試合会場レポート

試合番号238

開催日2020/02/24

2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   セミファイナル(3位決定戦)

会場 : エフピコアリーナふくやま(福山市総合体育館)

観客数:2700 開始時間:14:08 終了時間:16:04 試合時間:1:56 主審:村中 伸 副審:山本 晋五

ジェイテクトSTINGS

監督 高橋 慎治
コーチ 増成 一志
   
通算 1 勝 0 敗
ポイント 3
3 19 第1セット
【0:26】
25 1
25 第2セット
【0:25】
22
25 第3セット
【0:24】
17
29 第4セット
【0:32】
27
第5セット
【】

サントリーサンバーズ

監督 荻野 正二
コーチ レオナルド カルバリョ
   
通算 0 勝 1 敗
ポイント 0

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 セミファイナルにふさわしいハイレベルな内容の試合でした。
 この試合を勝ち切ったことで、チームはさらに成長できると思います。
 来週のファイナルに全てをぶつけるべく、しっかりと準備して参ります。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。来週もよろしくお願いいたします。

19

  •  
  • カジースキ
     
  • 中根
    (金丸)
  • 西田
     
  • 藤中
     
  • 伏見
    (袴谷)

1


  • 小野
    (西田)
  • 藤中
     
  • ムセルスキー
     
  • 大宅
     

  •  
  • 塩田
     
25

リベロ:

本間

リベロ:

鶴田

25

  •  
  • カジースキ
     
  • 中根
    (金丸)
  • 西田
     
  • 藤中
     
  • 伏見
    (久保山)

2


  • 藤中
     
  • 大宅
    (秦)
  • 小野
    (西田)
  • 塩田
     
  • ムセルスキー
     

  •  
22

リベロ:

本間

リベロ:

鶴田

25

  •  
  • カジースキ
     
  • 中根
     
  • 西田
     
  • 藤中
     
  • 伏見
    (久保山)

3


  • 小野
     
  • 藤中
    (秦)
  • ムセルスキー
     
  • 大宅
     

  •  
  • 塩田
    (佐藤)
17

リベロ:

本間

リベロ:

鶴田

29

  •  
  • カジースキ
     
  • 中根
    (金丸)
  • 西田
     
  • 藤中
     
  • 伏見
    (久保山)

4


  • 藤中
     
  • 大宅
     
  • 小野
    (佐藤)
  • 塩田
    (西田)
  • ムセルスキー
     

  • (秦)
27

リベロ:

本間

リベロ:

鶴田


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 セミファイナルで選手たちは非常に良いプレーをしてくれました。
 第1セットから気持ちを前向きに出して、良いスタートが切れました。
 第2セットからは相手のサーブでリズムが崩れてしまいました。
 しかし、選手たちは最後までベストを尽くしてくれ、大きな成長になったと思います。
 今日でシーズンが終了しますが、引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。
 長い期間ありがとうございました。

<要約レポート>

 V・レギュラーラウンド2位のジェイテクトSTINGSと、2連勝し下克上を狙うサントリーサンバーズのセミファイナル。
 第1セット、序盤からジェイテクトは西田、サントリーはムセルスキーがサービスエースを決め、白熱した一戦となった。中盤から、サントリーはムセルスキーがブロック、サービスエースを連続で決めて一気に突き放し、そのままセットを先取した。
 第2セット、中盤までシーソーゲームだったが、ジェイテクトは西田がバックアタック、伏見がクイックを決めて、3点差をつけてセカンドテクニカルタイムアウトを迎えた。ここからサントリーは季がバックアタック、小野がブロックを決めて1点差まで追い詰めたが、ジェイテクトは西田、カジースキを中心とした多彩な攻撃を展開し、セットを奪い返した。
 第3セット、ジェイテクトはカジースキのサーブで出だしから流れを掴むと、終始ジェイテクトのペースで試合が進んだ。サントリーもリベロ鶴田を中心とした粘りのレシーブを見せたが、流れを取り戻すことができず、ジェイテクトがセットを連取した。
 第4セット、後が無くなったサントリーは藤中の効果的なサーブなどで4連続得点を挙げ好スタートを切った。ここから両チーム譲らぬ展開のまま、21‐18とサントリーが3点差をつけて終盤を迎えた。ここでジェイテクトは西田のアタック、連続サービスエースなどで22‐21と逆転に成功。サントリーもムセルスキーが連続でアタックを決めて再逆転したが、互いに譲らずデュースにもつれ込み、大観衆を魅了する接戦となる。最後は、藤中がブロックを決め、ジェイテクトが優勝決定戦への切符を手にした。