると菅原のブロック、宮本のサイドからの攻撃で猛追するも、要所でJAぎふの山本がアタックを決めて流れを引き寄せ先取した。
 第2セット、JAぎふがリードしたまま中盤を迎えるが、アランマーレは安定したレシーブから攻撃陣が機能し、藤原、伊藤、宮本が得点を重ねる。JAぎふは山本にボールを集めるが、アランマーレのブロックがこれを封じ込め、終盤に逆転。両チームとも選手交代を多用した総力戦となり、最後はJAぎふの宮井がブロックを決めて連取した。
 第3セット、後がないアランマーレは思い切りの良いサーブやアタックで果敢に攻め接戦となる。一方JAぎふは、中盤から吉井が奮起しレフトから次々とアタックを決め、6連続得点で大きくリードを広げると、最後は交代した齊藤の好サーブから井上がブロックを決め、ストレートでホームでの勝利を飾った。