試合会場レポート

試合番号188

開催日2021/01/17

2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 MEN   レギュラーラウンド

会場 : 北九州市立総合体育館

観客数:373 開始時間:13:00 終了時間:15:13 試合時間:2:13 主審:林 淳一 副審:宮原 里実

堺ブレイザーズ

監督 ゴーダン メイフォース
コーチ 長江 祥司
   
通算 8 勝 8 敗
ポイント 24
1 22 第1セット
【0:27】
25 3
27 第2セット
【0:32】
25
22 第3セット
【0:28】
25
29 第4セット
【0:37】
31
第5セット
【】

ウルフドッグス名古屋

監督 ティリカイネン トミー
コーチ 深津 貴之
   
通算 12 勝 4 敗
ポイント 35

ポイント

0

【 】内はセット時間

()内は交代選手

ポイント

3

<監督コメント>

 今日は昨日の勢いそのままに連勝したかったが、良いゲームはできたものの、良い結果を迎えることはできなかった。
 相手のWD名古屋は、ブロックとサーブが特に優れていたように思う。
 こちらも全体的にとても良いバレーはできていたが、あと一歩及ばなかった。
 会場に足を運んでくれた方々、またリモートで応援してくれた方々、全てのサポーターに感謝します。

22
  • 出耒田
    (山口)
  • 鵜野
     
  • 関田
    (千々木)
  • ジョン
     
  • 高野
     
  • 松本
    (小池)

1


  • 高梨
     
  • 前田
     

  •  
  • 山近
    (永露)
  • クレク
     
  • 山田
    (白岩)
25

リベロ:

山本

リベロ:

小川

27
  • 出耒田
    (山口)
  • 鵜野
     
  • 関田
    (千々木)
  • ジョン
     
  • 高野
     
  • 松本
    (佐川)

2


  • 前田
     
  • 山近
    (永露)
  • 高梨
     
  • 山田
    (白岩)

  •  
  • クレク
     
25

リベロ:

山本

リベロ:

小川

22
  • 出耒田
    (山口)
  • 鵜野
     
  • 関田
    (佐川)
  • ジョン
     
  • 高野
     
  • 松本
    (小池)

3


  • 高梨
     
  • 前田
     

  •  
  • 山近
    (永露)
  • クレク
     
  • 山田
    (白岩)
25

リベロ:

山本

リベロ:

小川

29
  • 鵜野
    (樋口)
  • ジョン
     
  • 松本
     
  • 出耒田
    (小池)
  • 関田
    (千々木)
  • 高野
     

4


  • 前田
     
  • 山近
     
  • 高梨
    (永露)
  • 山田
    (白岩)

  • (神谷)
  • クレク
     
31

リベロ:

山本

リベロ:

小川


  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

5



  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

リベロ:

 

リベロ:

 

<監督コメント>

 このような状況の中で、試合ができたことに感謝します。
 昨日の試合での課題であったサーブに関して、いくつか改善できた場面がありました。さらにコミュニケーションを良くすることで成長できることがあると思います。
 今週の試合で明確になったチームの課題を克服し、我々ウルフドッグス名古屋が日々成長できるように頑張ります。
 来週は我々にとっては「家」である豊田合成記念体育館「エントリオ」で久々のホームゲームが予定されています。ぜひともご注目ください。
 本日もサポートありがとうございました。

<要約レポート>

 昨日の勢いのままホームゲームで連勝を伸ばしたい6位堺ブレイザーズと、昨日の敗戦から流れを切り替えたい2位ウルフドッグス名古屋の一戦。
 高野の強烈なバックアタックで幕を開けた第1セットは、ジョンの連続得点で堺がリードする展開となった。しかし中盤、クレクの強烈なサービスとバックアタックで徐々にリードを縮めたWD名古屋は山田、高梨のアタックで逆転に成功し、高梨の連続得点で逃げ切ってセットを先取した。
 続く第2セット、鵜野のサービスからジョンらの連続バックアタックなどで堺が一気にリードする展開となった。WD名古屋も終盤、リリーフサーバー永露が堺のサーブレシーブを乱して追いつき、デュースまでもつれ込んだが、最後は高野、ジョンが続けてアタックを決め、堺が逃げ切ってゲームを振り出しに戻した。
 第3セット、堺は高野、ジョンのアタック、一方のWD名古屋は近の連続ブロックなどで得点を重ね、終盤まで互いに譲らぬ攻防が続く。しかし、要所でクレクにボールを集めて確実に得点を重ねたWD名古屋が逃げ切って、このセットを奪い返した。
 第4セット、後の無くなった堺は好調なジョンを中心としたサイド陣に松本、出耒田の速攻を織り交ぜて攻撃を繰り広げる。対するWD名古屋も高梨、山田のサイド攻撃と山近、クレクの速い攻撃で応戦し、30点を超えるデュースとなったが、最後はWD名古屋が粘り勝って白熱したゲームに勝利した。
 両チームともファインプレーの連続で接戦となり、非常に見応えのある試合であった。