試合会場レポート

試合番号124

開催日2020/10/31

2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 豊田合成記念体育館

観客数:1100 開始時間:13:00 終了時間:14:33 試合時間:1:33 主審:原 啓之 副審:村中 伸

ウルフドッグス名古屋

監督 ティリカイネン トミー
コーチ 深津 貴之
   
通算 3 勝 2 敗
ポイント 9
3 27 第1セット
【0:31】
25 0
25 第2セット
【0:26】
20
25 第3セット
【0:30】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

堺ブレイザーズ

監督 ゴーダン メイフォース
コーチ 長江 祥司
   
通算 3 勝 2 敗
ポイント 10

ポイント

3

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

0

<監督コメント>

 お互いの気迫のこもったプレーによって、非常に厳しい試合となりました。
 先週の課題であったラリー中のコンビネーションはコミュニケーションをとることで、良くなってきたと思います。
 明日も同じ対戦相手となりますが、これから試合に向けてよい準備をしたいと思います。
 豊田合成記念体育館”エントリオ”で、初の公式戦ができたことに感謝申し上げます。
 応援いただいたサポーターの皆様、ありがとうございました。

27
  • クレク
     
  • 山近
    (永露)
  • 山田
    (川口)
  • 高梨
     
  • 傳田
    (近)
  • 前田
     

1


  • 出耒田
    (小池)
  • 樋口
     
  • ジョン
     
  • 関田
    (千々木)
  • 高野
    (山口)
  • 松本
     
25

リベロ:

小川

リベロ:

山本

25
  • 山田
    (川口)
  • クレク
     
  • 傳田
     
  • 山近
    (近)
  • 前田
     
  • 高梨
     

2


  • 樋口
    (千々木)
  • 関田
     
  • 出耒田
    (山口)
  • 松本
    (山崎)
  • ジョン
     
  • 高野
     
20

リベロ:

小川

リベロ:

山本

25
  • クレク
     
  • 山近
     
  • 山田
    (川口)
  • 高梨
     
  • 傳田
     
  • 前田
     

3


  • 樋口
     
  • 関田
    (宮原)
  • 竹元
    (小池)
  • 出耒田
     
  • ジョン
    (佐川)
  • 千々木
     
20

リベロ:

小川

リベロ:

山本


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

4



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 第1セット、逆転を許してしまったことが大きな要因であったと思います。きっちり取れていれば混戦に持ち込めたと思います。
 WD名古屋のクレク選手は3セットで24点と素晴らしい活躍で、特別な選手でした。
 我々の攻撃は決して悪くなかったので、また明日切り替えてしっかりと戦います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。明日も皆様のために戦います。

<要約レポート>

 ウルフドッグス名古屋と堺ブレイザーズの対戦。
 第1セット、堺は樋口、関田の連続ブロックや高野のスパイクが決まり、中盤で抜け出したかと思われたが、WD名古屋はメンバーチェンジでリズムを変えることに成功。クレクのスパイクが鋭く決まりだし、終盤が競り合いを制し、WD名古屋がセットを先取した。
 第2セット、WD名古屋はサーブで相手のリズムを崩し、ブロックで狙いを絞り、攻撃につなげてセットを連取した。堺はWD名古屋のサーブにより攻撃の幅を広げられず、ジョンと途中出場の千々木が奮闘するも及ばなかった。
 第3セット、堺はメンバーを代えて臨み、要所で出耒田などのスパイクで得点するが、WD名古屋クレクの勢いは止まらず、WD名古屋がエントリオでのホームゲーム初戦を勝利で飾った。