試合会場レポート

試合番号163

開催日2020/12/05

2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 刈谷市総合運動公園体育館

観客数:1300 開始時間:15:35 終了時間:17:43 試合時間:2:08 主審:城 智人 副審:岡田 崇

ジェイテクトSTINGS

監督 高橋 慎治
コーチ 若山 智昭
   
通算 10 勝 4 敗
ポイント 26
1 25 第1セット
【0:32】
27 3
27 第2セット
【0:32】
25
20 第3セット
【0:30】
25
16 第4セット
【0:25】
25
第5セット
【】

ウルフドッグス名古屋

監督 ティリカイネン トミー
コーチ ヴォリネン カスペル
   
通算 11 勝 3 敗
ポイント 32

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 今年最後のリーグ戦を勝って締めくくりたかったが、悔しい敗戦となりました。
 ただ負けはしましたが、内容的にはいいプレーもたくさんあり、次に繋がる試合になったと思います。
 またこれから連携を深めていき、プレーの精度を上げ、チームとしてもレベルアップできるよう取り組んでまいります。
 刈谷大会の二日間、たくさんの応援が我々の力になりました。ありがとうございました。
 今後とも、引き続き応援の程、よろしくお願いいたします。

25

  • (袴谷)
  • フェリペ
    (浅野)
  • 小林
    (金丸)
  • 西田
     
  • 藤中
     
  • 福山
     

1


  • 高梨
     
  • 前田
     

  •  
  • 山近
    (永露)
  • クレク
     
  • 山田
     
27

リベロ:

本間

リベロ:

小川

27

  •  
  • フェリペ
    (浅野)
  • 小林
    (金丸)
  • 西田
     
  • 藤中
     
  • 福山
     

2


  • 前田
     
  • 山近
    (永露)
  • 高梨
     
  • 山田
     

  • (傳田)
  • クレク
     
25

リベロ:

本間

リベロ:

小川

20

  •  
  • フェリペ
     
  • 小林
    (金丸)
  • 西田
     
  • 藤中
     
  • 福山
     

3


  • 高梨
     
  • 前田
     

  •  
  • 山近
    (永露)
  • クレク
     
  • 山田
    (白岩)
25

リベロ:

本間

リベロ:

小川

16

  •  
  • フェリペ
     
  • 小林
    (久保山)
  • 西田
     
  • 藤中
     
  • 福山
     

4


  • 前田
     
  • 山近
     
  • 高梨
     
  • 山田
    (勝岡)

  •  
  • クレク
     
25

リベロ:

本間

リベロ:

小川


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 昨日と同じ対戦相手でしたが、内容が全く違う戦いであったために、対応することが大変難しい試合だったと思います。
 本日は我々ウルフドックス名古屋にとっては2020年Vリーグ最後の試合でした。この試合で出たチームの課題や反省点を克服し、2021年1月9日(土)から、エントリオ(豊田合成記念体育館)で再開するホームゲームに繋げていきたいと思います。
 2020年、応援していただいたサポーターの皆さま、本当にありがとうございました。
 2021年以降も皆さまとともに闘い続けたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いします。

<要約レポート>

 現在3位につけるジェイテクトSTINGSは1位ウルフドッグス名古屋を迎えての一戦。試合の結果によっては上位の順位が入れ替わる大切な一戦は、WD名古屋が前日の雪辱を果たした。
 第1セット、ジェイテクトの西田が3枚ブロックをものともせずアタックを決め、試合をスタートさせる。対するWD名古屋はクレクが強烈なアタックを決め、すぐに逆転。その後もWD名古屋はサービスエースを積み重ね、リードして試合を進める。終盤、ジェイテクトは西田のサービスエースで追いつき、僅差の勝負となったが、最後はWD名古屋が高梨のブロックでセットを先取した。
 第2セット、両チームとも相手の強打をつなぎ、1点を取り合う接戦となる。11‐11からWD名古屋はクレクのアタックなどで、このセット初の3連続得点。そのままWD名古屋が流れを掴むかと思えたが、ジェイテクトは饒、藤中、福山のブロックなどで追いつき逆転し、セットを取り返した。
 第3セットはWD名古屋の高梨がサービスエースを2本、アタックを8本決めるなど大活躍。WD名古屋が流れを掴み、最後も高梨のアタックでセットを取った。
 第4セット、WD名古屋は第3セットの勢いのまま、6‐1まで差を広げる。中盤はジェイテクトが藤中のアタックを皮切りに、5連続得点で追い上げる。終盤は攻守の歯車がかみ合ったWD名古屋が一気に勝負を決め、セットカウント3‐1で勝利を掴んだ。