試合会場レポート

試合番号237

開催日2020/02/23

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   GAME2(4位決定戦)

会場 : エフピコアリーナふくやま(福山市総合体育館)

観客数:2900 開始時間:14:08 終了時間:16:00 試合時間:1:52 主審:山本 晋五 副審:小野 将人

JTサンダーズ広島

監督 サトレル ティネ
コーチ 原 秀治
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0
1 26 第1セット
【0:30】
24 3
11 第2セット
【0:24】
25
19 第3セット
【0:25】
25
14 第4セット
【0:24】
25
第5セット
【】

サントリーサンバーズ

監督 荻野 正二
コーチ レオナルド カルバリョ
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 3

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 非常に悔しい結果となってしまったが、選手たちは最後まで良く戦っていたと思う。
 第1セットは序盤にプレッシャーをかけて主導権を握っていたが、第2セットからは相手の流れになってしまい、自分たちのリズムを取り戻すことが最後までできなかった。
 ファンの皆様、シーズンを通してのご声援、誠にありがとうございました。
 

26
  • エドガー
     
  • 小野寺
     
  • 山本
     

  •  
  • 中島
    (八子)
  • 深津
     

1


  • 大宅
    (秦)
  • 塩田
    (西田)
  • 藤中
     

  •  
  • 小野
    (佐藤)
  • ムセルスキー
     
24

リベロ:

井上(航)

リベロ:

鶴田

11
  • 山本
     
  • エドガー
    (八子)
  • 中島
    (安永)
  • 小野寺
     
  • 深津
    (金子)

  • (武智)

2


  • 大宅
    (西田)
  • 塩田
     
  • 藤中
     

  •  
  • 小野
     
  • ムセルスキー
    (小川)
25

リベロ:

井上(航)

リベロ:

鶴田

19

  • (武智)
  • 深津
     
  • 小野寺
     
  • 安永
     
  • エドガー
     
  • 山本
     

3


  • 大宅
    (秦)
  • 塩田
     
  • 藤中
     

  •  
  • 小野
    (西田)
  • ムセルスキー
     
25

リベロ:

井上(航)

リベロ:

鶴田

14
  • 小野寺
     

  •  
  • エドガー
     
  • 深津
     
  • 山本
    (武智)
  • 安永
    (八子)

4


  • 大宅
    (小川)
  • 塩田
     
  • 藤中
     

  •  
  • 小野
     
  • ムセルスキー
    (西田)
25

リベロ:

井上(航)

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 第1セット序盤にリードを許したものの、26‐28まで追いついたことが、第2セットに勢いをもたらし、終始自分たちのペースで試合運びができた。
 JT広島の粘りも素晴らしく、最後まで気の抜けない試合だった。
 選手は良い準備をしてくれて、素晴らしいプレーをしてくれた。
 明日も厳しい戦いになるが、相手に向かってサンバーズの勢いを出したいと思う。
 本日もたくさんの応援、ありがとうございました。

<要約レポート>

 V・レギュラーラウンド3位のJTサンダーズ広島と、昨日勝利し勢いに乗るサントリーサンバーズのV・ファイナルステージGAME2。
 第1セット、JT広島はエドガー、サントリーはムセルスキーの激しい打ち合いで幕を開けた。その後もJT広島はリベロ井上(航)のレシーブから陳やエドガーの攻撃などで20‐15の5点差をつけた。ここからサントリーは季や藤中のアタックで徐々に得点を縮めデュースに持ち込んだ。しかし、JT広島は陳がアタックを決めて、何とかセットを先取した。
 第2セット、サントリーは第1セットで追い上げた勢いそのままに、ムセルスキーのスパイクから流れを掴むと、中盤にもリベロ鶴田の好レシーブから小野のブロック、季のスパイクでさらにリードを広げ、セットを奪い返した。
 第3セット序盤、JT広島は小野寺のブロック、スパイクでリードすると、サントリーは小野のクイック、ムセルスキーのサービスエースで追いついた。中盤にはサントリーがムセルスキーのスパイクとブロックで一気に流れを掴み、セットを連取した。
 第4セット、サントリーは大宅のサーブでJT広島のサーブレシーブを崩し流れを掴むと、中盤でも再び大宅のサーブから6連続得点をあげてさらに突き放し、最後は季がスパイクを決めて、サントリーがセミファイナルに駒を進めた。