試合会場レポート

試合番号441

開催日2020/01/19

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN   ファイナル8・Aグループ

会場 : 船橋アリーナ

観客数:2500 開始時間:12:00 終了時間:13:34 試合時間:1:34 主審:北村 友香 副審:高橋 宏明

デンソーエアリービーズ

〔プレミアカンファレンス〕
監督 川北 元
コーチ 中村 祐介
   
通算 2 勝 1 敗
ポイント 9
3 25 第1セット
【0:26】
16 0
27 第2セット
【0:31】
25
25 第3セット
【0:31】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

東レアローズ

〔スターカンファレンス〕
監督 菅野 幸一郎
コーチ 越谷 章
   
通算 1 勝 2 敗
ポイント 5

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 今日もたくさんのご声援をいただけたことに深く感謝致します。ありがとうございました。セミファイナル進出をかけた大事な一戦となりました。序盤で主導権を握ろうというミーティング通りに勢いを作れました。サーブとブロックに加えてオフェンスが機能したことが大きく繋がったと思います。来週も勝ち続けられるように、もう一度準備をして、デンソーらしいバレーを展開します。
 多くの方々の熱い声援を力に走り続けます。今日はありがとうございました。

25
  • シニアード
     
  • 中元
    (小口)
  • 田代
     
  • 工藤
     
  • 鍋谷
     
  • 奥村
    (森谷)

1


  • 井上
    (中田)
  • 石川
    (野呂)

  • (白井)
  • 黒後
     
  • クラン
     
  • 大野
     
16

リベロ:

井上

リベロ:

水杉

27
  • 中元
    (小口)
  • 工藤
     
  • シニアード
    (兵頭)
  • 奥村
     
  • 田代
    (ジャン)
  • 鍋谷
     

2


  • 井上
     
  • 石川
    (中島)

  •  
  • 黒後
    (中田)
  • クラン
     
  • 大野
    (野呂)
25

リベロ:

井上

リベロ:

水杉

25
  • シニアード
    (兵頭)
  • 中元
     
  • 田代
    (早坂)
  • 工藤
     
  • 鍋谷
    (小口)
  • 奥村
     

3


  • 井上
    (小川)
  • 石川
    (中島)

  •  
  • 黒後
     
  • クラン
     
  • 大野
    (中田)
22

リベロ:

井上

リベロ:

水杉


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 第1セットスタートからサーブレシーブが安定せずに簡単に相手に余裕を持たせてしまう。コンビネーションも安定せずに自分たちの持っているものも出せずに情けない戦いをした。
 第2セット、第3セットも出だしが悪く、自分たちで苦しい展開にしてしまう。それでも1本1本を雑にすることなく途中出場のメンバーも盛り上げ同点に追いつく場面もあったが、最後に勝ち切る力はまだなかったようだ。
 2019-20シーズン、本当に多くの方々に支えられ、大声援の後押しのおかげでここまで戦うことができました。本当にありがとうございました。引き続き日本のバレー界を盛り上げられるよう謙虚にどん欲に取り組みます。

<要約レポート>

 ファイナル8・Aグループ、プレミアカンファレンス優勝のデンソーエアリービーズとスターカンファレンス2位の東レアローズとの対戦。セミファイナル進出のためには、東レアローズにとっては負けられない一戦。
 第1セット、序盤からデンソーが鍋谷のサーブにより流れを掴み得点を重ねる。対する東レはクランを中心に食らいついていくも流れを掴みきれず、デンソーがセットを先取する。
 第2セット、デンソーはシニアード、中元を中心に点数を重ね、対する東レはクラン、石川を中心に応戦する。終盤までシーソーゲームとなったが、最後は、シニアードのスパイクやサービスエース、鍋谷のブロックアウトをねらったスパイクでセットを連取した。
 第3セット、序盤からデンソーが流れを掴みリードする。しかし、東レは黒後、石川が流れを呼び戻し、このセットもシーソーゲームとなる。終盤、デンソーはシニアードのスパイクを皮切りに鍋谷、奥村のスパイクで東レの追撃を振り切り勝利した。
 デンソーはファイナル8・Aグループ1位でセミファイナル進出を決めた。